1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 【柏の葉】寒い日、雨の日に最適!子どもが喜ぶ屋内型施設チコル☆パーク
記事検索

【柏の葉】寒い日、雨の日に最適!子どもが喜ぶ屋内型施設チコル☆パーク

特派員No. 680
えるさん

冬本番!寒い日が続いていますね。大人の私は家でゆっくりと過ごしたいのですが、エネルギーの有り余る子どもがいると、思うようにはいきません。1日1度は運動させないと、家の中で暴れられ大変なことに(泣)。かと言って、公園などで寒空の下、子どもが遊んでいるのを見ているのは辛いものがあります。
そんな時に知ったのが、今回ご紹介するチコル☆パーク。屋内施設なので、寒くても、天候が悪くても大丈夫。快適な環境の中、お子さんを遊ばせられます。

子育てに便利な設備がワンフロアに集合

チコル☆パークの最寄り駅は、つくばエクスプレス柏の葉キャンバス駅です。ららぽーと柏の葉北館と直結しているそうですが、私は外からチコル☆パークに向かいました。ららぽーと柏の葉北館と三井ガーデンホテル柏の葉の間を通って進むと、両側にマンションが見えてきます。

IMG_1045

向かって左側にあるのが、ザ・ゲートタワーウエスト。マンションの入り口を通り過ぎ、建物に沿って進みます。

IMG_1044

すると、左手にチコル専用の入口が見えてきます。

IMG_1042

自動ドアを入ると、すぐエレベーターがありました。赤いエレベーターなので、とても目立ちます。直通なので、チコルがある3階にしか止まりません。

IMG_0984

エレベーターで3階に着きました。チコルには、チコル☆パークの他に、子ども食堂のキッズバル、保育園、貸オフィスなどが入っています。

IMG_0985

地図を見ながら、チコル☆パークに向かいます。

IMG_0986

チコル☆パークに到着しました。靴を下駄箱に入れ、受付をします。

IMG_0993

受付では、スタッフさんから料金の説明と利用に当たっての入場ルールの説明を受けました。入場ルールは、事故防止と、複数のお子さんが気持ちよく遊べるようにする内容です。子どもと一緒に聞きました。

IMG_1015

受付が終わると、入場時間が記載されたネックストラップを受け取ります。チコル☆パークは、利用時間によって料金が変わるので、入場時間を確認しておくと良いですね。

IMG_1003

室内は暖かく、温度管理がされています。遊ぶ時邪魔になるので、コートやバッグ類は、受付向いにあるロッカーに預けます。

IMG_0992

ロッカーは鍵がかかるタイプで、無料でした。

大きなすべり台がお出迎え

チコル☆パークに入って、目を引くのが大きなすべり台。

IMG_1012

登り口が、木製のジャングルジムになっています。中は迷路になっていて、階段あり、ネットあり、ポールありと、子どもがわくわくする仕掛けが盛り沢山。

IMG_0988

最後に、すべり台にたどり着くと、滑り降りることができます。スタッフさんから、大人でも大丈夫と教えていただいたので、年甲斐もなく私も滑りました。ローラーすべり台なので、スピードが出てスリル満点。降り口にクッションが敷いてありますし、下に着くと自然と勢いが弱まる設計になっているので、投げ出されたり、転んだりすることはありませんでした。

IMG_0987

すべり台を降りると、周りにはボールプールがあります。

子どもが喜ぶおもちゃ・工夫がいっぱい

IMG_1030

ボールプールで遊んでいると、スタッフさんから「雪のマークが付いたボールが入っているから、それを5つ集めて持って来てね。プレゼントがあるよ。」と声掛けがありました。12月~1月中旬まで開催の「雪の結晶を探せ!」というイベントだそうです。沢山のボールの中から探すのは大変そう、と思ったのですが、子どもの目はいいですね。あっという間に5つ探し出し、キャンディをもらっていました。

IMG_0996

また、「チコル君を探そう!」というイベントもありました。あちこち遊びながらチコル君を探すことができ、子どもは楽しかったようです。

IMG_1040

遊具やおもちゃは、他にトランポリン、

IMG_0991

ボルダリング、

IMG_1001

絵本、

IMG_1010

ブロック、

IMG_1018

おままごと、お人形、

IMG_0994

スロープ・転がすおもちゃ、木のおもちゃなど、様々な種類がありました。

IMG_1016

幅広い年齢の子どもに対応できるおもちゃが揃っています。
また、体を動かして遊ぶのが好きな子もいれば、自分で何かを作りたい子もいますし、その時の気分によって、遊びたい内容が変わります。チコル☆パークには、色々なおもちゃがあるので、お子さんに合わせた遊び方ができると思いました。

チコル☆パークは、身長130cm以下のお子さんしか入場できないのですが、小学生なら入れる日、仲のいいお友達同士での貸し切り(保護者同伴)もあります。
私は子どもが小さい頃、子育て支援センターを利用していたのですが、幼稚園に入る年齢になり利用できなくなってしまいました。幼稚園が休みの日や、お天気が悪い日にチコル☆パークを使えると、とても助かると思いました。

チコル☆パーク
千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区1
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウェスト3F
TEL 04-7189-8653
FAX 04-7189-8654
http://cicol.jp/park/
■アクセス
電車 TXつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅徒歩4分
バス TXつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」バス停下車徒歩4分
駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用下さい。
■提供時間 10:00〜18:00(17:00受付終了)
■定休日 なし ※ただし、年末年始(12/29〜翌1/3)は全館閉館日のため閉所。
■定員 最大30名(定員を超えた場合は、入場制限を行ないます。)
■対象年齢 身長130cm以下 ※貸し切りの場合は不問
■料金
子ども1名に対し 最初の1時間 500円(税込)、その後30分ごと300円(0歳児無料)
大人 500円(税込) 家族何名でもOK。延長料金なし。
貸し切りプラン 7,500円(税込/1時間)
シェアキッチン付き貸し切りプラン 10,800円(税込/1時間)
■注意事項
お子様には必ず大人が付き添って下さい。
貸し切りプランは3日前までに予約が必要です。
貸し切り予約を受け付けできない場合もあるそうです。
パーク内での飲食はできません。
貸し切り、メンテナンス日があります。事前に公式ホームページでご確認下さい。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 680 える
お出かけ、コスメに特に興味があり、常にアンテナを張っています。 自分の五感で感じられた感想を、多くの人に紹介し、広めたいです。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 【柏の葉】寒い日、雨の日に最適!子どもが喜ぶ屋内型施設チコル☆パーク

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • satoeri
    特派員No.678satoeri
    酒学講師です。日本酒の事ならお任せください♪
  • ハジメマシテネコ
    特派員No.679ハジメマシテネコ
    和菓子も洋菓子も和食も洋食も好きなオールラウンダーです
  • える
    特派員No.680える
    発見を楽しみたいです♪
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • うふふ
    特派員No.682うふふ
    特技は楽しいことを見つけること☆
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!