1. かしわトップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 「流山発! 世界で 認められた万華 鏡の魅力を」中里保子さん

「流山発! 世界で 認められた万華 鏡の魅力を」中里保子さん

★柏、我孫子、松戸、流山、野田の東葛5市で、街を盛り上げ、支えている、“街の仕掛け人”を紹介します

File 3万華鏡作家
中里保子さん

 「万華鏡の世界大会」で5回受賞、2017年流山市文化功労受賞、流山市の万華鏡ギャラリー 寺田園茶舗「見世蔵」にも作品を展示する、万華鏡スタジオGLASS-STATION主宰、万華鏡作家の中里保子さんに話を聞いてきました。

 「万華鏡に初めて出合ったとき、とにかく感動しましたね。自分の中に納めて置けないくらいの思いでした(笑)。当時は、スポーツウエアのデザイナーをしていたのですが、『何か趣味を』と思っていて習い始めたのが、ガラスの絵付けでした。コース終了後、立体的な作品も作りたいなと思い、偶然出合ったのが万華鏡でした。少しずつ万華鏡の世界にはまり始め、日本万華鏡倶楽部に入会。その年、「日本万華鏡大賞展」が初開催されるとのことで、私も出展することに…。すると、初めての大作、クリスマスツリーをモチーフにしたオルゴール付き万華鏡が初受賞。とにかくうれしかったですね。それから毎年挑戦し、『ビジュアル賞』を受賞。それがきっかけで、なんと銀座のギャラリーから個展をしませんかとのお声掛けも。『せっかくやるなら!』と、まず始めたのが万華鏡作りではなく、ウエアデザイナーの時に必ず作っていた“コンセプトマップ”でした。作家でなかなかそんな人いませんよね(笑)。でも、それが功を奏して、会場全体が魅せる空間に仕上がりました。その後、万華鏡作家の憧れであるアメリカで開催される『万華鏡の世界大会に出品しないか』と思いがけないお誘いをいただくことに。その後は、最優秀作品賞を5度受賞することができました。よく、『万華鏡って先生にとって何ですか』と聞かれることがあるのですが、私にとっては一つの『コミュニケーションツール』だと思うんです。『万華鏡をのぞいてみてください』の一言で、相手との距離感がとても近くなる。色とりどりの形が無限に変化する世界を目にした瞬間、誰もが感動し、次から次と会話が弾む姿をみるとうれしくなります。昨年は、アメリカ国外で行ったことがないコンベンション『万華鏡世界大会in京都』を初めて日本で実現。私も、実行委員として参加しましたが、土・日曜には、4000人以上の来場者が足を運んでくれました。趣味から始めて今年で約20年。今、たくさんの方と関わりながら万華鏡を作るのが楽しくて仕方がありません。万華鏡を初めてのぞいた時のあの感動を、少しでも多くの人に発信していきたいと思っています」

PROFILE
万華鏡スタジオGLASS-STATION主宰。2005年「愛・地球博」の名古屋市パビリオン関連、万華鏡ワークショップ開催。2007年、2010年、2011年、2013年、2017年「万華鏡世界大会」で最優秀作品賞を受賞、2014年仙台万華鏡美術館「希望の万華鏡」公募展で優秀作品賞受賞など数々の受賞歴あり。全国各地で個展や万華鏡展を開催するほか、各メディアに出演し活躍。流山市の万華鏡ギャラリー 寺田園茶舗「見世蔵」に作品を展示中。好きな言葉は「創意無限」。趣味はボーリング

※8/7(火)ザ・クレストホテル柏で開催の「1日宿題村」に、中里保子さん主宰の万華鏡教室門下生の加藤恵子さんが講師として登場
申し込みはコチラから↓↓
宿題村の申し込み

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. かしわトップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 「流山発! 世界で 認められた万華 鏡の魅力を」中里保子さん


会員登録・変更