1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】マイホームに保険…離婚後の経済設計、どうする?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】マイホームに保険…離婚後の経済設計、どうする?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】マイホームに保険…離婚後の経済設計、どうする?

福岡県在住・Tさん(39歳・公務員)【長女5歳、長男4歳】

 

 離婚して1年半。母子家庭で家族3人での生活にも慣れてきました。収入制限があり、ひとり親家庭向けの手当てなどはもらっていません。
今悩んでいるのは、マンション購入について。どうしても家を持ちたいわけではありませんが、転勤がないため、家賃を考えると賃貸のままで良いのか迷っています。ただ持ち家になると、給与込みで支給されている家賃補助2万7000円がゼロに。買う場合は多少狭くてもよいので、先々の売却も視野に入れた利便性の高い場所で3000万円くらいの物件が希望。定年退職後も、収入は減るものの再任用で65歳まで働けますが、体力的に自信がありません。
保険の見直しも気になっています。手厚い保障の保険やガン保険には未加入。何かあった場合、子どもたちにどのくらい残したらよいですか。
毎月とボーナスの黒字は預金口座にそのまま。この1年半で2回引っ越したので、貯蓄も減りました。この先、子どもたちのためにどのような経済設計を立てればよいですか。
kg_kakeibo0112

 

A.今は購入は急がず、十分に検討してからにしましょう
万一のときの対策は、お金に限らず幅広い視点で考えて

 母子3人暮らしに慣れて、よかったですね。フルタイム勤務でよく頑張っておられます。来年は長女の小学校入学で、保育料が2万7000円減るとのこと。でも、放課後保育や習い事費用もかかるようになるはず。金銭面の他、新入学時の注意点などを職場や子育ての先輩に教えてもらいましょう。小1の夏休みを無事に乗り越えることが目下の課題といえます。
お悩みはマイホームですね。家賃補助がなくなるので、ローンと駐車場代、管理費、修繕積立金、固定資産税、火災保険等を合わせ月4万3000円に収まれば、負担増無し。
でも、その条件で3000万円の物件購入は無理です。頭金300万円、諸費用50万円を貯蓄で賄い、2700万円を手堅く30年元利均等返済・固定金利で調達すると、ローン返済だけで毎月約9万2000円。現在、月5万円の財形貯蓄をしていて、給与・ボーナスともに黒字率が高いので希望の住宅購入は可能です。
先々インフレになれば、ローンを組んで家を購入する経済的メリットはあります。でも、先々のことは誰にも分かりません。「家賃を払い捨てるのがもったいない」というだけの理由なら、今はあなたにとって〝買い時〞ではありません。大きな買い物ですから、お子さんの教育や、ご実家の介護や相続なども見通して、十分に検討すべきです。
あなたが万一のときの対策も、お金で済む問題ではありません。親権や後見人指定を含め対応策を。家計運営はかなり堅実なので、心配しすぎないことです。

「家計簿クリニック」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、高橋伸子さんがズバッと解決! 採用者には3000円分のQUOカードを進呈します。
※応募方法
1カ月の収支・家計状況(保険・ローン等は詳しく)と質問、相談内容を記入の上、郵送で応募を。もしくは下記の応募フォームから。確認のため電話番号も必ず明記してください。
※応募先
〒892-8515(住所不要)南日本リビング新聞社 編集部 「家計簿」係
メール= toukou@m-l.co.jp  件名に「家計簿」係と書いてお問い合わせはこちら

 

高橋伸子
生活経済ジャーナリスト。新聞、雑誌、テレビやWebでも活躍

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】マイホームに保険…離婚後の経済設計、どうする?
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更