1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 「ガンバの冒険」や「サントリー愛鳥キャンペーン」の動物画家・薮内正幸氏の世界を流山で楽しもう
記事検索

「ガンバの冒険」や「サントリー愛鳥キャンペーン」の動物画家・薮内正幸氏の世界を流山で楽しもう

特派員No. 076
ブルームーンさん

薮内正幸絵本原画展と講演会

「ガンバの冒険」というと日テレのTVアニメを思い出す方々も多いと思います。ワタクシの世代ですと「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」、「ガンバとカワウソの冒険」などの名著を世に出したあの「岩波少年文庫」を思い浮かべます。

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」、「ガンバとカワウソの冒険」

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」、「ガンバとカワウソの冒険」

せいうち

「アゴヒゲアザラシとラッコ」

この文庫の表紙は、あのTVアニメのガンバと基本的には同じなのですが、アニメチックな絵ではなく、細密な、写真のような絵のような不思議な魅力の表紙や挿絵で、ページをめくるたびにワクワクドキドキした幼少の頃を思い出します。

1階展示2

原画と絵本が同時に観ることができます

上質な企画展やコンサートが好きで、ワタクシもよくお邪魔している「流山市生涯学習センター」で、平成23年5月の愛鳥週間に開催された「鳥を描き続けた画家・小林重三のせかい」では、流山市生涯学習センターの「鳥を描き続けた画家・小林重三のせかい」

流山市生涯学習センターの「鳥を描き続けた画家・小林重三のせかい」

5年前のパンフがよく残っていました。

5年前のパンフがよく残っていました。

オオタカを描くワークショップやバードウォッチング、財団法人山階鳥類研究所のトークショー、そして、「鳥の歌」コンサートなど多角的な企画展が行われ大好評でした。ワタクシ、このとき「細密画」という言葉を初めて知ったのですが、同年代の皆様が「写真」だと思って持ち歩いた昭和30~40年代の「ポケット図鑑」の動物や鳥、虫、植物などは、いま考えますと実は「細密画」と言われるアートというか、職人芸というか…。いま見ても凄いですね。昆虫採集セットを首からさげて、半ズボンのポケットに入れた図鑑を観ながら夏休みを過ごした、かつての少年少女たちも少なくなかったのでないでしょうか。

ふくろうはこども図書館のマスコット

「フクロウ」 おおたかの森こども図書館のマスコットもフクロウです

その野鳥図鑑の作者、小林重三氏の細密画を子どもの頃から模写していたのが動物画家の藪内正幸画伯です。薮内正幸氏の絵本の原画展が行われ、企画展最終日には、山梨県北杜市白洲にある薮内正幸美術館から藪内竜太館長をお招きして講演会が開催されるというので、早速、お話を伺ってきました。

会場はおおたかの森センター

おおたかの森センターは流山市立おおたかの森小・中学校の敷地に併設2階にこども図書館があります

おおたかの森センターは、昨春、開校した流山市立おおたかの森小・中学校の敷地に併設された生涯学習施設で、2階には絵本や児童書を中心にした「こども図書館」もあります。
この企画展や講演会は、原画を楽しみ、講演を聴いて、その後に、薮内正幸氏が絵を描かれた図書を借りて行けるよう複合施設のメリットを最大限に活かしていますね。主催は、おおたかの森センターとこども図書館、森の図書館の三者共催。行政的に言うとおおたかの森センターは公民館、こども図書館は図書・博物館の管轄なのですが、お役所的な「縦割り」にならないのが指定管理者の民間の発想なのでしょうかね。

こども図書館内で展示

 2階のこども図書館 ここにも薮内正幸氏の原画が展示されています

子どもの子どものこども図書館で借りられ

こども図書館カウンター横に展示中の薮内正幸氏の絵本は、借りることができます

学校や学童保育所、こども図書館に行く人が会議室やホールを持つおおたかの森センターの
ロビーを通って行かれることが多いことから、ロビーではクイズや塗り絵、展示などを工夫し、単に「通過する場所」ではなく、歩きながら「楽しめる場所」として運営されています。

おおたかの森せんたーが動物のぬりえを

 おおたかの森センターにはぬりえが用意してあります

木や池2

来館者がぬった鳥や動物で木や池は賑やかになってきます

そんな自由な通路というか、ロビーというかオープンスペースに動物画家・薮内正幸氏の
原画が展示されているのですから贅沢です。

1階通路に展示

1階の通路に展示中の原画と絵本を見比べることができます

1階展示3

絵本は手に取って見ることができます

薮内正幸氏は、1940年大阪生まれ。子どもの頃から動物が好きで、独学で動物の画を描き始め、1959年、高校卒業と同時に上京。図鑑画を描くため福音館書店に入社し、図鑑・絵本の画を担当。他社からの画の依頼が増えたため、1971年にフリーランスに転身。
動物画家として図鑑、絵本、広告など幅広い分野で活躍され、 動物たちへの温かい眼差しで描かれた作品は一万点以上遺されて、2000年に惜しまれながらご逝去されました。子どもに人気の絵本「どうぶつのおやこ」(福音館書店)「だじゃれどうぶつ図鑑」(偕成社)、大型絵本「しっぽのはたらき」(福音館書店)、「どうぶつしりとりえほん」(岩崎書店)、「たべたのはだれ?」(童心社)

だれがたべたの

「ムササビ」

「ここよ ここよ」(福音館書店)などをお子さんと一緒に楽しまれているお母さんやお父さんも少なくないと思いますよ。

はりねずみ

「ハリネズミ」 骨格も描かれています

お父さんの中には、サントリーの愛鳥キャンペーンの新聞全面広告で、自然との共生を訴えかけてくるインパクトのある「トリは、環境をはかる、モノサシです」「トリからヒトへ。生命あるものへ。」「人類の前に、トリがいた。」「ふたたび、ヒトに告ぐ」などなど薮内正幸氏の絵を思い出しながら、ウィスキーをチビチビ…なんて方々もいらっしゃるのではないでしょうか。「あの大空へ翼はためかせ」という名曲の歌詞を出すまでもなく、空を舞う鳥の自由さはいつの時代の子どもにも大人にも大きな「夢」ですよね。

_とり

左から「オオルリ」「ノゴマ」「サンコウチョウ」

講演会では

「どうぶつのおやこ」「ガンバの冒険」シリーズや「サントリー愛鳥キャンペーン」を手掛けられた動物画家・薮内正幸氏の絵に対する思いやエピソードをお話いただきますが、その一部をご紹介しますね!
「正幸氏は、子どものころ動物が好きで、動物園に行き一日中ひとつの動物の前でじっくり観察し特徴を覚えて、家に帰ると、絵に描き、その動物になりきって四足歩行するといった少年だったそうです。また立体感のある絵はどうやって描いたのでしょうか?」続きは会場で伺えるそうです。

ポスター

絵本原画展

日時 1月18日(月)~2月13日(土)9時~21時
会場 流山市おおたかの森センター

講演会

日時 2月13日(土)13時30分~15時(13時開場)
会場 流山市おおたかの森センター
入場無料 講演会のみ要申込
問い合わせ 流山市おおたかの森センター04-7159-7031
アクセス つくばエクスプレス(TX)または東武アーバンパークライン「流山おおたかの森駅」徒歩11分。
「流山おおたかの森駅」から京成バスで「おおたかの森小・中学校」下車すぐ。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 076 ブルームーン
イベント大好き!あっちこっちのイベントをボランティアで盛り上げてます。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 「ガンバの冒険」や「サントリー愛鳥キャンペーン」の動物画家・薮内正幸氏の世界を流山で楽しもう

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!
  • 小原らいむ
    特派員No.862小原らいむ
    気ままに生きるライターです
  • プルメリア
    特派員No.863プルメリア
    東葛地域の新しい事、楽しい事探したいな
  • キノコ
    特派員No.865キノコ
    お出かけ大好きママです!
  • こぐれなおこ
    特派員No.866こぐれなおこ
    千葉、東京、埼玉、茨木の情報ならおまかせください。
  • デコリン
    特派員No.867デコリン