1. かごしまトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. スイーツ
  4. vol.39 桜クグロフ

vol.39 桜クグロフ

vol.39 桜クグロフ

桜風味 春のクグロフ

<調理時間約120分>

DSC_0009

【材料 18cmクグロフ型1台分】

  • 準強力粉 125g
  • グラニュー糖 23g
  • 塩 2g
  • インスタントドライイースト 3g
  • 牛乳 40ml
  • 全卵 25g
  • 卵黄 10g
  • ラム酒 大さじ1
  • 無塩バター 43g
  • 桜の葉(塩漬け) 2枚
  • くるみ 40g
  • 桜の花(塩漬け) 8個
  • 粉糖 50g
  • 水 小さじ2

 

【作り方】
<準備>

  1. 桜の葉は水気をふき取り、細かく刻む
  2. くるみは170℃のオーブンで10分ローストし、粗く刻む
  3. 型に薄くバター(分量外)を塗り、小麦粉(分量外)を振る
  4. 桜の花は流水で塩を洗い、たっぷりの水に30分ほど漬けて塩抜きする

<生地作り>

  1. 準強力粉、グラニュー糖、塩、イーストをボウルに合わせて混ぜる
  2. 牛乳、全卵、卵黄、ラム酒を別のボウルに混ぜ合わせ、1に加えて捏ねる
  3. 生地がまとまったらバターを加え、なめらかになるまで捏ねる
  4. 桜の葉とくるみを混ぜ込む
  5. 生地をまとめ、薄くバターを塗ったボウルに入れてラップをかけ、生地が2倍に膨らむまで発酵させる
  6. 発酵した生地を台に取り出してガス抜きをし、丸めなおして真ん中に穴を開ける
  7. 生地をドーナツ状にひろげて用意した型に入れ、型の6~7割に膨らむまで発酵させる
  8. 200℃に予熱したオーブンで約35分焼く
  9. 焼き上がったら型から取り出し、冷ます。粗熱が取れたら粉糖と水を混ぜたアイシングをかけ、水気を切った桜の花を飾る

 

【ポイント】
2では耳たぶのかたさになるまでがんばって捏ねます。バターは混ざりにくいので、少しずつ加えながら都度しっかり捏ねましょう。

[Chihiro’s comment]

 発酵生地のクグロフは手間がかかりますが、焼きたては最高!ぜひその日のうちに召し上がって下さい。

【教えてくれたのは】
C’s Sweets labo 古川千尋(ふるかわ ちひろ)さん

洋菓子教室 C’s Sweets labo 主宰。鹿児島市内で少人数のお菓子教室を開催する他、ワークショップやイベントでも活躍中。2児のママ。
http://cssweetslabo.jimdo.com

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. スイーツ
  4. vol.39 桜クグロフ
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更