1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. かしわ de カツサンド

かしわ de カツサンド

2018/9/12

福地寧子
福地寧子

食欲の秋、到来。

と、本来であれば立秋(2018年は8月7日)を迎えた先月に書いていなければならなかったのかもしれません。

猛暑の中ではとてもそんな気分になれませんでしたが、9月も中旬を迎えようとしている今なら!と考えて出だしの一言にさせていただきました。

食欲、ガッツリ、ということで今回のテーマは「カツサンド」です。

resize44917
THE肉屋さん、ちょっとレトロで味のある外観

カツサンドが誕生したのは昭和10年(1935年)、文京区湯島の「井泉」の初代がおかみさんの助言を得て考案したと言われています。和食のメニューであるカツと洋食的な位置づけにあったパンとのコラボレーション、という話題性に、東京の花街として賑わっていた下谷の芸者衆の口紅がとれない様に、お座敷の合間にいただける様にとの配慮から、通常のサンドイッチよりも小さく切るという配慮があって、まずは花街の芸者衆の御用達となり、それがカツサンドの認知と普及に繋がりました。

resize44918
お店の前には名物「みるふぃーゆかつバーガー」の大きなポスター

芸者さんがカツサンドをよく口にしたのは、お客さんが食事をする時間帯に歌って踊ったりしなければならない仕事だったから。華麗に見える芸の世界ですが、体力勝負の一面もあったのです。

精を付けるならカツ、その頃からそういう意識があったということですね。

resize44920
惣菜コーナーのカウンターにはリビングの「わが街いい店」の盾が!

カツ屋さんが作ったカツサンドが美味しかったのは、カツが美味しかったからこそ。昭和が終わり、平成の次の時代を迎えようとしている今も、美味しいカツサンドが食べたいと思ったらまず美味しいカツを探すのが近道!

そんな視点で辿り着いたのが「セキグチ肉店 柏本店」のカツサンド。

resize44922
2種両方とも、ついでにコロッケも購入してしまいました

食パンではなくバンズにカツを挟んでいます。

薄切り肉を重ねた軽い歯ごたえの「みるふぃーゆかつバーガー」と厚めのヒレで食べごたえ抜群の「ひれかつバーガー」の2種類があり、どちらもオーダーしてから肉を揚げてアツアツで提供されます。

resize44928
ひれかつバーガー、肉の存在感が違います

待ち時間は5分ほど、ご主人が調理している間は女将さん他の皆さんが話しかけてくださり、会話が楽しめるのも「セキグチ肉店 柏本店」の魅力。

私が訪問した時は、HPで受付けたゴルフの景品だというの高級肉の箱詰めの発送作業をされており、手際よく次々と箱を包装しているのを見ていたら、あっという間に時間が経っていました。

resize44925
手作り感満載、ちょっと武骨な仕上がりもチャームポイント

アツアツのサンドイッチが冷めてしまうのがモッタイなくて、途中でドリンクを購入して車中で頬張りました。

やはりバンズだと口元を少し気にすることになりますが、サクジュワを十二分に堪能させていただきました。

 

セキグチ肉店 柏本店
住  所 千葉県柏市柏2-11-7
電話番号 04-7167-2466
営業時間 11:00~18:00
定 休 日  日曜、祝日

福地寧子
福地寧子

1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。



プロフィール

  • 福地寧子

    福地寧子

    1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。

カテゴリー

最新記事

  1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. かしわ de カツサンド


会員登録・変更