1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】カードを使って賢く家計を管理するには?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】カードを使って賢く家計を管理するには?

【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】カードを使って賢く家計を管理するには?

熊本市在住・Oさん(34歳・会社員)【妻34歳・会社員、長女8歳、長男5歳、次女0歳】

 

現在、夫は海外赴任中。私は育児休暇中で、近いうちに復帰予定です。
可能な限りクレジットカード払いを利用しており、用途によって2枚を使い分けています。月々の支出予定を立てていないため、外食が多い月やレジャー費が多い月など、項目によって変動が大きいのですが、平均して各カードの支払い額が5万円以内になるよう注意しています。
銀行に行く手間や支払いの手間を省いて家事・育児を効率化できることや、ポイント付与、使途が明確になることから、なるべく現金の使用は控えたいです。
また、夫もほぼカード決済。仕事の立て替えもカードのため、月によって引き落とし額の変動が大きく、夫の普通預金口座にはある程度の金額を入れておく必要があります。
何かと家計の把握が難しい状況ですが、何とかやりくりをして、子どもたち3人分の教育費をためていきたいです。カード払いメインで上手な家計の管理方法があれば、アドバイスをよろしくお願いいたします。
kakeibo0518

 

A.2枚のカードの用途を、月単位と年単位の支出に分けて
夫のカードは仕事経費と個人支出を分けて管理を

キャッシュレス社会の進展に伴い、家計管理において「カード払い」の比率が高まっています。
中でも古い歴史を持つのが、Oさんが多用しておられるクレジットカード。買い物の他、乗り物系ICカードのチャージ、電気代やガス代など各種公共料金の支払いにも使えます。
ポイントのお得感や明細書が家計簿代わりになる点から、利用度を高めているのは理解できます。でも、用途別の使い分けをもう一工夫すべき。というのも、日用品費カードはティッシュペーパーや洗剤などの日常的な生活用品にとどまらず、レジャー費や被服費などにも使われています。
カードの使用時期と口座からの引き落とし時期に時間差があるので、さまざまな支出を月平均5万円に抑えるのは、至難の業では。
2枚のカードでうまく家計管理するには、1枚(A)は「食費+日用品+理美容費+通信費+ガソリン代」など、月単位でコントロールすべき生活必需費専用にするのが合理的。もう1枚(B)は「被服費+レジャー費+交際費」など、年間でコントロールすべき支出用にするといいでしょう。
Aカードは、使うたびに支払明細書の金額を累計して。Bカードも使った金額を累計すべきですが、年間予算を意識して使いすぎを防ぐことが大切です。
夫のカード(C)については、立て替えた仕事経費の請求漏れがないよう、支払い明細を個人支出と分けて管理すべき。また、どのカードも、使った覚えのない請求がないかのチェックを忘れずに。

「家計簿クリニック」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、高橋伸子さんがズバッと解決! 採用者には3000円分のQUOカードを進呈します。
※応募方法
1カ月の収支・家計状況(保険・ローン等は詳しく)と質問、相談内容を記入の上、郵送で応募を。もしくは下記の応募フォームから。確認のため電話番号も必ず明記してください。
※応募先
〒892-8515(住所不要)南日本リビング新聞社 編集部 「家計簿」係
メール= toukou@m-l.co.jp  件名に「家計簿」係と書いてお問い合わせはこちら

 

高橋伸子
生活経済ジャーナリスト。新聞、雑誌、テレビやWebでも活躍

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 【家計簿クリニックで家計の悩みを解決してみませんか?】カードを使って賢く家計を管理するには?
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更