1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 冒険・癒し・グルメ・新情報紹介!魅力満載の霧島へ行こうよ

冒険・癒し・グルメ・新情報紹介!魅力満載の霧島へ行こうよ

 今年3月の新燃岳、4月の硫黄山噴火報道以来、霧島地区は国内からの観光客が減少しています…それなら、地元の私たちが〝行って応援〟しませんか。今回は霧島の新しい魅力とともに〝今だからこそ〟のお得情報も数多く紹介します。海や森での冒険、温泉での癒やし、おいしいグルメもいっぱい、新スポットも登場してますよ!
さらに、すてきな商品が当たるフォトコンテストも開催中です(〜11月30日まで)。霧島へ出掛けたら、インスタグラムにハッシュタグ「#行こうよ霧島」をつけて、ぜひ写真も投稿して!楽しいお写真お待ちしています!!

★下記の霧島MAPを参考に、たくさんの寄り道スポットで楽しんで!!

●癒しの温泉情報…map4「霧島市観光案内所」map6「日の出温泉 きのこの里」map7「美肌の湯 こしかの温泉」map9「日当山温泉 You湯」map10「日当山温泉 木の花」

●おいしい寄り道スポット…map2「きりん商店」map3「スタジヲ もみの木」map5「がまこう庵」map8「おからパン工房」map12「森のごちそう Happiece」map13「A LA MINUTE」

●さらに楽しむ新スポットなど…map1「霧島ふもとの駅」map11「日当山西郷どん村」

※本特集は「リビングかごしま・きりしま」9/8号巻頭特集を再録したものです。紙面に載せられなかった写真やMAPを追加して掲載しています。

【霧島錦江湾クルーズ】
霧島の海を冒険!錦江湾奥へのクルージングへ

 リビング読者の崎田知子さん(40歳)・和奏沙さん(小6)・煌司くん(小3)は、錦江湾の湾奥を巡る2時間40分のクルージングへ。爽やかな海風を感じながら、雄大な桜島や霧島連山を独り占めしている気分に浸れます。
桜島に隣接する無人島・新島への上陸に、和奏沙さんと煌司くんも「無人島って初めて!」「生き物はいるのかな?」と大興奮。普段何気なく見ていた錦江湾や自然を、グッと身近に感じるきっかけになったようです。kirishimahune
▲8人乗りのきれいな船
kirishimaumi3
▲パワースポットの若尊神社。エメラルドグリーンの海もきれいでうっとり

kirishimaumi4

▲無人島を探検!

kirishimaumi5

-利用料金-

2人:14,000円(7000円/人)
3人:18,000円(6000円/人)
4人:22,000円(5500円/人)
5〜20人:5000円/人
※小学生以下は1人につき2000円
※未就学児は大人1人につき1人無料

 

◆霧島錦江湾クルーズ
TEL:080-3182-3248(岩村さん)7時~21時
停泊地:霧島市隼人町真孝(隼人新港)

読者3組限定!「秋の霧島錦江湾クルージングをお得に体験」参加者募集中!!
※この募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました

霧島地区や錦江湾を含む「霧島錦江湾国立公園」は、火山活動で生まれた珍しい地形で、日本初の国立公園の一つです。魅力的な霧島の海を、ゆっくりと楽しんでみませんか?
今回、リビング読者3組限定で、大人1人3000円(4人1組の場合)でクルージングを体験できます。利用期間は2018年10月〜11月。
応募締め切りは9月15日(土)。
申し込みはこちら

 

 

【霧島森林セラピーガイドクラブ】
森の力で心と体を癒やそう!

kurishimamori

 森林セラピーは、ハイキングでも、登山でもなく、科学的な証拠に裏付けされた森林浴のこと。霧島の森は、鹿児島県で唯一認定された「森林セラピー基地」として、4つの森林セラピーロードが設定されています。

kirishimamori2

▲五感を開放。森の声に耳を澄ましてみましょう

霧島森林セラピーガイド

遠竹美代子さん(左)
佐藤潤子さん
「私たちがガイドします。森で食べるお弁当も格別ですよ!」
shinringaido

◆霧島森林セラピーガイドクラブ
TEL:080・8953・8828(佐藤さん)
9時〜17時

参加者募集!『9/29開催 森林セラピーin丸尾自然探勝路』
※この募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました

森林セラピーガイドと歩く「森林セラピーin丸尾自然探勝路」を開催します。森に溶け込むポイントを知って、癒やしとワクワクの休日を過ごしませんか。定員30人。参加費1200円(弁当付き)。応募締め切りは9月15日(土)。
詳細・申し込みはこちら

 

【霧島市観光協会】
温泉を巡って目指せ横綱!「きりしま ゆ旅」

kirishimayu▲親子3人で初めての家族湯へ

 リビング読者の宇都愛華さん(27歳)・恭平さん(27歳)・心湊くん(1歳)は、霧島の湯巡りを楽しむ「きりしま ゆ旅」に参加。65の対象施設への入浴でスタンプがもらえ、1年間に訪れた数で番付が認定されます。
愛華さんは「湯巡りをしながら、自分に合った温泉と出合えそう。家族湯なら子どもがいても気兼ねなく過ごせますね。お肌もツルツルです」と笑顔。

kirishimayu2

▲温泉に入ってスタンプをゲット

霧島市観光協会

大重 千春さん
女性には「美肌の湯」の温泉が、子ども連れには家族湯が喜ばれています
kirishimayuooshige

◆霧島市観光協会
TEL:0995・78・2115
霧島市牧園町高千穂3878―114
9時〜17時

『きりしま ゆ旅』の参加登録は、霧島温泉市場内の「霧島温泉観光案内所」で受け付け中です。
「きりしま ゆ旅」詳細は下記でチェックを!
http://kirishimaonsen.com/kirishimakankoannai2

 

kirishimayu3▲「ゆ旅帳」にスタンプを集めます

kirishimaikou

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 冒険・癒し・グルメ・新情報紹介!魅力満載の霧島へ行こうよ
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更