1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. かしわ de シベリア

かしわ de シベリア

2019/1/20

福地寧子
福地寧子

新年あけましておめでとうございます。と、ご挨拶するには少し間が抜けてしまう時期となってしまいましたが、2019年最初の投稿につきご容赦下さい。

さて、2019年の始まりに当たり、今年のパンの傾向について私なりに予想してみたいと思います。

昨年、一昨年と高級食パンがブームとなり、専門店が林立しました。共通する売り方が”2斤1本売り”、”ノースライス”。そのスタイルもすっかり定着しました。

resize46132
駅に隣接したビルの1階にある「JUST BAKE AMI」

私達消費者はいままでよりたくさんのパンを一度に購入するようになり、厚さも日によって変えたり、様々な具材と合わせてみたり、パンを「食べる」だけではなく「楽しむ」ようになっているのではないでしょうか。

鉄砲伝来とともに現在のようなパンが日本に伝わり、キリスト教と共に一時的に歴史の表舞台から姿を消し、明治維新以降に本格的に私達の食生活に登場するようになった食品です。

resize46133
「クリームパン」の右隣に「シベリア」の張り紙、2大人気商品です。

200年足らずという世界的なパンの歴史の中では短い期間の中で、その技術力は世界一のレベルにまで到達し、2011年には消費額でコメを上回るという有史以来の出来事もありました。

ヨーロピアンスタイルのハード系が市民権を得た裏側で、昔ながらの付け食コッペパンが注目を集めました。様々な新しいスタイルが入ってくるとともに、郷愁を誘う日本独特のものの人気が再燃するのは不思議でもありますが、確かにパンが生活に根付いた証とも考えられ、パン好きのひとりとしてニヤリとしたりしています。

resize46143
現在3代目、店主の祖父が創業者だそうです。

地元で長年営業を続けてきたパン屋さんは、そんな日本のパンと共に歩んできていらっしゃいます。2019年に創業84年を迎える柏の「JUST BAKE AMI」もそんなパン屋さんのひとつ。

看板商品のひとつ、「シベリア」は30種ほどあるメニューの中から季節ごとに選んで店頭に並ぶのだとか。私が伺った日には、「こしあんシベリア」、「スイートポテトあんシベリア」、「ゆずあんシベリア」、そして新商品の「きなこあんシベリア」の4種類でした。

resize46134
ガラス張りの壁に設けられた棚の中段にずらりと並ぶ「シベリア」。

「シベリア」とは、カステラに羊羹を挟んだもの。雪原の中を走るシベリア鉄道のように見えたことが名前の由来とも言われています。明治から大正にかけて、どのパン屋さんでも作られていたと言われていますが、お店自体がなくなったり、商品構成を考える中で作られなくなったり、様々な理由でいまでは作っているお店も減ってしまいました。

resize46152
サランラップでひとつずつ丁寧に包まれています。

「JUST BAKE AMI」の誕生前から日本人に愛されてきたパン、「シベリア」。それが今でも人気商品として、店舗中央に陳列されるところ、そして今なお新商品が開発されているところに店の歴史を感じました。

これからも、私達に美味しいパンをよろしくお願いします。そして皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

JUST BAKE AMI 駅前店
住  所 千葉県柏市柏1-1-11 ファミリかしわ1F
電話番号 04-7163-5640
営業時間 10:00~20:00
定 休 日  日曜日

福地寧子
福地寧子

1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。



プロフィール

  • 福地寧子

    福地寧子

    1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。

カテゴリー

最新記事

  1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. うんちく, パン屋, 歴史, 食事系
  4. かしわ de シベリア

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年10月25日号

電子ブックを読む



会員登録・変更