1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
うんちくお菓子系カフェレストラン

まつど de フルーツサンド

2019/5/12

福地寧子

新元号「令和」になって初めての投稿です。

日本にとって歴史的な出来事があったと同時に、私たちにとっても
歴史的な10連休。ゆっくり休めた、という方と、ご旅行やいつもに
増して家事でぐったりという方と両極端かもしれません。

私はゆっくりできた反動で、10連休明け初めての週末である今日は
布団から離れられそうにありません。

が、そうも言っていられません。なぜなら今日は「いちごやさんの
カフェテラスひらおか」(以下、「ひらおか」)で2019年のいちご
フェアが終わってしまう日だからです。

resize46330
ちょっと懐かしい雰囲気もある外観、席待ちのお客さんが並んでいました。

店名に「いちごやさんの」とあるだけあって、いちごフェアが開催
されているこの季節は「ひらおか」にとって特別な季節。いろいろな
メニューがいちごのみになったりもします。

そのひとつが「フルーツサンド」、フェア期間中はいちごサンドのみ
になるのです。

resize46338
迫力あるイチゴサンド、甘くてジューシーなのは通年通してですが
期間中は特別に美味しく感じます。

鮮やかな赤い色が白の面積を凌駕するほどに目に飛び込んでくる
インパクトのあるフルーツサンド。まずは苺の粒の大きさに心を
鷲掴みにされることでしょう。

ひと口頬張ると、苺からほのかな酸味がある甘い汁が溢れ、口の中
いっぱいに爽やかな風味が広がります。

甘さ控えめだけれどコクのある生クリームは、酸味を吸収して全体を
まろやかにまとめてくれる名脇役。甘さと酸味を持った果物を使うと
フルーツサンドの魅力が倍に増すように感じるのは私だけでしょうか。

少なくとも私にとって、イチゴサンドはフルーツサンドの王様です!

resize46343
断面で見えるところだけではなく、奥にも大きな苺が隠れています。

ちなみに5月13日からは通常のフルーツサンドに戻ります。季節ごとに
旬のフルーツを使ってくれるので、訪れる度に違う味を楽しめるかも
しれません。地元産の梨の旬には、梨パフェなども登場します。

ちなみにフルーツサンドは日本生まれ、1926年の新宿高野のフルーツ
パーラー開店のメニューにあったとの記録が残っていますが、それが
元祖であったかは定かではありません。

京都では喫茶店メニューとして馴染みがあるため、関西発祥説もあるとか
ないとか…なににせよ、考え出してくれた方に感謝です。

resize46334
お店自慢のゆであげ生パスタ、看板メニューの「鉄板ナポリタン」。

「ひらおか」はフルーツだけでなくお食事メニューも充実。パスタや
ピザ、ハンバーグなどが食べられます。

中でもパスタは乾麺ではなく生麺を使用していて、もっちもちの食感。
フルーツサンド同様に季節ごとのメニューもあります。

愛犬と一緒に座れるテラス席、平日限定のランチ、土日限定のモーニング
など、「ひらおか」にはいちごフェアが終わっても通いたくなる仕掛けが
いっぱい。お近くに行かれる際はチェックしてみて下さい。

ちなみに…住所は下記の通り鎌ヶ谷市となります。タイトルは「まつど de」
とさせていただいておりますが、松戸と鎌ヶ谷の境くらいにあるという
ことでご容赦ください。

 

いちごやさんのカフェテラスひらおか
住  所 千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-3-6
電話番号 047-384-0156
営業時間 平日 11:00~20:00、休日 9:30~20:30
定 休 日  月曜日

うんちく お菓子系 カフェ レストラン | コメント (0)

  • 1

プロフィール

  • 福地寧子

    福地寧子

    1日3食、年間1095食以上食べ続けて四半世紀。年間延べ200軒のパン屋を訪れて、毎週「命の糧」を入手しています。そのパン屋巡り&食べ歩きの備忘録です。

カテゴリー

最新記事

  1. かしわトップ
  2. 365日パン日記
  3. レストラン

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年10月25日号

電子ブックを読む



会員登録・変更