1. かごしまトップ
  2. 編集部室

「山形屋バレンタインコレクション2018 試食会」に参加しました!

2018/2/7

編集部室

こんにちは!
編集部の森園です。

皆さん、甘いものはお好きですか?
もうすぐバレンタイン!ということで、先日参加してきた「山形屋バレンタインコレクション2018 試食会」のレポートをアップします。

参加者は、昼の部50人・夜の部50人、計100人のスイーツ好きの皆さん。山形屋イチオシのチョコレートを試食できるイベントとあって、なんと360人以上の応募があったんだとか。私は女性限定の夜の部へ参加しました!
kgchoko1
私も試食をいただきましたので、今回のラインナップを簡単にご紹介したいと思います!

kgchoko2▲「あげもち」を添えてくださる山形屋さんのお気遣い!

左から、ジャン=ポール・エヴァン「クール レ ルージュ」
ツヤのある真っ赤なハートがおしゃれ!外サクサク、中しっとり。アーモンドプラリネをミルクチョコでコーティングしてあります。ほのかに香るターメリックのスパイシーな香りがアクセント!(ちなみに、ひと粒418円。THE・本命チョコですね〜)

(中)ピエール・マルコリーニ「エスカルゴ」。
ホワイトチョコの中にほんのり塩気のあるキャラメルソースが入っています。甘じょっぱくておいしい〜!

(右)イヴ・チュリエス「フルーツコレクション(アプリコット)」。
ガナッシュをチョコで包み、フランス産のアプリコットをトッピング。ガナッシュが口の中でとろけます。幸せです。

まだまだ続きます!

1.ャンテドール×北村直登「王様焼チョコ」
ベルギー産チョコをつかってしっとり焼き上げた焼きチョコ。個包装されているので職場の方々に渡すのにも便利ですね〜。

2.ラ フェヴァリ「トリュフショコラ」
今年、山形屋初出店!カカオ70%、大人な味わいのトリュフです。カカオ強めが好きな方にはぜひこちらをお勧めします!

3.セゾン ド セツコ(ル ジャポン)「お酒のショコラ」
こちらは梅酒の深い味わいをショコラに仕立てたひと粒。フルーティでさわやかな香りが印象的です。

4.シルヴィオベッソーネ「クネージ」
こちら、お酒たっぷりのチョコクリームをメレンゲで挟み、さらにチョココーティングしてあるのですが、ちょっと辛いかな?!と思うくらいお酒の風味強めです。気になるあの人をクラクラさせちゃいましょう。
そしてなんと、2月7日(水)14時頃には、ショコラティエのシルヴィオ・ベッソーネ氏本人が山形屋に来店されるそうですよ〜。

5.DECOチョコ「鹿児島弁チョコ」
お馴染み、チロルチョコのパッケージにメッセージをプリント。「好っじゃ」「義理じゃっど」など全4種の鹿児島弁バージョンがかわいい〜!1個80円というお手軽さもうれしいです。

6.ドゥバイヨル「キュベレ」
昨年山形屋に出店した100ブランド中6位という人気のブランドなのだそう。シナモンをたっぷり使ったサクサクとした食感のフリアンティーヌ(薄い焼き菓子)入りのビターチョコ。食べ勧めるうちに、チャイを飲んだときのような香ばしい香りが広がります。

7.クァウテモック「シャンパントリュフ」
お酒のチョコが得意なブランドの自信作!シャンパンの芳醇な香りが広がって、ひと粒でぜいたくな気分に浸れます。

8.デジレー「トリュフ」
口の中に入れた瞬間、ほどける、とろける〜。トリュフ好きにはたまらない一品でした!個人的なお気に入りNo.1です!

9.シルスマリア「富乃宝山生チョコレート」
芋焼酎「富乃宝山」とのコラボで誕生!ほんのり甘いチョコレートと芋焼酎の豊かな風味が口の中でひとつにまとまります。

試食会でのラインナップの紹介は以上です。さあ、「私も食べたくなってきた〜」という方は、山形屋へGO!国内外102ブランドがずらりと並ぶ特設会場は、見て回るだけでも楽しめること間違いなしです。ぜひ出かけてみてくださいね!

山形屋バレンタインコレクション2018
期間:2月1日(木)〜14日(水)
※最終日18時終了
会場:山形屋1号館6階 大催場

| コメント (0)

長崎で夜景とトルコライスを楽しんでみた話

2018/1/5

編集部室

長崎の夜景とメガグルメに心もお腹も満足!

編集部の橋本デス。

小忙しい編集部にも、ささやかな正月休みがあります。
この休みを利用して実家がある長崎に帰省したのですが、久しぶりに夜の長崎を観光してまいりました。

まず向かったのは、夜景で有名な稲佐山。
連休期間は山頂近くの駐車場から無料シャトルバスが運行しており、展望台まで行くことができます。

展望台に入ると、中は観光ツアー団体客や外人サン、カップルや親子で大賑わいです。屋上に上がると、目的の夜景が眼下に広がります。
長崎市街地の灯りと長崎湾の絶景です。
湾の手前には世界遺産にも登録された三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン、南側にはフォルムが美しい女神大橋が、それぞれライトアップ。冬の寒さも忘れ、しばし見とれました。

kg_hensyu010501

稲佐山を後にし、今度は長崎市の繁華街でもある浜の町を徒歩で散策。
お腹も空いたので、まずは夕食です。
入ったのは「カフェオリンピック」というお店。お目当ては長崎名物のトルコライスなのですが、注文した大盛りの「長崎トルコ」は食べ応え十分。

kg_hensyu010502

この後、昔懐かしい「ミルクセーキ」で締めくくりました。

kg_hensyu010503

しばらくすると、店内がザワつきます。
大学生らしき6人組のテーブルに運ばれたのは、立たないと届かないような巨大なパフェ!

実はココ、〝メガ級〟の店として有名で、2㎏のメガトルコや1.2mのタワーパフェなどが登場します。
彼らは素晴らしいチームワークで、見事に1.2mを完食してくれました。

その後、眼鏡橋(←夜は水面に写ってメガネに見えます)や出島(←昨年11月に表門橋が完成、夜はライトアップ)、昨年末で閉店することになった〝電車の食堂〟で有名な「きっちんせいじ」(外観がちんちん電車)など、翌朝は丸山(←昔は遊女や芸者がいた花街)や大徳寺(←大クスがあります)、長崎新地中華街を散歩し、編集部メンバーへのお土産を安くで済ませて帰路に就きました。

kg_hensyu010504眼鏡橋

kg_hensyu010505きっちんせいじ

kg_hensyu010506大徳寺の大楠

2月はランタンフェスティバルもあっとバイ。

長崎はよかトコ多かとヨ。

いっぺん来てみんネ。

| コメント (1)

メリークリスマス!

2017/12/25

編集部室

副編上野です。

ニコンの単焦点レンズを購入し、さっそく物撮りに挑戦。
テーブルに置いてあったクリスマス飾りの背景がボケて、
いい味に仕上がったと一人で悦に入っています。

楽しいクリスマスになりますよう!

| コメント (0)

かごしま水族館の人気者「ウミウシ」ってキュート!

2017/12/7

編集部室

こんにちは! 編集長の内村です。

師走といえば、リビング主婦川柳大賞! 今年の受賞作品、もうチェックしましたか?

鹿児島に住んでいる女性なら誰でも応募できるこのコンテスト、今年の流行語大賞と見事にリンクした大賞作品をはじめ、今年ならではの川柳が受賞に輝きましたが、受賞作品の中で私が気になってしょうがなかったのが、この一句。

「フルメイク ウミウシみたいと 笑われて」

この川柳、開館20周年を迎えたかごしま水族館で、今年7月に誕生した新コーナー「うみうし研究所」での親子のやりとりを題材にした句だそう。でも今までウミウシなる生き物を目にしたことがなかった私。「そもそもウミウシって何?」ということで、早速かごしま水族館に出掛けてきました。

 

コレが海の宝石といわれる「ウミウシ」

出掛けてみて驚きました。本当に小さい! 3cmのものもあれば1cmに満たないものまであって、どれも小粒。

それなのに一つとして同じ色合い、模様はなく、まるで色鮮やかなファッションをまとっているかのような気品が漂っているんです。

サラサウミウシ[2]サラサウミウシ

そっか、受賞した川柳でお母さんのことをウミウシみたい、と言った4歳の女の子は、こんなキレイなウミウシを見て、ママのメイク、ウミウシみたいにキレイ!

そう思って、純粋に褒め言葉として言ったのね、と納得です。

シンデレラウミウシ[1]シンデレラウミウシ

しかも、こんなにおしゃれで親しみやすい名前がついているのは、ダイバーが新種を発見し、命名するからなんですって。

このウミウシ、小さくて、海藻やサンゴの下に隠れてしまうので、かごしま水族館では、こんな風に、個体ごとに展示されています。

 

ウミウシ博士・西田さんのウミウシ愛!

でも、こんなに小さなウミウシを飼育するのはすごく難しく、全国の水族館の中でもウミウシの常設展示を始めたのは、かごしま水族館だけ!

この日、ウミウシの生態について教えてくれたのは、ウミウシを愛してやまないスタッフの西田和記さんです。大学でウミウシを研究し、「こんなに個性的なウミウシをダイバーだけの人気者にしておくのはもったいない。もっと多くの人にウミウシの魅力を伝えられたら」と難しい飼育に挑戦。常設展示にこぎ着けました。

こちらが西田さん。西田さんが鹿児島近海で撮影したウミウシ約400種の写真も見応え十分!

実はウミウシ、種別ごとに食べるものも全く違い、しかも一つのものしか食べないということもあって、飼育が難しいんだそう。

互いに共存共栄を図る、ウミウシならではの知恵なんでしょうね。

そのキュートな姿だけでなく、生態も不思議で奥が深いウミウシ。西田さんに案内していただいたおかげで私のウミウシへの愛着度は急上昇。水族館に行く楽しみが増えました。

皆さんもぜひかごしま水族館で自分好みのウミウシを見つけてみてくださいね!

かごしま水族館 鹿児島県鹿児島市本港新町3-1

http://ioworld.jp/

| コメント (0)

溶岩焼きの蕎麦にも舌鼓!桜島の名所巡ってきました

2017/11/23

編集部室

編集部のくらはらです。入社して半年がたち、少しずつ一人でも取材に行くようになってきました。
先日は「ゆめみなと鹿児島」主催の「みなとオアシス散策・ウォーターフロント研修会」に参加してきました。

桜島にフェリーで渡り、バスで島内をぐるりと一周する研修。バスはまず「桜島ビジターセンター」へ。

kg2visitor

館内で火山の話を聞いたあと、昼食場所の「国民宿舎レインボー桜島」で溶岩焼きの蕎麦に舌鼓!
普段はなかなかお話する機会のない、両親や祖父母くらいの年代の方々とおしゃべりしつつ、お昼を堪能しました。

kg3ohiru

昼食後は、「有村溶岩展望所」「黒神埋没鳥居」「湯之平展望所」などを巡りました。

kg4gide

kg5maibotutorii

研修会に参加して、桜島のことにとても詳しくなった気がするくらはらなのでした。

■黒神埋没鳥居(くろかみまいぼつとりい)
鹿児島市黒神町(鹿児島市立黒神中学校横)
見学自由
桜島港から約18km・車で30分ほど
バス停「黒神中学校前」より徒歩1分

 

| コメント (2)

ファミリーにオススメのミニバン3車種

2017/11/22

編集部室

みなさんこんちわ、編集部おおさこです。
以前、ウチのクルマを買い替えるまでの険しい(?)道のりをご紹介しました。こちら

今回は、その中で試乗してきたミニバンの中で個人的にお勧めしたい3車種をご紹介します。
※あくまでも個人的な意見であり、紹介する順番は「順位」ではありませんのであしからず。
※紹介している装備は、標準装備ってわけではありません。各ディーラーに聞いてみてくださいね。

セレナ(日産)
1991年に登場、昨年8月から5代目が販売されている日産のセレナです。
車名の由来はスペイン語で「晴々とした」「穏やかな」という意味があるんですって。

~おすすめポイント~
進化したスライドドア「ハンズフリーオートスライドドア」
キーをバッグやポケットに入れたまま、スライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープン・クローズするので、子供を抱っこしたままでも両手に荷物をもっていても、とっても便利。
男の子はこういうのたまらんのでしょう。5歳の息子が勝手に開くドアを見て狂喜乱舞してました。
★キャップレス給油口
5代目から標準装備されているこの装備。給油口にキャップがないんです!セルフ給油の時も手を汚さずに給油が可能になったうえに、キャップの閉め忘れなんてこともありません。

ヴォクシー(トヨタ)
2001年登場。2014年から販売されている現行モデルは3代目。
スタイリッシュ&スポーティな外観が、世のお父ちゃん達に人気なんだとか。
今のCMには俳優の柳楽優弥さん、以前は反町隆史さんが出演してましたね。

~おすすめポイント~
★車庫入れ操作を簡単に。「インテリジェントパーキングアシスト」
コイツはすごいですよ!シフトを「R」に入れると駐車枠をクルマが認識してくれて、OKボタンをタッチすると自動でステアリング操作をしてくれるんです。ドライバーはブレーキで速度調整して、周囲の安全確認するだけ。車庫入れマジ無理って方に一押しの機能です。(これもウチの息子が大興奮でした。)

フリード+(ホンダ)
フリードは2008年にホンダから発売されたコンパクトミニバンで、昨年9月から2代目となる現行モデルが販売されています。「フリード+」はその中の2列シートタイプのモデル。
先の2車種のようなミドルタイプミニバンでは大きすぎる!という人たちをターゲットに開発されたクルマだそうな。前にCMに出てたあの人はどうしてんのかな~

~おすすめポイント~
★背の高い荷物も楽に乗せられる!「超低床フロア」
荷室の開口部の高さがわずか30センチ!自転車載せたりするときホントに楽々。さらに荷室を上下に分けられる「ユーティリティボード」ってのがついていて、広いスペースをさらに有効活用できます。

いかがでしょうか。今のクルマって便利な機能が満載なんですね。乗ってみてスゴさがわかる装備もあるので、買い替えの時は試乗してみるのが一番だと思いました。

あと、サムネがミニバンじゃなくてすいませんでした!

| コメント (0)

10月5日オープン!白金酒造の「石蔵ミュージアム」へ行ってきました

2017/11/11

編集部室

編集部せとぐちです。
先日、取材で姶良市にある白金酒造に10月5日オープンした体験型施設「石蔵ミュージアム」へ行ってきました。

kgishigura1

創業明治2年。
国の登録有形文化財にも指定されている石蔵は、
なんとも風情がありますね。

まずは、2階のミュージアムへ。

映像や模型でこだわりの焼酎づくりや歴史を学べるほか、身近な飲み物で実験できる蒸留体験や焼酎瓶に使われるガラスを使ったステンドグラス作り焼酎オリジナルラベル作りなど、親子で楽しめますよ。

そして、1階は焼酎づくりの作業を間近で見られる見学工場。

kgishigura3

昔ながらの手づくりを貫き、職人技はもちろん、香りや温度、空気もじかに感じられます。

蔵を出ると、「だれやめ」コーナー

kgishigura4

黒じょかで燗付けした芋焼酎がいただけます~

隣は大充実の売店です。

kgishigura5

焼酎だけでなく、オリジナルグッズや多彩な食品がずらりと300点以上!
お土産はもちろん、普段使いにも楽しい食のセレクトショップ。魅力いっぱいの石蔵でした!

明治維新150周年に向け、注目が集まる
偉人 西郷隆盛とも縁の深い焼酎蔵です。
詳しくは、ぜひ石蔵ミュージアムで確かめて!

■今週配布の「リビングかごしま」11/11号『リビングインタビュー』にも記事掲載!
こちらでチェック!

【石蔵ミュージアム】
住所:鹿児島県姶良市脇元1933
TEL: 0995-67-1496
http://ishigura-m.jp/
※石蔵ミュージアムは、JR重富駅から徒歩で約2分と好アクセス。JR利用で、おいしい焼酎を楽しんで。

| コメント (0)

11/5(日)に日置市の江口浜でイベント開催!

2017/11/2

編集部室

日置市の江口浜でキャンドルアトリエを営む「MOUNTAIN HIGH CANDLE」から、
11/5開催【第4回 afterglow(アフターグロー)】のお知らせが届きました!

江口浜のナイスロケーションにグッドミュージック、おいしい飲食店、ヨガ、ワークショップ、読み聞かせなど、盛りだくさんのイベントです。

afterglows

海に沈んでいく夕日を眺めながら、心地よい音楽や食事を楽しむひとときは格別!
週末はいいお天気になりそう〜出かけてみて。

【afterglow ~feeling your sea side story~】
日時:11/5(日)※雨天決行
open 12:00 start 14:00 close 20:00
会場:atelier MOUNTAIN HIGH CANDLE/Cafe aka’aka
住所:鹿児島県日置市東市来町伊作田6640-2
参加費:2,000円、中学生以下無料
問い合わせ:MOUNTAIN HIGH CANDLE
Tel:090-7441-5613(担当:山田さん)
住所:鹿児島県日置市東市来町伊作田6640-2
http://mountainhighcandle.com

| コメント (0)

10/28から書店やコンビニで販売!「幸せな家づくり」2017 秋冬号

2017/10/26

編集部室

 

編集部のきたやまです。
本日、編集部に完成品が届きました!

〜女性のためのマイホーム購入読本〜
「幸せな家づくり」2017 Autumn・Winter
編集・発行/南日本リビング新聞社 定価300円(税込)

今回の巻頭特集は「家族がつむぐ〝手作り〟の住まい」です。
自分たちらしく、手作りで心地よい暮らしを楽しんでいるご家族を紹介しています。
絶妙な工夫とこだわり満載の写真が、何とも素敵でほほ笑ましくて、
不器用な私でも〝ちょっと何か作ってみたいな〜〟と思ってしまいます。
ホームセンターで木材とか物色しちゃいそう…(笑)。

今週末の10/28(土)から書店やコンビニで販売されますよ〜チェックしてみて!

| コメント (0)

秋冬限定のお茶&お菓子「ルピシア鹿児島ショップ」

2017/10/19

編集部室

編集部どうちです。
世間はもうすぐハロウィーンですね!
今日は、世界のお茶専門店ルピシアさんから、
すてきな贈り物をいただきました。

ジャーーン!!

kghalloween

秋冬限定のお茶&お菓子たち。パッケージもかわいい~~!!
右から、ほっこり甘いルイボス茶の「いもくりかぼ茶」ティーバッグ、焼き菓子の詰め合わせ「ハロウィーンクッキー」。
手前2つは、砂糖漬けのお菓子「クラックラン メープルシナモン」「クラックラン ハニ-ジンジャー」です。

ちょっぴり肌寒くなったこの時季、
ほっと一息ティータイムを楽しんだり、
みんなでハロウィーン・ティーパーティーもいいですね!
編集部みんなでおいしくいただきました。
ありがとうございます。
みなさんもぜひ味わって!

「世界のお茶専門店 ルピシア鹿児島ショップ」
鹿児島県鹿児島市東千石町2−8
営業時間:11時〜19時
TEL:099-239-2400
(10月は無休で営業)

| コメント (0)

プロフィール

  • 編集部室

    編集部室

    「リビングかごしま・きりしま・おおすみ」をつくっている編集部スタッフが、紙面に載せられなかったこぼれ話や取材で見つけたとっておき情報などをお届けします!各自の趣味趣向により、何がアップされるかはお楽しみに。

最新記事

最新コメント

2018年2月
MTWTFSS
« Jan  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
  1. かごしまトップ
  2. 編集部室
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更