1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. アウトドア・スポーツ, 体験・工場見学, 公園・動物園
  4. 清水公園キャンプ場で「マス釣り」体験!釣って塩焼き食べてきた!@野田
記事検索

清水公園キャンプ場で「マス釣り」体験!釣って塩焼き食べてきた!@野田

特派員No. 681
ゆきさん

清水公園のキャンプ場は、まるで森の中。森林を活かした敷地内には、バーベキュー場・バンガロー・キャンプエリア・マス釣り場などが揃っています。

どのエリアも人気ですが、今回は「マス釣り場」へ一直線!

第3駐車場が近い!小道を登って曲がってすぐ

shimizu-fish-01

清水公園の「マス釣り場」は、清水公園駅から見ると”奥地”です。

広~い清水公園だから、遊び終わった後の疲労度に、最初の駐車場選びも影響します。

お車の場合は、第3駐車場が近くて便利。この園内マップの前を通り、小道を登って左に行けば、キャンプ場はすぐそこです。

2000尾以上のニジマス放流中!

shimizu-fish-02

自然石に囲まれた池の中には、2000尾を超えるニジマスが放流されているそう!

釣り人たちがその池を取り囲んでいます。子供たちに釣ったニジマスを見せてあげようと、奮闘するお父さんの姿が目立ちました。

ジョボジョボ吹き上がる噴水が、せせらぎのような音を演出して心地よく、川遊びに来たような気分です。

まずは受付!マス釣りグッズはレンタル可能

shimizu-fish-03

池の横に、釣り小屋があります。「Fishing-」の看板が目印、”吊られた”木彫りの魚も見事です。

この釣り小屋の「①受付」に並び、マス釣りに必要なグッズをレンタルします。

shimizu-fish-04

「竿」が全て貸し出し中のタイミングに当たると、必要な本数が戻ってくるまで待機することに。1~5組くらいの人だかりなら「空いている!」と即断して、すぐ並びましょう。

マスをコーンで釣る!?驚きの釣りエサ

shimizu-fish-05

貸し竿は、1本200円です。貸し竿料を払うと、竿とエサを渡されます。

驚いたのは、ニジマスのエサが”コーン”ということ。今は、手で練ると臭くなる”練りだんご”のような餌じゃないんですね。

借りたバケツに、池の水を自分で汲んで、いよいよ「マス釣り」スタートです。

池全部が好ポイント!空いている場所が一番かも

shimizu-fish-06小さなお子様は、池に落ちないように細心の注意が必要!

素人には、なかなか引くタイミングが難しく、前半は苦戦。何尾も釣っている他のファミリーを横目に、コツを探ること約10分…。

shimizu-fish-08ピチピチ動いて、カメラのピントがニジマスに合わず。

獲ったど~!!
コーンでニジマスが釣れました。

池全部が釣りの好ポイント、という紹介は本当のようです。

shimizu-fish-07

ただ、混み合っている場所は、隣の人と竿を引き上げるタイミングが重なった時に、竿同士がぶつかりやすく、糸が絡みます。

誰もいない場所で”ゆったり”が、ここではベストな釣りポイントなのかもしれません。

釣った魚はすべて買い上げ!食べる分だけ釣り放題

shimizu-fish-091尾・2尾・・・3尾目はバケツに入れる時に逃げられて終了!

私は家族3人で来たため、1人1尾を食べる=合計3匹、が目標でした。

清水公園の「マス釣り」は、予約も不要・制限時間も釣り制限もない”釣り放題”ですが、釣った魚は、すべて買い上げるルールがあります。

”生魚の持ち帰り禁止ルール”もあるので、”食べる分だけ釣る”という解釈ですね。

shimizu-fish-10

3尾目をバケツに入れようとしたその時、針が外れて床に。捕まえようと素手でつかむも、滑って逃げて、滑って逃げて、池に戻ってしまいました。

というわけで、釣れた2尾のニジマスを「マス焼き場」に持ち込みます!

”魚をさばく”にキッズは釘付け!いざ「塩焼き」

shimizu-fish-11

1尾のニジマス400円、焼き代100円。1尾の塩焼きに500円かかります。

shimizu-fish-12

ニジマス代金+焼き代を払うと、番号札がもらえます。

shimizu-fish-15

何番まで焼き上がったか、ホワイトボードに掲示されます。自分の番号のニジマスが焼き上がったら、取りに行きます。

shimizu-fish-13

焼き上がりの待ち時間、”ニジマスさばき”のパフォーマンスが(ガラス越しで)見られます。

shimizu-fish-14

子供たちは、お魚がさばかれる様子に釘付けでした。

塩焼き最高!釣れなくても「焼き魚」買えるよ!

shimizu-fish-16

バケツの中を泳いでいた2尾が、塩焼き姿に。息子に対してだけでなく、自分にとっても食育です。

shimizu-fish-17

粗塩が効いて、焦げ具合も絶妙。白身部分を残さずキレイに食べました。

紙皿も割り箸ももらえるから、ウェットシートを持参するだけで大丈夫です。

shimizu-fish-18

ここでは、焼き魚の香りに惹かれてやってきた通行人も、頑張ったけど釣れなかったファミリーも、「マスの塩焼き」(1本500円)を買うことができます。

shimizu-fish-19

釣って買って400円+焼いて100円と同じです。

貸し竿の200円のコストもあるから、塩焼きを買った方が安いけど、息子の顔を見れば”貸し竿”を片手に獲る決意でした。

結果、大満足です。
体験は、プライスレス!

清水公園キャンプ場
https://campbbq.jp/fishing/fishing.html
住所:278-0043 千葉県野田市清水906
電話:04-7125-3030
E-mail:info@shimizu-kouen.com
アクセス:「清水公園駅」西口より徒歩10分

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 681 ゆき
松戸で生まれ育ち、流山おおたかの森に拠点を変えて早10年。食物アレルギーっ子の母として毎日を奮闘中です。街で発見した小さな幸せやお得な情報をお届けします。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. アウトドア・スポーツ, 体験・工場見学, 公園・動物園
  4. 清水公園キャンプ場で「マス釣り」体験!釣って塩焼き食べてきた!@野田

特派員メンバー

  • ちゅんみ
    特派員No.367ちゅんみ
    美味しいお店を着々と開拓中です。
  • 28号
    特派員No.06028号
  • まい
    特派員No.068まい
    美食・雑貨好きなフリーライター
  • エテル
    特派員No.073エテル
    いい写真をたくさん撮りたい!
  • PYG(ぴぐ)
    特派員No.232PYG(ぴぐ)
  • Mami
    特派員No.235Mami
    植物が、見るのも育てるのも好き♪
  • YU
    特派員No.534YU
    お散歩での小さな発見に毎日幸せを感じています
  • atako
    特派員No.675atako
    赤ちゃん連れでもお出かけしたい? in 東葛エリア
  • きんちゃくねこ
    特派員No.676きんちゃくねこ
    めざせ東葛マスター
  • まっきー
    特派員No.677まっきー
    小さな幸せ探しで心をハッピーに
  • ゆき
    特派員No.681ゆき
    こだわりは費用対効果!
  • ふなきち
    特派員No.683ふなきち
    やっぱり千葉が好き!
  • 小原らいむ
    特派員No.862小原らいむ
    気ままに生きるライターです
  • プルメリア
    特派員No.863プルメリア
    東葛地域の新しい事、楽しい事探したいな
  • キノコ
    特派員No.865キノコ
    お出かけ大好きママです!
  • こぐれなおこ
    特派員No.866こぐれなおこ
    千葉、東京、埼玉、茨木の情報ならおまかせください。
  • デコリン
    特派員No.867デコリン