1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 芸術の秋!美術品・建築・庭こだわりの茂木本家美術館 MOMOA【野田】
記事検索

芸術の秋!美術品・建築・庭こだわりの茂木本家美術館 MOMOA【野田】

特派員No. 680
えるさん

芸術の秋!
芸術を身近に感じられる場所といえば、美術館ですね。でも、わざわざ遠方に足を運ぶ時間が取れない、という方も多いのではないでしょうか。

野田市にある茂木本家美術館(MOMOA)なら、横山大観、中島千波、葛飾北斎などの素晴らしいコレクションを、1時間程度で鑑賞できます。しかも係の方が付いて作品について紹介してくれますよ。(係の方に付いていただくかどうかは選べますので、ゆっくりと作品に浸りたい方もご安心下さいね。)

 

DSC03145

茂木本家美術館は、予約制です。当日「空いていますか?」という確認でも大丈夫だそうですが、気持ちにゆとりを持って鑑賞してほしいので、事前の予約をおすすめしているとのことです。

私は、車で向かいました。美術館の建物の横に、駐車場があります。

 

 

 

DSC03144

予約の際に来館方法を尋ねられました。受付時に調整して下さっているようなので、駐車場に車が停められない、ということはなさそうです。

エントランスから絵画の一部

入館すると、右手に受付があります。こちらで入館料を支払い、注意や案内を受けた後、入館します。受付の向いにコインロッカーがありますので、大きな荷物がある場合は預けて下さい。

DSC03151

白とガラスを基調とした、美しい建築です。

入館して最初に目に飛び込んでくるのが、庭の風景を切り取った窓。

DSC03152

1枚の絵画のように、設計されているのだそうです。しかも、タイルに映った木や空も楽しめるようにと、計算され尽くしています。窓から風景を眺めているかのような、銅像の配置も素敵です。

息を飲むようなコレクションにうっとり

ギャラリーに入って、すぐ右手に小部屋があります。小窓があり、自然光が入ってくるので閉塞感がなく、明るい雰囲気です。こちらは、茂木本家美術館の名誉館長、茂木七左衛門氏が特に好まれている作品を展示してあるそうです。

DSC03161

こちらの部屋には、横山大観、小倉遊亀をはじめとする日本画家の作品と、高村光雲、板谷波山、宮本理三郎といった近代日本を代表する彫刻家の作品が並べられています。

写真は、梅原龍三郎の「鯛」。

DSC03154

こちらをメインに飾るため、室内が設計されているそうですよ。

色々な表情の富士山が一堂に

次の部屋に入ると、思わず感嘆の溜息が出てしまいました。こちらには、富士山の絵が飾られています。正面にあるのは、松本哲男「一字一月明」という屏風絵。一般的に屏風絵は床に置かれるものだそうですが、視線の高さで鑑賞して欲しいという思いから、こちらの高さで展示されているそうです。こちらも、絵を中心に部屋が作られているそうです。

DSC03208

天井を見上げると、細長い窓があります。こちらは、明り取りの窓ですが、富士山と筑波山を結んだ線を示しているのだそうです。

DSC03163

横山大観、中島千波、片岡球子など、様々な角度から見た、色々な姿の富士山に出会える空間でした。

DSC03168

「富士山」という同じ山なのに、画家によって見る角度も、季節も、色合いも異なるのが面白いと思いました。そう感じさせてくれるのも、富士山が描かれた名画が、同じ場所に集まっているからだと思いました。

コラム・コート

富士山の絵を鑑賞しながら、気になっていたお部屋がこちら。コラム(円柱)・コートと呼ばれる空間です。コラムの向こう側には、青い絵が掛けられています。一本横に逸れると、また正面に違う青い絵があります。コラムがあることで、絵が際立って見えましたし、立っている位置を歩いて変えないと、違う絵も掛けられているとは分からない、不思議な空間でした。

DSC03172

コラム・コートからは、美しい庭を見ることができます。コラムの間に配置されている一人掛けの椅子に座ると、コラムが隣に座る人を隠すように設計されています。そのため、窓から見える庭を独り占めできるそうです。

DSC03170

突き当りの森は、神社でお稲荷様をお祀りしているそうです。醤油の原料となる大豆の五穀豊穣を願い、お稲荷様だそうです。お庭には、後ほど出ることができ、神社にも行くことができした。大変立派な神社でした

圧倒の浮世絵コレクション

次に案内していただいたのが、カーテンの向こうの小部屋。この奥に部屋があるのかと思えるほど、厳重に仕切られていました。浮世絵は光に大変弱いため、鑑賞していない間は消灯し、光が入らないように管理しているそうです。絵の展示期間が終わると、2年ほど休ませているそうで、次に同じ絵を鑑賞できるのは随分先になってしまいます。大変貴重な、巡り合わせのように感じました。

DSC03181

私が訪れた時の特別展は「国芳の武者絵展」。茂木本家美術館には、歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」総計74図が全て揃っているそうです。

DSC03147

「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」は、歌川国芳を一躍人気絵師にした作品です。江戸庶民の間で小説・水滸伝の人気が高かったのですが、国芳が浮世絵としたことで大人気となったそうです。迫力のある構図で、登場人物の分かりやすい特長を表しています。

DSC03195

江戸の若者の間では、国芳の浮世絵に描かれた入れ墨と、同じ入れ墨を入れることが流行ったそうで、人気の高さが伺えます。また、空摺り(からずり)という、色のついていない白い部分に凸で模様をつける技法が見られました。こうした細かい部分まで見られるのは、本物を間近で見られる醍醐味ですね。この他にも、太物浦大合戦や川中島合戦を描いた浮世絵もありました。複数の人物が描かれている浮世絵には、誰か分かるように名前が振ってあるので、見比べ、どのように描かれているのか見入ってしまいました。

お庭を散策

建物内にあるカフェから、お庭を散策することもできます。館内から絵画の一部のように見えていた植物や景色を、違った視点から見るのも面白いです。

DSC03218

敷石を渡って行くと、コラム・コートから見えた神社に着きます。御社には「狐の嫁入り」の彫刻があります。また、狛犬は全て異なる花をくわえていました。

カフェで一休み

お庭の散策をした後は、併設されているCafé MOMOAで一息しました。

DSC03225

モモア弁当が2種類ありますが、当日の注文は10時30分まで申込みをします。また、木曜日はお寿司屋さんがお休みのため、モモア弁当<B>のみの販売となるそうです。

DSC03226

私たちは、和菓子セット<B>和菓子とコーヒーのセットをいただきました。和菓子は「桃」と「富士」を一つずつ注文しました。

MOMOAの名前にちなんだ「桃」の和菓子。中には、きちんと桃が入っていました。

DSC03230

「富士山」は、見たばかりの富士山のコレクションを思い浮かべます。富士山の雪の一部分に銀箔が乗っていて、かわいらしい中に高級感がありました。

DSC03232

店内も、美術館全体と同じように、白を基調とした近代建築です。壁を巡らすように設置されたガラスケースには、ソルト・ペッパーボトルのコレクションが並んでいます。

DSC03228

こうしてみると、色々な形があるのですね。極める、とはこういうことなのだという、コレクター魂を感じました。

DSC03217

これまで私は東京の大きな美術館で、沢山の人に囲まれながら絵画を鑑賞していました。もっとゆっくり一枚一枚の絵を見たい、と思っても、人の流れがあり自分のペースで観られないこともありました。茂木本家美術館のように身近な場所に美術館があり、ゆっくりと鑑賞できるのは、本当に素敵なことだと思いました。
先に紹介しましたが、浮世絵は時期によって展示が変わります。こちらの美術館では、一度展示された後、数年間見ることができないそうですので、機会を逃さないようにしてください。
また訪問される際は、予約を忘れずにお願い致します。

■公益財団法人 茂木本家美術館(MOMOA)
*要予約*
千葉県野田市野田242
Tel. 04-7120-1011 Fax. 04-7120-1012
予約専用電話 04-7120-1489
開館 水曜~日曜 10:00~17:00(入場は16:00まで)
休館 月曜・火曜
夏季休館 7月~8月
冬季休館 12月~1月
入館料 個人 一般 700円・小中学生 400円
団体(20名以上)一般 600円・小中学生300円
http://momoa.jp/

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 680 える
お出かけ、コスメに特に興味があり、常にアンテナを張っています。 自分の五感で感じられた感想を、多くの人に紹介し、広めたいです。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 芸術の秋!美術品・建築・庭こだわりの茂木本家美術館 MOMOA【野田】

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!
  • 小原らいむ
    特派員No.862小原らいむ
    気ままに生きるライターです
  • プルメリア
    特派員No.863プルメリア
    東葛地域の新しい事、楽しい事探したいな
  • キノコ
    特派員No.865キノコ
    お出かけ大好きママです!
  • こぐれなおこ
    特派員No.866こぐれなおこ
    千葉、東京、埼玉、茨木の情報ならおまかせください。
  • デコリン
    特派員No.867デコリン