1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 公園・動物園
  4. 自転車の練習に最適!ユーカリ交通公園☆交通ルールを学んで遊ぼう@松戸市
記事検索

自転車の練習に最適!ユーカリ交通公園☆交通ルールを学んで遊ぼう@松戸市

特派員No. 681
ゆきさん

松戸市小金原にあるユーカリ交通公園は、私の周辺の流山マダム達も、子供を連れて通う公園です。

利便性が良いとは言い難い交通の公園に、市外のファミリーも多く訪れる理由はなぜか?

40年前からユーカリ交通公園に出入りしている私には、その理由が何となく分かります。

昭和時代には自転車免許証を発行!地元密着の公園

yukari-kotsu-park02
道路から見えるユーカリ交通公園の看板。蒸気機関車のアイコンが目印です。

私が小学生の時、このユーカリ交通公園で自車の免許を取得しました。

自転車にも、ウィンカー代わりに、手信号と言われるハンドサインがあるのをご存知でしょうか?

左折右折サイン等を覚えて、公園内で実技テストに合格すると、自転車免許証がもらえたのです。(注:昭和時代)

園内には、信号機・十字路・踏切・道路標識などが設置してあるロードコースがあり、交通ルールをバッチリ学ぶことができます。

今でも、市内の小学校・幼稚園・保育所の子供たちを対象に、交通安全教室が開催されているようです。(ユーカリ交通公園パンフレット(PDF)

ユーカリの木に囲まれていた国際交流を象徴する公園

yukari-kotsu-park03
ユーカリ交通公園の正門。現在は、持ち込みの乗り物で園内を走ることは禁じられています。

昭和46年(1971年)、松戸市はオーストラリアのボックスヒル市(現ホワイトホース市)と姉妹都市提携しました。

同年に開園したユーカリ交通公園は、まさにオーストラリアとの国際交流が背景にある公園です。年季が入った門や設備は、「古!」などと言わずに、歴史を感じてみて下さいね。

朽ちたのかコストの関係なのか定かではありませんが、「ユーカリの木が伐採されちゃったよ!」と、実家の母から聞いたのは、数年前のことです。

乗りたい乗物を選ぼう!嬉しい「無料」

yukari-kotsu-park04

正門から入って正面に見える建物に、受付があります。

yukari-kotsu-park07

乗りたい乗物が来まったら、受付でカラータグをもらいましょう。もちろん無料です。

赤は足踏みゴーカート、青は補助付き自転車、黄色は自転車、コインは電動バッテリカーです。

受付で、子供の年齢も記入します。無謀な乗り物を借りようとしても、受付のおじ様がちゃんと見ています。

yukari-kotsu-park08

カラータグを持って、乗物が並んでいるエリアに進みます。

yukari-kotsu-park06

黄色い服のスタッフの方がいるので、カラータグを渡して、乗物を貸してもらいます。

小さなお子様も安心!電動バッテリーカー

yukari-kotsu-park10

受付でコインをもらった小さなお子様は、右側の電動バッテリーカー乗り場へ。

パンダ?馬車?何に乗る?乗りたいバッテリーカーの看板が立っている所に並びます。

yukari-kotsu-park16

ママ&パパが一緒に乗れますので、小さなお子様も安心です。意外と運転が難しいですよ!

コインを入れて、足踏みボタンを押すと動くバッテリーカー。バッテリーが切れて止まったら、降りて次のお友達に譲ります。

また乗りたかったら、再び受付まで走って、コインもらう。この繰り返しです。

働いていた車たちの展示

yukari-kotsu-park09

電動バッテリカーエリアの隣には、かつて働いていた車たちが展示されています。

yukari-kotsu-park14

消防車、救急車、パトカー、ヘリコプターが展示されていて、近くに行って触れることができます。

yukari-kotsu-park15

ヘリコプターは、昭和56年まで飛んでいたというのだから、開園当時はなかったんだなぁ…。

D51型蒸気機関車の展示

yukari-kotsu-park19
機関車トーマスにはまっていた1~2歳の頃は、機関車の近くで遊んでいました。

根木内中学校側のサイドエリアには、D51型蒸気機関車が展示されています。

駅看板「ユーカリ交通公園(きたこがね←→まつど)」もあります。

交通ルールを学んで遊ぼう!

yukari-kotsu-park01

補助付き自転車・自転車・ゴーカートを選んだお友達は、道路コースに出発!

道路の左側を走って、赤信号で止まれるかな?

yukari-kotsu-park13

かつて眼鏡橋の上の道路も走れた記憶がありますが、最近は通行止めです。

道路デビュー前のお子様用「幼児コース」

yukari-kotsu-park12

道路走行デビューには不安がある小さなお子様は、専用の「幼児コース」で練習できます。

トイレあります

yukari-kotsu-park11

正門の近くに、トイレがあります。

yukari-kotsu-park17

ただし、手洗いの蛇口は、昭和仕様です。平成生まれの息子は、「これ、どうやって出すのー?」でした。

ランチは持参・売店なし(自動販売機あり)

yukari-kotsu-park05

正午から午後1時までは、休憩時間です。

お昼で帰らないファミリーは、園内に売店はないのでお弁当を持参しましょう。

休憩場所のベンチ、または、丘の上や木陰にレジャーシートを広げて、お弁当を食べているファミリーがたくさんいます。

yukari-kotsu-park18

休憩場所に、自動販売機があります。飲料水は購入できます。

駐車場は少ない

yukari-kotsu-park20

働く車の展示エリアの向こう側に、駐車場があります。駐車場の入り口は、正門とは逆側の道路沿いです。が、駐車場は少ないので、特に土日の午前中は、満車になることもあります。

★★★★★

この公園で発行してもらった自転車免許証を首からぶら下げ、小金原の街を自転車で走り回っていた少女は、流山市に住むオバサンになりました。

今では、自分の子供を連れて、ユーカリ交通公園に通っています。

ユーカリ交通公園公式ページ
住所:松戸市小金原1丁目25番地
電話:047-341-2707
開園時間:午前9時から午後5時まで
休園日:年末年始(12月29日から1月3日まで)
交通アクセス:
・北小金駅から小金原団地行き循環バスで「交通公園」下車徒歩1分
(北小金駅から徒歩20~25分)
・八柱駅から小金原団地行き循環バスで「いちょう通り」下車徒歩6分

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 681 ゆき
松戸で生まれ育ち、流山おおたかの森に拠点を変えて早10年。食物アレルギーっ子の母として毎日を奮闘中です。街で発見した小さな幸せやお得な情報をお届けします。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 公園・動物園
  4. 自転車の練習に最適!ユーカリ交通公園☆交通ルールを学んで遊ぼう@松戸市

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • satoeri
    特派員No.678satoeri
    酒学講師です。日本酒の事ならお任せください♪
  • ハジメマシテネコ
    特派員No.679ハジメマシテネコ
    和菓子も洋菓子も和食も洋食も好きなオールラウンダーです
  • える
    特派員No.680える
    発見を楽しみたいです♪
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • うふふ
    特派員No.682うふふ
    特技は楽しいことを見つけること☆
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!