1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. かしわ de 食パン

かしわ de 食パン

2019/3/12

福地寧子
福地寧子

2日前の日曜日、3月10日にサンケイリビング新聞社東葛事業部主催の「パンフェス!!」が柏モディで開催されました。

私も2店、セレクトさせていただきました。このコーナーでも紹介した「コッコパン」と「ぱん工房 桜道」です。

resize46345
「ぱん工房 桜道」の外観、独特の世界観のあるお店です。

私が「ぱん工房 桜道」(以下「桜道」)を推薦した一番のきっかけになったパンは「ショウガ入り 桜道の食パン」でした。

ショウガブームの中で、いくつかのパン屋さんがショウガのパンを歯発売しました。ショウガの甘煮を練り込んだり、搾り汁で生地を練り込んだりと手法は様々でしたが、いずれもショウガの存在がはっきりと分かるものでした。

IMG_4504
飾り気のない店内、ですが不思議な温かみがあります。

それは当たり前のことで、ショウガのパンというのであれば明らかに存在が分からなければ「ショウガパン」ではありません。チョコパンに誰にも分るようにチョコが、クリームパンにクリームが入っているのと一緒です。

ところが「桜道」の「ショウガ入り 桜道の食パン」は、ショウガが前面に出ず控えめで、悪く言えば存在感がありません。

ですが、食べ終わるとほんのり体が温まり、確かにショウガが入っていたことが分かるのです。

IMG_4507
厚さは4枚、5枚、6枚、8枚から選べます。私のおすすめは、4枚切りの山型です!

それがあまりにも、このお店の持つ雰囲気にぴったりで心に響きました。

ご主人の鴻巣邦治さんは、パンの全国大会で入賞の実力者。にも拘らず、お店の佇まいばかりか、品揃えがオーソドックスで日本人の生活に落とし込まれたものばかりというところが、「街のパン屋さんであろう」とする姿勢のように感じられるのです。

IMG_4506
菓子生地には米油とこんぶ水を配合、砂糖と塩の割合を減らしています。

ラインナップはオーソドックスながら、生地の素材選びや組み合わせには拘り満載。

説明しなければ分からない、勢力を傾けたからといって直接的に利益にならないところにこれだけ注力できるところがたまらなく私の心に響くのです。

今まで一度もイベント出店はしたことがなかったのに、快くお引受いただきありがとうございました。「パンフェス!!」に行けなかった方も、当日買っていない方も、是非お店に行ってみて下さい。

 

ぱん工房 桜道
住  所 千葉県松戸市小金原8-28-20
電話番号 047-702-3480
営業時間 10:00~18:30
定 休 日  水曜日

福地寧子
福地寧子

1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。



プロフィール

  • 福地寧子

    福地寧子

    1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。

カテゴリー

最新記事

  1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. うんちく, パン屋, 歴史, 食事系
  4. かしわ de 食パン


会員登録・変更