1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 利根運河シアターナイト2015観る・聴く・触る・幻想的な光のオブジェ!と通水125年
記事検索

利根運河シアターナイト2015観る・聴く・触る・幻想的な光のオブジェ!と通水125年

特派員No. 076
ブルームーンさん

大学生が中心になって利根運河を盛り上げている?

かつては、ご高齢の郷土史愛好家などが注目する史跡としての利根運河でしたが、4年前から若い大学生が中心になって利根運河を盛り上げていると伺い、あれこれ調べてみました。
利根運河沿いにキャンパスを構える東京理科大学建築学科の学生を中心に、「またたき(=瞬間)」をテーマとして開催されるそうです。またたき、瞬き…。素敵な響きを持つ言葉ですね。

近寄って見ると灯りの正体はペットボトル

近寄って見ると灯りの正体はペットボトル

高瀬舟を浮かべた昨年

高瀬舟を浮かべた昨年

明治時代に開削された江戸川と利根川を結ぶ延長9キロメートルの人工水路「利根運河」は設計にオランダ人土木技師のムルデルが起用され曲線がきれいな日本初の西洋式運河。水辺に市民の皆さんの手によってムルデルの顕彰碑が建立され今年で30年。現在は市民の憩いの場として、運河水辺公園、運河緑道、駅舎、ムルデル記念通りなども整備され、流山市役所に「流山本町・利根運河ツーリズム推進室」も設置されて、利根運河も水運の要所から観光名所として変貌しています。

左の大型スクリーンで映画も

左の大型スクリーンで映画も

若い力によるお洒落な参加型イベントの準備が着々と

進んでいるようです。ムービー・グッズ・ワークショップ、空間デザイン・カフェ…。なにやら楽しみですね。

昼間は

オランダ大使館からお客様をお招きして、真面目な式典があったり、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という人気アニメのゆるキャラ「魚心くん」というゲストがいらしたりとか…。こちらは流山市産業振興部の中にある流山本町・利根運河ツーリズム推進室の皆さんが進めてくださいます。

まず、通水125周年 記念式典の同日開催ですが…。
オランダ大使のメッセージを読み上げるほか、手水石の除幕式などが行われるそうです。
1903年に利根運河株式会社から、生前同社に貢献のあった故・今村清之助氏(同社取締役)に贈られた手水石を、ご遺族から寄贈を受け、運河水辺公園に移設し、その除幕式が行われるとか…。この手水石は、八角柱で高さ95㎝、幅82㎝という大きなもので、表に「寄進 利根運河株式会社」とあり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手水石の表には利根運河株式会社の名が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏に「明治三十六年五月」と刻まれています

明治23年(1890)に利根運河会社検査員に就任し、借金整理のため明治26年(1893)に今村銀行を設立された故・今村清之助氏(嘉永2年~明治35年)は、渋沢栄一らと東京証券取引所を創設、全国の鉄道会社(58社)の発起人、取締役、株主となって「鉄道王」と呼ばれた方です。今村氏が逝去された翌年、利根運河株式会社から贈られた手水石が、都立谷中霊園を経てご子孫の敷地内から今回、利根運河の水辺公園に移設されることになりました。

利根運河通水125周年記念式典では

この手水石除幕式が運河水辺公園で13時から行われるのをはじめ、ビリケン像コンテストも行われます。IMG_3147

100年以上利根運河を見守り続ける「ビリケン」

「ビリケン」は、1908年にアメリカで誕生した福の神です。利根運河にあるビリケン像は、1913年に、利根運河株式会社の支配人によって建立され、100年以上に渡って利根運河を見守り続けています。
この利根運河の近くにご実家があるという小杉光太郎先生の人気アニメ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のマスコットキャラ 「魚心くん」もゲスト出演。

9月23日に1日流山駅長に就任した魚心くん

9月23日、流山駅の1日駅長になった魚心くん

シアターナイトの会場に魚心くんが遊びに来ます。さらに【ろこどる】グッズを販売するブースも設置されるそうです。さすが、アニメの舞台となっている、架空の都市・流川市と、千葉県に実在する都市・流山市と業務提携をした流山市産業振興部・流山本町・利根運河ツーリズム推進室ですね。
愉しいことを実現するのは本当は凄く難しいんだと思います。

利根運河沿いにきれいな灯り

利根運河沿いにきれいな灯り

日没後の主催は、東京理科大学「利根運河シアターナイト2015」実行委員会の皆さん

実行委員長は佐々木毬乃さんというリケジョな才女。
日本の未来は明るい!と、一昔前の世代のワタクシは尊敬の眼差しで娘のような若い学生を眩しく見つめてしまいます(物理とか化学とか苦手だったなぁ~としみじみ思いだすワタクシ)。

1光のオブジェがいっぱい13

光のオブジェがいっぱい
昨年の実行委員長さんだった中村遥さんは、今年3月に「平成26年度東京理科大学学生表彰式」で表彰された11人の学生の1人として、研究等の成果が特に優れていると認められる学生ということで藤嶋昭学長から表彰状と副賞が贈呈されました。その表彰理由が、「利根運河シアターナイト2014」の実行委員長を務め、高いデザイン能力と対人交渉力で約80人の学生たちの実行委員会をまとめ上げるとともに(一部略)開始に先がけマスメディア向けの記者会見も行われた。大手新聞の紙面に取り上げられ、当日はこの3年間で最も盛況となり、1万人を超す市民で賑わったという理由と「学業成績優秀」ということで表彰されたようです。
今年度の皆さんにも頑張っていただきたいですね。

unga112

光のオブジェ

色々な光のオブジェ

国交省関東整備局江戸川河川事務所や流山市、流山市教育委員会など、ちょっとお堅い雰囲気の関係機関が若い皆さんの自由な発想を後援しているのもいいですね。
このイベントは、2012年から始まって4回目。実行委員会は、東京理科大学理工学部建築学科1~3年生の15人の若者たちが共同で主宰する学生団体だとか。
建築、都市の視点から劇場的空間やイベントの計画、運営を考えていらっしゃるようです。凄いですね。ワタクシが20歳の頃は食べて遊んで…以下略。
現在、建築学科の1~3年生有志76人が若い感性を結集して、準備を進めているそうです。運河だけに水も漏らさぬ準備なんちゃってネ。

昼間の竹のオブジェ

昼間の竹のオブジェ

利根運河ナイトシアター夜はこんなに幻想的に2012.

夜はこんなに幻想的に利根運河シアターナイト2012.

イベントの内容としては…
訪れた方々の記憶に残るよう五感の、特に「視る・聴く・触る」にフォーカスしたコンテンツにより、感覚の共有を図って、今後の交流のきっかけを目指すそうです。
「視る」では、自主制作の映像や、既存の映画を映しだす「ムービー」や、学生の皆さんによるアート作品による空間演出「空間デザイン」。
「聴く」では、地域のお子さんを中心に作成する竹風鈴「ワークショップ」。
「触る」では、会場で行われる自由にご参加いただける巨大布アート「ワークショップ」や、会場に一体感をもたらす提灯の販売「グッズ」、そして賑わいイベントにつきものの飲食店の出店「カフェ」という構成。これだけでは「なんのこっちゃ?」というアナタ。そこのアナタのために、もう少し噛み砕いてご紹介します。

「ムービー」

離れて眺めるとこんな感じ

離れて眺めるとこんな感じ

利根運河の水辺に2つの大きなスクリーンを設置。階段状の客席をはじめ、会場のあらゆる場所から自由に映像を見ることができます(ワタクシ、去年は対岸から見せていただき、画像が左右逆になってしまい…以下略)。
今回のイベントのメイキング映像や、利根運河沿いの風景や人々を題材にした学生の皆さんの手による自主制作映像、既存映画を上映予定なのだそうです。

「空間デザイン

IMG_3041

今年のオブジェも期待できそうです

大学生の皆さんの手づくりによる「光るオブジェ」を利根運河沿いに設けます。オブジェは、竹を組み合わせた構造体を利用して作成されていて、
ただ見るだけではなく、くぐり抜けられたり、家具の役割を果たしたりと、1つの構造体が大きさを変えることで、多様な役割を果たすそうで、さすが東京理科大学建築学科!

「ワークショップ」

子ども向けワークショップと、当日会場で誰にでもご参加いただける自由ワークショップの2つ。1つは、キャンドル照明と竹を用いた竹風鈴の作成。運河の水辺に飾り付け、辺りが暗くなったら灯をともし、目で楽しむ一方、風鈴が風によって奏でる音色を聴きながら運河をわたる風を感じようというロマンチックな企画。
もう1つは巨大布アート。会場を訪れた方々がどなたでも自由にペイントできるスペースもあるようです。日没後、運河にみんなで協力して布を浮かべる達成感と一体感を生み出そうという企画。参加してみたくなりますね。

2子ども達がつくった精霊流13

子ども達がつくった精霊流

ちょっとオマケ情報

竹風鈴のワークショップでは、竹や牛乳パックを使って、みんなでオリジナルの風鈴をつくります。おまつりが始まったら光をつけて竹の音を楽しみましょう。つくった風鈴はもちろん記念に持ち帰れます。
10月17日(土)14時から受付、14時30分から制作、19時頃に作品を返却します。制作会場は東京理科大学理工学部2号館4階製図室です。
参加費はお一人様300円で、対象は4歳から大人まで。

「グッズ」

出店ブースの一画で、シアターナイト特製の提灯・写真付きフォトスタンドを販売。会場を訪れた方々が灯りのともったグッズを持ち歩くことで、会場に一体感が生まれるかもしれませんね。素敵!イベントが終わっても、グッズを見て、この夜のことを思い出すきっかけにできそうですね。

「カフェ」は?

利根運河周辺の飲食店の皆さんにお力添えをいただくようです。

おいしいお店もいっぱい

おいしいお店もいっぱい

IMG_3047

どのお店も美味しそうです

ワタクシ、昨年はブラッスリー新川の「手作りソーセージ」を食べながら、缶ビールをいただきながら…以下略。おいしかったです!!

ブラッスリーしんかわさんも出店

ブラッスリーしんかわさんも出店

お店が並んで食欲の秋本番

お店が並んで食欲の秋本番

この各コーナーの時間は…
店舗ブースの開店は16時~21時、東京理科大学各団体によるライブは16時~18時、シアター上映は18時30分~21時、ワークショップ作品展示演出は
18時~18時30分、アート作品展示は16時~21時。

ここでご紹介した時間はあくまでも「予定」ですので、大きなイベントにつきものの「押した」とか「巻いた」とか言われる時間の「ズレ」については
大目に見てくださいね。

利根運河シアターナイト2015
日時 10月17日(土)雨天の場合は翌18日(日)、それも雨だった場合には24日(土)18時~21時。
会場 運河水辺公園(東武アーバンパークライン運河駅4分)。
問い合わせ 流山市産業振興部流山本町・利根運河ツーリズム推進室(04-7168-1047)へ。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 076 ブルームーン
イベント大好き!あっちこっちのイベントをボランティアで盛り上げてます。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 利根運河シアターナイト2015観る・聴く・触る・幻想的な光のオブジェ!と通水125年

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!
  • 小原らいむ
    特派員No.862小原らいむ
    気ままに生きるライターです
  • プルメリア
    特派員No.863プルメリア
    東葛地域の新しい事、楽しい事探したいな
  • べっち
    特派員No.864べっち
    美味しいもの大好き?
  • キノコ
    特派員No.865キノコ
    お出かけ大好きママです!
  • こぐれなおこ
    特派員No.866こぐれなおこ
    千葉、東京、埼玉、茨木の情報ならおまかせください。
  • デコリン
    特派員No.867デコリン