1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】今秋第1子が誕生予定、家計や保障は大丈夫?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】今秋第1子が誕生予定、家計や保障は大丈夫?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】今秋第1子が誕生予定、家計や保障は大丈夫?

鹿児島県・Wさん(34歳・専業主婦)【夫34歳・会社員】

 

現在、夫と2人暮らしです。今秋、第1子を出産予定のため、私は退職。しばらくは夫の収入だけで生活できるように家計の把握と見直しをしたいと思い、今回応募しました。
 夫婦ともに食べることが好きで、週末はおいしい店を目指してドライブするのが楽しみ。食料品も国産や無添加のものを購入するので食費・外食費が高めです。できれば食費を節約するより、他の支出でコントロールしたいと思っています。
 家賃と駐車場代は給与天引き。転勤族でしばらくは社宅ですが、夫がマイホームを持つことが夢なので、今後は計画的に準備をしていきたいです。子どもの教育費は児童手当や私の払い込み済みの生命保険で準備予定。出産後はなるべく早く再就職できるようにしますが、しばらくはフルタイムは難しいと思うので、夫の保障を手厚くしておきたいです。
 子どもが生まれてからは、家計も生活状況も変わってくるとは思いますが、現在の家計や夫の保障について、ぜひアドバイスをお願いします。
06P.indd

 

A.保険選びはマイホームの計画とセットで考えましょう
家を建てる時期や場所は、子どもの教育や転勤を考慮しながら計画を

 家計簿を拝見すると、貯蓄を含め年130万円近い黒字が出る状況。貯蓄も1200万円を超えていて、安全度の高い家計ですね。
 その他、貯蓄残高に記載されていない終身保険(全期前納。教育資金に充当予定)や、月払いの生命保険(変額終身保険)も、貯蓄カウントできます。それらの保険の被保険者は妻で、夫は生命共済だけとのこと。確かに、夫の保障を強化する必要があります。
 保険の選択(保険種類、保険期間、保険金額)にあたっては、マイホーム計画とセットで考えるのがお勧め。マイホーム取得前の保障は手厚くする必要がありますが、取得後はそれほど大きな保障は必要ありません。なぜならば、住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険に入るのが一般的だからです。
 それにより、夫に万一のことがあっても、ローンの支払いなく住む場所が確保できるので、住居費分抜きで必要保障額を再計算することになります。
 なお、マイホーム計画は、お子さんの教育や転勤可能性などを勘案することが大切。いつ、どこに、どんな家を実現するかを考え、資金計画も立てて、最適な保険を選択しましょう。
 出産間近でそこまで検討する余裕がなければ、まずは定期保険(死亡保障)と就業不能保険(病気やけがで働けなくなったときの生活保障)を検討してはいかが。
 家計支出については、食費優先のようですが、出産後は外食を控えるはず。携帯電話代の節約にも取り組んで、貯蓄を増やしてください。

「家計簿クリニック」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、高橋伸子さんがズバッと解決! 採用者には3000円分のQUOカードを進呈します。
※応募方法
1カ月の収支・家計状況(保険・ローン等は詳しく)と質問、相談内容を記入の上、郵送で応募を。もしくは下記の応募フォームから。確認のため電話番号も必ず明記してください。
※応募先
〒892-8515(住所不要)南日本リビング新聞社 編集部 「家計簿」係
メール= toukou@m-l.co.jp  件名に「家計簿」係と書いてお問い合わせはこちら

 

高橋伸子
生活経済ジャーナリスト。新聞、雑誌、テレビやWebでも活躍

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】今秋第1子が誕生予定、家計や保障は大丈夫?
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更