1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 鹿児島ならでは「焼きエビのお雑煮」。初めてでも大丈夫、レシピ紹介!

鹿児島ならでは「焼きエビのお雑煮」。初めてでも大丈夫、レシピ紹介!

  • 2019/01/05 UP!
 おせちと並ぶ、お正月の風物詩といえば、お雑煮。今回は、霧島食育研究会理事長の千葉しのぶさんに、鹿児島ならではのお雑煮を教えてもらいました。
「お雑煮のだしや具材は、昔から、その土地で手に入るものを使っていました。具や切り方に、お正月らしいおめでたい意味が込められているんですよ」と千葉さん。挑戦したのは、リビング読者の埜口由香さん。今度のお正月は鹿児島のご当地お雑煮に挑戦してみませんか!
kgozonicharenji

kgozoni2

 

kgozonidashi
材料(4人分)
【だし汁】
焼きエビ………… 4尾
干しシイタケ…… 4個
かつお節………… 10g
薄口しょうゆ…… 大さじ2
酒(地酒)………… 大さじ1
水………… 1ℓ【具材】
かまぼこ………… 4切れ
ニンジン………… 1/2本
豆モヤシ………… 100g
ミツバ…………… 4枚
餅………………… 4個
ユズの皮………… 少々

だし汁の作り方

① 鍋に1ℓの水を入れ、エビとシイタケを一晩浸けておく
② ❶のシイタケの軸を取って鍋に戻し、火にかける
③ シイタケが煮えたら鍋を火から下ろす。エビ・シイタケは具として使うので、皿に取り出しておく
④ ❸のだし汁に水を加えて1ℓにし、火にかける
⑤ 沸騰したらかつお節を一気に入れ、箸でくるりと一混ぜ。再び沸騰したら火を止める
⑥ 2分待って、かつお節が沈んだら、ボウルにザルと布を重ね、こす。だし汁は鍋に戻す

kgzoni9128

kgzoni9111▲目が細かい布を使うのがポイント

 

具材を調理

⑦ ニンジンとかまぼこを飾り切りする。ニンジンは火が通りにくいので、あらかじめ別にゆでておく
⑧ だし汁に薄口しょうゆと酒を入れて調味。だしに使ったエビ・シイタケを加え、さらに豆モヤシ、ニンジン、かまぼこも入れて火を通す。かまぼこは、すが立たないよう、温める程度に軽く煮る
⑨ 火が通ったら、全ての具材を鍋から取り出す
⑩ 餅は焼いておく

薄口しょうゆと酒は2:1 の比率で入れます。味見をして味が薄ければ、少しずつ調整しましょう

 

盛り付け

⑪ お碗に豆モヤシ、焼いた餅、エビ、シイタケ、ニンジン、かまぼこを盛り付け、そっとだし汁を注ぐ。最後にミツバとユズの皮を添えて出来上がり

餅・モヤシなど、かさが大きいものからお碗に入れると盛り付けやすいですよ!

kgzoni_9238

 

お正月にぴったり!飾り切りに挑戦

お雑煮では、飾り切りが大活躍。一手間かけるだけで、華やかになりますよ
02P.indd

① ニンジンは厚さ1.5㎝ほどの輪切りにし、花の型で抜く

② 花びらと花びらの間に真上から包丁の刃を立て、5本切り込みを入れる。中心に向かうにつれて浅くする

③ 切り込みに向かって包丁を斜めに入れ、削り取る。5カ所同様に削り、花に立体感を出す

kgninjin9037

kgninjin0532


02P.indd

① スライスしたかまぼこに、2カ所切り込みを入れる

② 1の穴に2を通す

02P.indd

02P.indd

① 長方形に薄く切ったユズの皮に、2カ所切り込みを入れる

② 1をねじりながら2の切り込みに引っ掛ける

02P.indd

●次ページでは、南北600㎞にも及ぶ鹿児島県の「わが家のお雑煮」を紹介!

  1. 1
  2. 2
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 鹿児島ならでは「焼きエビのお雑煮」。初めてでも大丈夫、レシピ紹介!
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更