1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4.  「笑って健康!」ってホントです。流山の笑いの殿堂
記事検索

 「笑って健康!」ってホントです。流山の笑いの殿堂

特派員No. 076
ブルームーンさん

 「漫才が好き」

と簡単に言ってしまうワタクシですが、萬歳は、平安時代から始まった芸能で、新年を言祝ぐ(ことほぐ)歌舞から始まっているそうです。

漫才と言うと関西芸人を思い浮かべがちですが、これは大手芸能事務所とTVの影響でしょうか。まあ、元々「三河万歳」とか「尾張万歳」とかの言葉も聞きますから、西の方が盛んだったのかも知れません。

東京漫才の本拠地は何と言っても「浅草東洋館」

20150903_121450

お笑いの殿堂・浅草東洋館

20150903_121533

東洋館主な出演者、流山市生涯学習センターにも出演されていますね

一方、ワタクシの好きな東京漫才。いま、一番盛んな東京漫才の本拠地は何と言っても「浅草東洋館」。TX浅草駅を降りてすぐの東洋館の歴史は、昭和26(1951)年に開業した「浅草フランス座」に始まるそうですから伝統がありますね。渥美清、長門勇、由利徹、東八郎など有名コメディアンが綺羅星のごとくここから誕生しました。

20150903_121406

東洋館のチラシラックにも流山のお笑いのチラシが…。

浅草にはお笑い芸人さんの御用達のお店も

浅草にはお笑い芸人さんの御用達のお店も

そんな東京漫才が、浅草東洋館の次に盛んな地が流山です。浅草からTXで約20分。TX流山セントラルパーク駅を降りると目の前にある

「流山市生涯学習センター」が東京漫才の第二の聖地になりつつあります

もうひとつの笑いの殿堂を目指す流山市生涯学習センター

もうひとつの笑いの殿堂を目指す流山市生涯学習センター

流山市生涯学習センター内の芸人さん御用達の軽食喫茶グティで

 流山市生涯学習センター内の芸人さん御用達の軽食喫茶グティで

漫才だけでなく浪曲や演歌、マジックショーなども

漫才だけでなく浪曲や演歌、マジックショーなども

芸人さん達はTXで流山から浅草に移動

 芸人さん達はTXで流山から浅草に移動

流山おおたかの森駅に貼られたポスター    笑って健康!お笑い大行進43のチラシやポスターを見掛けたらぜひご来場ください

流山おおたかの森駅に貼られたポスター

なぜ、自治体が管理運営する教育施設で漫才が盛んなの?と思っていたらこの施設が開催している「笑って健康!お笑い大行進」という人気企画シリーズは、(社)漫才協会と笑いと健康学会の全面的な力添えを得て、5年も前から続いているそうです。「笑って健康!」というイベントタイトルからも解るように、健康都市連合日本支部長を流山市長が務めるなど

健康づくりに力を入れているまちで

「笑いと健康学会」の会長で「お笑いブーム」の仕掛け人でもあるメディアプロデューサーの

澤田隆治会長がプロデュースや司会をされているんです

澤田隆治先生の解説を聴けるのもマニアには楽しみにひとつ

澤田隆治先生の解説を聴けるのもマニアには楽しみにひとつ

笑と健康学会の澤田隆治会長がプロデュースしています

 笑と健康学会の澤田隆治会長がプロデュースしています

今回は、シルバーウィークを前に高齢者から若者まで一緒に楽しめるプログラムを、正統派お笑いコンビを中心に組み立ててみたそうです。出演は、三波伸介と小野ヤスシの愛弟子コンビという正統派ベテランコンビ「ホームラン」のヒストリー特集をはじめ、モノマネや「なーんでか?」と歌うなぞなぞで笑わせるギター漫談の堺すすむ師匠、社会風刺にニンマリ苦笑してしまうチャーリーカンパニー、内海桂子・好江門下の正統派漫才コンビ笑組、クォーター美人漫才コンビ「ニックス」、地元流山が生んだ新人大賞コンビ「コンパス」。司会と解説は「笑いと健康学会」の澤田隆治会長。
今回、

コンビの歴史を映像などでも紹介する「ホームラン」

昭和57(1982)年にコンビを結成。漫才を中心にモノマネ、タップダンス、日本舞踊、殺陣などもネタに取り入れ新しい「立体漫才」を目指しています。コント、お芝居にも力を入れ、NHKの「おしん」などのテレビをはじめ、ラジオではNHKの「真打共演」や「特選寄席」などに、舞台でもシアターアプルロンドンコメディーの「走れメロス」や新宿コマ劇場「泣き笑いの天使」などに出演。CMでもマツダボンゴやマルコメ味噌などに出演するなど多方面で活躍中です。年2回の自主ライブも行っています。

今回はホームランのヒストリー物語を映像を交えて紹介します

今回はホームランのヒストリー物語を映像を交えて紹介します

ホームランは客席との掛け合いも絶妙

ホームランは客席との掛け合いも絶妙

流山では、漫才だけではなく「流山ジャズフェスティバル」などにも出演。1975年に小野ヤスシの弟子になった勘太郎は、白いトランペットで演奏。一方、1971年に三波伸介の弟子になったたにしは、テナーサックスを演奏。「イン・ザ・ムード」(のような曲)などでジャズファンを魅了?しています。

漫響楽団のジャズ演奏、トランペットとサックスでホームランも参加

漫響楽団のジャズ演奏、トランペットとサックスでホームランも参加

大御所・堺すすむ師匠

腹話術の名人で、川上のぼる氏に師事した後、「おしゃべりギター」のタイトルで漫談の中に歌まねを取り入れ、一曲の歌を何人ものモノマネで歌ったり、一人でデュエットの歌まねをしたりと、現在の歌まねの原形ともいうべき全く新しい物まねの世界を作り出しました。1976年度放送演芸大賞「声帯模写部門賞」を受賞する等、優れた笑マンシップと豊富なレパートりーで、客席との交流のうまさは抜群です。大ヒットした「なんでか?フラメンコ」で新しい笑いの世界を開拓し、さらに楽しく愉快なステージを創り出しているショーマンとしての第一人者。昨年、「堺すすむの爆笑!な~んでか888連発」な~んでか30周年を記念して出版しました。

なぞなぞもモノマネも楽しい堺すすむ師匠

 なぞなぞもモノマネも楽しい堺すすむ師匠

堺すすむさんは司会に漫談に歌に大活躍

堺すすむさんは司会に漫談に歌に大活躍

「チャリカン」の愛称で親しまれているチャーリーカンパニー

「チャリカン」の愛称で親しまれている「チャーリーカンパニー」は、1975年にコンビを結成。社会問題や時事問題を扱う風刺コントを得意とし、日高てんは作業員風(鉢巻にニッカポッカ姿)の役で屁理屈をよく言うことが多く、菊地じんは学生やサラリーマン、警官など真面目な役が多い。言葉に詰まって「何だコノヤロー」と言うこともあり、社会風刺は強烈。「たきび」の替え歌を歌いながら演じる「あみだくじ」なども有名ネタ。ボケの日高てんは、名門・大宮デン助劇団出身。ツッコミの菊地じんは元サラリーマンで後からコンビに参加。

チャーリーカンパニーの「お店もの」は商人の逞しさが面白い

 チャーリーカンパニーの「お店もの」は商人の逞しさが面白い

チャリカンの国会議事堂ネタは社会風刺もたっぷりで笑わせます

 チャリカンの国会議事堂ネタは社会風刺もたっぷりで笑わせます

笑組(えぐみ)

1986年にコンビを結成。漫才協会や落語協会に所属。1989年第41回国立演芸場花形演芸会金賞、2003年第58回文化庁芸術祭新人賞受賞。2005年真打昇進。内海桂子・好江門下の正統派漫才。トンボメガネの痩せたゆたか(ボケ役)と太目のかずお(ツッコミ役)で構成。寄席や浅草東洋館等に出演中。

どっちがボケ役か解らないくらい二人でボケる笑組

 どっちがボケ役か解らないくらい二人でボケる笑組

息もピッタリいつも楽しい笑組の漫才

息もピッタリいつも楽しい笑組の漫才

今回の舞台で唯一女性コンビのニックス

今回の舞台で唯一女性コンビのニックスは、栃木県宇都宮市出身の実の美人姉妹。コンビ名の「ニックス」は、アメリカ人である父方の祖父の名前。本人達はクオーター。1999年、Wエースに弟子入り。Wコロンのねづっちは弟弟子にあたります。2014年「チーム進火RON」を立ち上げメンバーとなり、 同年12月、阿佐ヶ谷シアターシャインにて、「けっ!セラセラセラ~知らなすぎた男~」初公演。シアターシャイン演劇祭2014奨励賞を受賞しました。

司会に漫才に大人気の美人姉妹ニックスは私生活も漫才風とか…。

 司会に漫才に大人気の美人姉妹ニックスは私生活も漫才風とか…。

天然の魅力ほんわか癒し系のニックス

 天然の魅力ほんわか癒し系のニックス

流山の「笑って健康!お笑い大行進」が生んだ地元のスターコンパス

そして、流山の「笑って健康!お笑い大行進」が生んだ地元のスター「コンパス」。漫才協会に所属する2006年1月に結成された若手お笑いコンビ。翌2007年に「練馬タートルズ」改め「コンパス」として活動。2011年、漫才新人大賞大賞を受賞。J:COMで人気番組「ふれあい街歩き 今日はDoKo!?行く??」などのレギュラー番組もあり、千葉県と相方の出身地・富山県でそれぞれTVにレギュラー出演中。

流山育ちの新人大賞コンパス

流山育ちの新人大賞コンパス
流山市内の高校出身の西本宏一はボケ担当。以前は「ドリンク」というコンビで活動(解散)。R-1ぐらんぷり2009に「ドクターコミック」として出場。漫才の舞台での三味線演奏や俳優としての映画出演など芸の幅を広げています。流山では39度を超す高熱のまま、幕間で点滴を打って昼夜2ステージを笑顔で出演するなどなかなかの努力家。
富山県出身の中島和彦はツッコミ担当。以前は「シティーハンター」、「レンジでチン」というコンビで活動。野球やサッカーが得意。最近は、西本の三味線演奏に合わせて民謡を歌うなど渋い喉も披露しています。

芸達者なコンパスは民謡&三味線漫才も

芸達者なコンパスは民謡&三味線漫才も

笑って健康!お笑い大行進43!

日時 9月12日(土)13時30分開演(13時開場)
会場 流山市生涯学習センター(つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅3分)
内容 一般2,500円、友の会2,000円、高校生以下500円(全席指定、電話予約受付中)。
電話番号 04-7150-7474

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 076 ブルームーン
イベント大好き!あっちこっちのイベントをボランティアで盛り上げてます。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4.  「笑って健康!」ってホントです。流山の笑いの殿堂

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • satoeri
    特派員No.678satoeri
    酒学講師です。日本酒の事ならお任せください♪
  • ハジメマシテネコ
    特派員No.679ハジメマシテネコ
    和菓子も洋菓子も和食も洋食も好きなオールラウンダーです
  • える
    特派員No.680える
    発見を楽しみたいです♪
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • うふふ
    特派員No.682うふふ
    特技は楽しいことを見つけること☆
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!