1. かごしまトップ
  2. 温泉ソムリエアンバサダー露天の三奈が行く湯遊めぐり

ランチと足湯@霧島「鳥茶屋」

2018/12/12

財津 三奈

霧島神宮から車で5分くらいのところにあるお店「鳥茶屋」(とりちゃや)

IMG_4714.1

カーブする道沿いにあって、看板が目印です。

駐車場へは、ぐっと坂を上ります。

そこにあるのが、暖簾とざるに描かれた屋号が印象的な鳥料理「鳥茶屋」

IMG_4715.1

アットホームな雰囲気と、気さくなおばちゃん、そしてランチが人気なんです。

店内も落ち着く感じです。

おすすめは「ばあちゃんの田舎ランチ」

IMG_4721 .1(編集済み)

ホッとする優しいランチセットで、大満足です。

そして、「炭火焼きセット」

IMG_4722.1 (編集済み)

目の前の炭火で焼いていただきます。

これが柔らかくてとても美味しい!

と、ランチの話ばかりになりましたが、料理を注文すると足湯に入れるんです!

IMG_4718.1

お庭を見ながら足湯につかるのもいいですね。

もちろん、源泉かけ流し。

なんと定休日の月曜以外は年末年始も営業しているそうです!

霧島神宮も近いので、初詣の際に行くのもいいですね。

霧島鳥炭火焼 「鳥茶屋」(とりちゃや)
霧島市霧島田口2638-282
TEL:0995-57-2530

| コメント (0)

100年の歴史の温泉宿がリニューアル@湯本庵清姫

2018/12/5

財津 三奈

12月3日、日当山の温泉「清姫温泉」が新しくなりました!

清姫温泉は100年以上の歴史があり、宿もしていましたが、その宿の部分が大きく生まれ変わりました。

オープン前に案内していただきました。

入口はこのようにおしゃれな暖簾があり名称は「湯本庵清姫」に。

IMG_4584

入口前には、以前からあった「湯本大権現」を。

10749624512_IMG_1622

温泉の神様ですので大事に。

暖簾をくぐると、そこはバーのようなカウンターが。

IMG_4586

おしゃれですね。実はここがフロント!

ウェルカムドリンクをいただけるようになっています。

この棟にはお食事処があります。

10749682880_IMG_1647

さて気になるお部屋へ。

 

この建物から庭を囲むように、ヴィラタイプの部屋が9部屋並んでいます。

全ての部屋が露天風呂付き!!

10749688016_IMG_1633

こちらは露天と寝湯付き。テンションあがります。

10749680960_IMG_1646

こちらの露天風呂に入らせていただきました。

露天風呂なので冷めないように、上からだけではなく、下からも温泉が!

もちろんお湯は炭酸水素塩泉の美肌の湯で、つるとろの素晴らしい温泉です。

平屋の部屋はこのような感じ。

IMG_4655

スペースもたっぷりあります。

私が気に入ったのはメゾネットタイプ。

寝室が2階にあって、書斎もいいですね。

IMG_4600

IMG_4602

全体的に和モダンの落ち着いた雰囲気で、洗面台も広くておしゃれ。

IMG_4593

アメニティにもこだわっていて、女性には嬉しいですね。

ずっと部屋にいたくなる、そんな温泉宿です。

そして、なんといっても素晴らしいのは、これまでの温泉の常連さんにも配慮して、

今まであった大浴場と、家族風呂はそのまま営業しているところ。

日当山にまた新しいステキな温泉宿が完成しました!

是非一度泊まってみたい宿です。

「湯本庵清姫」
鹿児島県霧島市隼人町姫城3-124
TEL:0995-42-0607

| コメント (0)

日常使いしたい家族湯@日当山清武温泉

2018/11/28

財津 三奈

平日でも、土日でも曜日に関係なく一人だと300円!家族だと500円!
なんて素晴らしい家族湯。
日当山には、おしゃれな家族湯もたくさんありますが、今日は日常使いの家族湯を紹介します。

前々回紹介した「昇竜温泉」のお隣に位置する「清武温泉」

IMG_4490

昔からあり(看板が歴史を物語ますね)こちらも常連さんが多い温泉です。
なんとも素晴らしいのが、土日でも料金は一緒。
私が行ったのは、祝日の夕方4時頃。
もう既に3組待っていました。

それもそのはず、嬉しい料金。
祝日でも300円ですから。
造りは日当山に昔かあらある長屋タイプ。

IMG_4501

駐車場を囲むようにコの字型に家族湯が並んでいます。
脱衣所は畳の荷物置きがあり、スタンダードな家族湯と思われます。

IMG_4500

浴槽はコンパクトですが、そこにツルトロのいいお湯が掛け流し。
この温泉とこの料金、日常使いしたい家族湯です。
さすが、家族湯発祥と言われるだけあります!

清武温泉
鹿児島県霧島市隼人町姫城1丁目139
TEL:0995-43-3919

| コメント (0)

紅葉の霧島へ@祝橋温泉

2018/11/21

財津 三奈

先週霧島に行ったら、紅葉が進んでいました!
今週もまだ楽しめると思いますよ。
赤や黄色に染まった霧島を是非堪能してください。

そして、その後は温泉へ!
霧島の主要道路沿いにあり、この案内板を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

IMG_3196.1

立ち寄り湯や家族湯があり、地元の方に人気の温泉です。
この小さい方の案内板を見ると、なんと源泉かけ流しで200円!!
素晴らしい!
早速、私は大浴場へ。
この入口がまた懐かしく、地元の温泉という雰囲気。
ほっこりします。

IMG_3195.1

そしてコンパクトながら、宣言通り源泉が注がれています。

IMG_3191.1

贅沢ですね。
露天風呂もあり、少しひんやり感じる空気に触れながら入るのも気持ちいい。
(たまたまお湯がたまる途中でした 笑)

IMG_3192.1

この料金でこのお湯。
単純温泉の優しい肌触り。
鹿児島は本当に素晴らしい!と感じる温泉です。
紅葉狩りの帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

祝橋温泉旅館
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2280-1
TEL:0995-76-1801

| コメント (0)

まだまだある家族湯。常連さんも多数!@日当山「昇龍温泉」

2018/11/14

財津 三奈

日当山は家族湯発祥とも言われる場所で、家族湯が多くあります。
まだまだ行っていない家族湯がいくつかあり、先日行ってきました。
天降川沿いから一つ筋を入った所にある「昇龍温泉」

IMG_4203

この辺りでは比較的新しい家族湯です。

24部屋ある家族湯が平屋のように立ち並ぶ、懐かしい光景。

IMG_4201

昔ながらの感じですね。
券売機でチケットを買います。
平日は400円(土日500円)。
一人だと平日300円らしい(帰ってから知った 笑)それにしても安い!

チケットを買うと直ぐに5番ねーと、札を渡されました。

IMG_4199

ドアを開けると、畳の荷物置きに脱衣所。

IMG_4189

浴槽も家族4人でも余裕の広さがあります。

IMG_4194

そして注目はお湯がじゃんじゃん注がれています!
つまり、お湯も入れ替えでいつも新鮮なお湯が楽しめるってことですね。
しかもお湯の勢いがいいのでたまるのが早い!
お湯は、炭酸水素塩泉。さすが日当山、美肌の湯ですね。
少しつるっと感のあるさらっとした肌触りで、気持ちがいい。
これでこの料金、コスパも素晴らしい!!
私が行ったのは平日のお昼3時頃でしたが、車がどんどん入ってきます。
常連さんも多い家族湯ですね。

昇龍温泉
鹿児島県霧島市隼人町姫城1丁目131
TEL:0995-43-7733

| コメント (1)

秋らしい名前の温泉@吹上「もみじ温泉」

2018/11/7

財津 三奈

少しずつ季節も色付いてきましたね。

鹿児島の紅葉ももう少しでしょうか。

そこで、今回は秋らしい名前のついたの温泉に行ってきました。
以前から温泉ソムリエの友人から聞いて気になっていた温泉「もみじ温泉」です。

IMG_4043

吹上温泉の一角にあり、白壁の懐かしい感じの建物が目を惹きます。

受付に行くと、とても歓迎されました(笑)

IMG_4020

家族湯もあるようですが、今回は大浴場へ。

扉を開けると、まずは靴箱が。

IMG_4021

もうひとつ扉を開けると、脱衣所があります。

脱衣所はコンパクトながら、とても手入れもされていて、鏡やドライヤーも完備。

IMG_4022

ここでもう既に硫黄の香りが・・・
温泉に来たなーと感じるあの香り!たまりません!!

浴場はシンプルに一つ。
真ん中に仕切りがあります。

7518676480_IMG_1597

お湯が熱いので、そのまま注がれる左側より、右側は少し冷めるように仕切りがありますが、これがどっちも結構熱い!!

私は右側にじっと入りました。(左は無理でした 笑)

でも今の季節なので、ほどよく感じる方も多いかもしれません。

お湯はエメラルドグリーンのとても綺麗な色。

深い硫黄の香りと、ツルトロの素晴らしい温泉です。

湯口の析出物(せきしゅつぶつ)にグッときます。

黒い湯の華も浮いていました。

IMG_4040

天井も高くて、木造のつくりがいいですね。

7520714544_IMG_1603

ご近所さんで賑わう、地元の温泉。
この懐かしい感じがとても気に入りました。

もみじ温泉
住所:鹿児島県日置市吹上町湯之浦2503
TEL:099-296-5959

| コメント (0)

まくら投げ大会の結果とダムカレーと温泉@さつま町

2018/10/31

財津 三奈

10月28日にさつま町で開催された「まくら投げ大会」

温泉地で開催ということで、ならば!と「温泉ソムリエ」でチームをつくり参加。

IMG_3948

賑やかしにでもなればと、ピンクの浴衣を「えびの京町温泉みなほ会」からお借りして、一際目立つ格好で!

IMG_3995

白熱中です!

今回私は初めての参加でしたが、なんと「TEAM温泉ソムリエ」、準優勝しました!

IMG_3970

1試合でも勝てばと思っていましたが、試合ごとにコツを掴み、夢中になり、最後は目指せ優勝!!に気持ちが変わって・・・すごく楽しい大会でした。
来年はもっと大きな大会になれば嬉しいです!

大会中の昼食は、10月に完成したばかりの「鶴田ダムカレー」
町内の18の飲食店などで提供されています。(お店によって特長があります)
こちらは、飲食店「醍醐」のダムカレー。

IMG_3953

筍のフライがトッピングされていました。(さすが”筍の町)
確かにご飯がダムの形をしていますね!
ボリューム満点で美味しかったです。

では温泉情報です。

さつま町には、湯田温泉、紫尾温泉と素晴らしい温泉があります。
今回は紫尾温泉にある「ちどり荘」を紹介します。

IMG_1066

宿の入口を入り、奥に温泉があります。
コンパクトな脱衣所の先にある湯船は岩風呂になっていて、とても清潔感があります。

IMG_1298

紫尾温泉は紫尾温泉の拝殿から沸く「神の湯」として有名。

いくつかある宿の中では一番離れたところに位置し、そのせいかお湯にとろみが増している気がします。
同じ源泉でも、そこからの距離によってお湯の感覚が変わるなんて、やっぱり温泉は生き物なんですね。

この日は、少し緑色に見えるお湯。
エメラルドグリーンのお湯はとっても気持ちが良くて、トロトロの美肌の湯。
優しい硫黄の香りと共に楽しめますよ。

紫尾温泉 ちどり荘
住所:鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2198
TEL:0996-59-8246

| コメント (0)

住宅地にある温泉@坂元温泉

2018/10/24

財津 三奈

鹿児島市内にもたくさんの温泉があるのが素晴らしい、鹿児島県。

その中で、今回は坂元にある「坂元温泉」を紹介します。

その建物は2階建てで、初めは温泉とは気づきにくい感じです。

何度か通り過ぎました(笑)

よく見ると、建物の表に温泉マークが!

IMG_0886.2

この2階が温泉になっています。

結構急なスロープを昇っていくと、中には実に懐かしい浴場が。

IMG_0884.2

3つに分かれていて、源泉、水風呂、泡風呂があります。

この坂元温泉、地元のみなさんでいつも賑わっています。

地元になくてはならない温泉なんでしょうね。

入ってみると、ぬめりがあって肌がしっとりする!

予想以上にいいお湯で、驚いたほど。

優しい肌あたりで、泉質はナトリウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。

なんとも嬉しい硫酸ナトリウム成分が!

これは若返りとも言える成分が含まれているではないですか。

地元の皆さんが通う意味がよくわかりました。

鹿児島の温泉の素晴らしさを再認識した温泉です。

坂元温泉
鹿児島県鹿児島市坂元町18-19
TEL: 099-247-6464

| コメント (0)

「まくら投げ大会」と湯田区営温泉@さつま町

2018/10/17

財津 三奈

10月28日(日)さつま町で「枕投げ大会」があります!

枕投げ・・・修学旅行を思い出すフレーズ。

浴衣姿で枕投げ、わくわくしますね。

温泉地での開催で、私も今回初めて「チーム温泉ソムリエ」で参戦します。

全国大会もあるんですよ。

さて、さつま町は温泉が豊富です。

今週はその中から「湯田区営温泉」を紹介します。

7585720736_IMG_1284

まさに地域の温泉。

シンプルながら優しいお湯がじゃんじゃん掛け流されています。

大切に使っているのが伺えますね。

7520756688_IMG_1286

泉質はアルカリ性単純温泉。

さらっとしたやわらかい感触を楽しめます。

このさつま町の湯田地区でも、いろんな泉質を楽しめるのがいいですね。

入口には野菜の無人販売コーナーもあります。

いくつかハシゴするのも楽しい湯田地区の温泉。

出かけてみてはいかがですか?

湯田区営温泉
鹿児島県薩摩郡さつま町湯田1366-21
TEL:0996-55-9192

| コメント (0)

湯治宿からリニューアル@こしかの温泉

2018/10/10

財津 三奈

隼人町松永にある「こしかの温泉」

以前は「幸荘」という湯治宿でした。

周辺は緑いっぱいの地域で、私が行った時は川沿いにヒガンバナも咲き誇っていて

その景色をみながらのドライブも楽しい時間。

そして、到着したのが「こしかの温泉」

おしゃれな雰囲気の温泉に変わっていました。

「こしか」のキャラクターも可愛い!

IMG_2525

大浴場の他、宿泊もできる家族湯(部屋ごとに造りが違う)もあり、

その部屋も少し見せていただきました。

温泉に入った後は、しばらくぼーっとしたいですよね。

そんな願いも叶いそうです。

7585716608_IMG_1332

7585761008_IMG_1337

7522797344_IMG_1331

しかもそのまま寝られたら最高です!

日によっては24時間入れる日もあるようです。

これはますます便利!!

さて、私は大浴場に入浴。

脱衣所には鍵付きロッカーもあって安心。

ドライヤーも完備。

7587782512_IMG_1342

内湯と露天風呂と堪能しました。

7587779776_IMG_1343

露天風呂の雰囲気が落ち着いていてとてもいいですね!

手前の釜は水風呂です。

秋の風を感じながら入れますよ。

この緑がかったお湯はナトリウムー炭酸水素塩泉。

しっとり感のある美肌の湯で、女性はさらに嬉しいですね。

内湯の桜島のタイル画も面白い!(噴煙が飛び出しています)

7520666208_IMG_1356

食事処ではカレーなども食べられます。

次は宿泊で行ってみたい温泉です。

美肌の湯 こしかの温泉
霧島市隼人町松永2625
TEL: 0995-43-4046
https://koshikano-onsen.com/

| コメント (0)

プロフィール

  • 財津 三奈

    財津 三奈

    鹿児島県姶良市出身、温泉ソムリエアンバサダー。MBC南日本放送のテレビ・ラジオのリポーター、パーソナリティー。姶良ふるさと大使。 グルメや温泉取材が多く、温泉好きが高じて「温泉ソムリエアンバサダー」に。県内外の温泉を巡るのが趣味。MBCの由美かおる(おぎん)とも言われている!?

最新記事

最新コメント

  1. かごしまトップ
  2. 温泉ソムリエアンバサダー露天の三奈が行く湯遊めぐり
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更