1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 5月25日は「主婦休みの日」。復興続く相馬を訪ねました。
記事検索

5月25日は「主婦休みの日」。復興続く相馬を訪ねました。

特派員No. 076
ブルームーンさん

主婦を休んで、仕事も休んで、ワタクシ姉妹都市福島県相馬市へ

5月25日は、「主婦休みの日」でした。われらがサンケイリビング新聞社が2009年から提唱し、「1.家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。2.家族が元気になってニッポンも元気になる日。3.夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日。」とされています。この5月25日、主婦を休んで、仕事も休んで、ワタクシ福島県相馬市へお友達と行って来ました。東日本大震災から5年。ずっと3・11以来、流山でチャリティコンサートや法話、絵画展などの会場に寄せられた浄財を、直接、相馬に持参させていただいています。

27コンサート会場の募金箱に善意がいっぱい!

 コンサート会場の募金箱に善意がいっぱい!

24・3月9日、流山市生涯学習センターで行われたコンサート絆Ⅴ

3月9日、流山市生涯学習センターで行われたコンサート絆Ⅴ 

25・3月11日、流山市生涯学習センターで行われた法話と音楽のつどい

3月11日、流山市生涯学習センターで行われた法話と音楽のつどい

263月12日、流山市生涯学習センターのザ・サードコーストジャズオーケストラ

3月12日、流山市生涯学習センターのザ・サードコーストジャズオーケストラ

早朝に流山を出発し、仮設住宅で慰問コンサートをさせていただき、集まった寄附をお届けして「日帰り」するという強行日程。なんと言っても「主婦休みの日」は1日ですから、1泊2日というわけにはいきません。高速道路を使って一路相馬へ。

アントニオさんご一行は、 皆さんから寄せられた浄財とお気持ちを音楽に乗せてお届けしています

2012年3月11日、森の図書館で「3・11法話と音楽のつどい」を行い、流山市生涯学習センター(流山エルズ)では、今回、相馬へご一緒させていただいたアントニオさんたちが「絆」という名のチャリティコンサートを開催。それから5年、アントニオさんご一行は、毎年、井崎義治流山市長のメッセージを持って、皆さんから寄せられた浄財とお気持ちを音楽に乗せてお届けしています。

17災害時の対応が早かった相馬市役所 (3)

災害時の対応が早かった相馬市役所

ことしも、アントニオさんが義援金をお渡しして、斉藤真理さんが市長のメッセージを代読されました。

22堀川教育長に義援金をお渡しするアントニオさん

堀川教育長に義援金をお渡しするアントニオさん

8井崎流山市長のメッセージを読み上げ

井崎流山市長のメッセージを読み上げ

不肖ワタクシ、5年前から法話と音楽のつどいなどに深く関わらせていただいてきた経緯から今回はカメラとメモ帳片手に県外取材となりました。
相馬市役所に11時に到着。相馬市教育委員会で堀川利夫教育長を表敬訪問。

15教育長を囲んで記念撮影させていただきました (1)

教育長を囲んで記念撮影させていただきました 

流山からお預かりしたのは、アントニオさんたちのチャリティコンサート絆Ⅴにお寄せいただいた113,160円、PRINCOちゃんこと増田俊康ご住職の法話と加賀谷はつみさんのミニライブによる「第5回法話と音楽のつどい」にお寄せいただいた114,073円、そして、社会人ビッグバンド「ザ・サードコーストジャズオーケストラ」による東日本大震災復興支援チャリティコンサートにお寄せいただいた145,213円、合計372,446円をお届けしました。一行を出迎えてくださった堀川教育長は、これまでのアントニオさんたちのチャリティコンサートに謝意を伝えた後、

18昨年度、送られた「そうま復興米」のお話も伺いました

昨年度、送られた「そうま復興米」のお話も伺いました

今春3月11日を中心に流山市生涯学習センターの軽食喫茶グティでカレーライスなどに使用された「そうま復興米」に触れ

23「そうま復興米」を使ったメニューが人気だった軽食グティ

「そうま復興米」を使ったメニューが人気だった軽食グティ

昨年「ふるさと納税」のお礼という形で礼状と一緒に贈られた「そうま復興米」

昨年「ふるさと納税」のお礼という形で礼状と一緒に贈られた「そうま復興米」

「そうま復興米」

「そうま復興米は、震災後東東京農大が農地の復旧・復興に尽力し、同大学が指導した水田で収穫したお米で、平成27年4月から市内の小中学校の給食にも出されています」と教えてくださいました。「震災が起きた時庁舎の震度は6弱でした。庁舎のライフラインは使えたので震災後の対応ができました」と当時を振り返ります。同席された教育委員会教育部の持舘直正部長は、「記録集の『東日本大震災の記録』は、次世代の人が目で見て対応できるように作ったものですが、今春の熊本地震で役に立ちました」と話されました。

復興の報告書は熊本地震でも参考になったようです

復興の報告書は熊本地震でも参考になったようです

市役所を辞して、大野台高齢者サポートセンターへ移動。

「アントニオ WITH フレンズ コンサート2016」

私たちが準備する前からお待ちいただいている方もいてくださって恐縮してしまいました。

10演奏会場に続々と相馬の方々が集まって来てくださいます

演奏会場に続々と相馬の方々が集まって来てくださいます

11音楽を聴けるのは昼間だけという9棟の仮設住宅

音楽を聴けるのは昼間だけという9棟ある仮設住宅

アントニオさんたちの慰問コンサートを聴きに来てくださった方のうち、半数の方が昨年も聴きにいらしてくださった方々でした。

9演奏をさせていただいたサポートセンターサポートセンター前景

演奏をさせていただいたサポートセンター全景

8椅子並べなどもすべて自分たちで汗を流しました

椅子並べなどもすべて自分たちで汗を流しました

19車から楽器を降ろして会場設営中

車から楽器を降ろして会場設営中

20笑顔を絶やさない石川容子さんの演奏に癒されます

笑顔を絶やさない石川容子さんの演奏に癒されます

石川容子さんのピアノをバックに、ヴァイオリンを奏でながらアントニオさんは、

21白づくめのアントニオさん、素敵でした

白づくめのアントニオさん、素敵でした

「おひとり、おひとりに音楽をお届けしたい」と演奏をしながら客席を縫っていきます。

13客席おひとりおひとりに音楽をお届けするアントニオさん

客席おひとりおひとりに音楽をお届けするアントニオさん

毎年、相馬市に同行されている斉藤真理さんはリコーダーでゲスト出演。

7リコーダーでゲスト出演の齋藤真理さん

リコーダーでゲスト出演の齋藤真理さん

1 70の習い?でサックスを披露する通称「よしさん」

70の手習い?でサックスを披露する通称「よしさん」

いつもお店にコンサートのチラシなどを貼ってご協力くださっている「ギャラリーよし」のオーナー・小坂義弘さんは、70歳から習い始めたというサックスを持参し十八番の「ダニーボーイ」を演奏し、大きな拍手が贈られました。

6シャンソンやカンツォーネが得意な海老原美恵子さん

シャンソンやカンツォーネが得意な海老原美恵子さん

28海老原さんやアントニオさんは日頃から音楽活動を展開しています

海老原さんやアントニオさんは日頃から音楽活動を展開しています

チャリティコンサートで毎年お手伝いしてくださっている海老原美恵子さんは、柏のスタジオWUUで毎夏リサイタルをされている歌姫。今回はソロで歌声を披露されていました。ワタクシも飛び入りさせていただき女性4人でザ・ピーナツメドレーを振り付き入りで…。これは、まぁ余興ということで…はい。相馬の皆さん、ごめんなさい。

14客席のステージもひとつになって盛り上がりました

客席もステージもひとつになって盛り上がりました

会場にいらした皆さんが歌で参加してくださったり、姉妹都市交流に相応しい和やかなステージとなりました。

5こんな感じの会場で演奏させていただきました

こんな感じの会場で演奏させていただきました

4コンサートを終えて記念撮影

コンサートを終えて記念撮影

楢葉から避難されている宮下さんは「1年ぶりで楽しみに待っていました。被災した自宅から持ち出したグレンミラーのCDなどを、仮設住宅なので昼間しか聴けないけど音楽に癒されています。今日は1年分の元気をいただきました」と笑顔で感想を聞かせてくださいました。

 「3・11こども文庫“にじ”」

森の図書館と流山市生涯学習センター(流山エルズ)では、「ふくしまそうまの子どものえがくたいせつな絵展」も続けています。

29相馬の子どもたちの絵画展

相馬の子どもたちの絵画展

30毎春続けてきた福島県相馬市の子どもたちの作品展

毎春続けてきた福島県相馬市の子どもたちの作品展

これは、被災直後に避難所となっていた体育館で、子どもたちに絵画ワークショップをされた版画家の蟹江杏さんの提唱で流山を活動拠点に全国展開の絵画展が始まったものです。子どもたちが描いた故郷の絵画は、画集にもなり、その印税や絵画展会場に寄せられた浄財などによって、相馬市役所のそばに「3・11こども文庫“にじ”」がオープンしました。ネットの呼び掛けに全国から贈られた絵本をそろえたとNPO法人が運営する民間図書館です。

3こども文庫にじの壁画も増えました

こども文庫にじの壁画も増えました

2こども文庫にじお休みでしたこども文庫にじお休みでした

こども文庫”にじ”お休みでした

どこへでも出掛けてしまうワタクシ、4年前の「3・11こども文庫“にじ”」のオープンの際にも、お邪魔させていただきました。あのときは、まだまだ津波の爪痕が大きく、復興という感じではなかったのですが、今回は…、あ、休館日でした。外壁の絵画は5年前より増えていました。

 少しずつ、一歩ずつ、確かな復興が

流山の皆様からお預かりした寄付金や想いを無事にお届けさせていただき、流山への帰り道、「海が見えるかな?」と思った道路からは、堤防が高くなって海は見えませんでしたが、何より怖い津波を心配しないで安心してお暮しいただくには仕方ないことですね。手前の海岸防災林予定の場所に若い松を育成中。少しずつ、一歩ずつ、確かな復興が進んでいると実感しました。

16高い防波堤で海は見えないけれど安心ですね (2)

高い防波堤で海は見えないけれど安心ですね 

12海岸周辺には若い樹木も育ち始めました

海岸周辺には若い樹木も育ち始めました

あれから5年。河川氾濫による常総市の水害、野田市の竜巻など自然災害が身近なところで続いています。そして、先月14日から続いいている平成28年熊本地震では、まだ余震が続いています。

復興という時間のかかるものに音楽という一瞬のもので何ができるのか。音楽の力を信じて、みんなで応援したい。

流山では、市民有志が実行委員会を組織して続けている流山ジャズフェスティバルも第1回は東日本大震災被災地復興支援として、昨年の第5回は「かよちゃんを救う会」への支援呼び掛けを、そして今夏7月から9月まで流山市内各地で開催される第6回は熊本地震被災地復興支援として計画されているそうです。

流山ジャズフェスティバル「 猪俣猛ジャズオーケストラによるビッグバンドコンサート」

会場には熊本地震の被災地復興支援の募金箱が置かれる流山ジャズフェス

会場には熊本地震の被災地復興支援の募金箱が置かれる流山ジャズフェス

オープニングは、7月16日(土)14時30分から流山市文化会館で行われる猪俣猛ジャズオーケストラによるビッグバンドコンサートです。前売2,000円、当日2,500円、高校生以下500円です。復興という時間のかかるものに音楽という一瞬のもので何ができるのか。音楽の力を信じて、みんなで応援したいですね。
問い合わせ 流山市生涯学習センター(流山エルズ)内 流山ジャズフェスティバル実行委員会04-7150-7474

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 076 ブルームーン
イベント大好き!あっちこっちのイベントをボランティアで盛り上げてます。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 5月25日は「主婦休みの日」。復興続く相馬を訪ねました。

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • satoeri
    特派員No.678satoeri
    酒学講師です。日本酒の事ならお任せください♪
  • ハジメマシテネコ
    特派員No.679ハジメマシテネコ
    和菓子も洋菓子も和食も洋食も好きなオールラウンダーです
  • える
    特派員No.680える
    発見を楽しみたいです♪
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • うふふ
    特派員No.682うふふ
    特技は楽しいことを見つけること☆
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!