1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 不良母うえっちの〜強く楽しく美しく!〜
  4. 子育て
  5. 250年ぶりの歴史の転換期。日本の教育はこう変わる!

リビングメイト

不良母うえっちの〜強く楽しく美しく!〜

うえっち

東京都

食文化ライター、小学生姉妹ママ。 母親なりのビューティーライフを お伝えしていきたいと思います。

不良母うえっちの〜強く楽しく美しく!〜

250年ぶりの歴史の転換期。日本の教育はこう変わる!

お子さんがいる方に質問です。
将来、お子さんにどんな職業について欲しい?

お医者さん?弁護士さん?
いやいや地道に働いてくれたら
それでいいい?

愛する我が子の将来は誰でも気になるもの。

でも「あなたの常識の中の」未来の職業観は本当に正しい?

それ、間違ってるかもしれませんよ。

今やらせてる色んな教育、それ、本当に役にたつでしょうか?

私がこんなことを考えるきっかけになったのは、先週東京大学で開催された「2020年 日本の教育はこう変わる! 本当はどうなる? どんな準備をすればいい?〜」セミナーに出席したから。

人生初の東大潜入に浮かれる。
C32A260E-E58F-4388-B2EF-CEA302EA81AD

東大でサクラサク♡
56587E4D-CBBB-420D-ACB0-322BB9B4892E
なんてね。

東大内には生協やカフェテリアがあり、一般の人も利用可能。とても綺麗で明るい快適な場所でした。ランチタイムなど混雑時は学生さん優先となり利用は控えるルールはありますが、時間を外して是非トライを♡

はてさて、講演は二部構成。

第1部は、鈴木寛教授による講演でした。

東京大学教授で慶應義塾大学教授で文部科学大臣補佐官。
2020年オリンピック開催国決定時に日本チームに同行。
2016年日本開催のG7教育会議の議長代行

D7AE9647-FAB7-4CD3-B25D-F83D2DC30D9D

こう書くと、すご〜く頭の良いお固い方を想像しちゃうと思うのですが、奇跡のように楽しかった!

「眠くなるでしょ?」と最初に隣の人とシンキングタイム。「子どもに将来どんな職業について欲しいか」一部意見を聞いてから出てきたスライドは

人工知能やロボット等による代替可能性が高い100業種

一時話題になりましたよね。およそ50%の職種がAIに代替されちゃうんですよ。公務員や乗り物の運転手、企業の受付をはじめとする一般事務員全般。

でも、面白いなと思ったのが
・測量士はなくなるけど、音楽の先生やネイリストは残る。
・運転手は無くなるけど、車掌は残る。
・ビル清掃員は無くなるけど、ウェイトレスは残る。

この差、なんだと思いますか?

1、芸術・神学・哲学など、抽象的な概念を創造、整理したりするチカラ
2、サービスやトラブル対応、ネゴシエーションなど、対人コミュニケーション

これらは、今後AIやロボットが発達しても対応不可だと推測されてるんだって。

だから、良かれと思って「コツコツちゃんと」という我々のしごく真面目な常識だけを子どもに備えようとすると「それ、AIやるから結構です」になっちゃう!!!

反対に「あんた、一体何バカなこと考えてんの?!」という奇想天外が、それこそがAIがマネ出来ない、将来人として働くためのキーポイントになるかもしれない。

18世紀、産業革命以後人は「ちゃんとやる人、ちゃんとやらせる人」が世界を作ってきました。それが、AIなどの発達によって250年ぶりに転換期を迎えています。

22世紀を生きる子どもたちに、20世紀型教育を続けるのは、大量の失業者を養成し続けることと同じ、なんです!

どうしよう、と思いがちだけど。人間として、これを好機にとらえるべき。
AIが様々なことをしてくれる未来は、人間が人間らしさを存分に出す事に集中できる世界ともいえるんですよね。

これを踏まえて、2020年から始まる教育改革は

例えば歴史なら暗記ではなく、歴史から学び、思考力を鍛える教育。
アクティブ・ラーニング(生徒が主体、対話的で『深い』学び。

となり、大学入試もマークシートから記述式へと移行していくそうです。
えーじゃぁどうするの?どうすればいいの?と思ったアナタ。

第2部の対談、質問コーナーではそんな母の切実な疑問にお答えしてくれました。

99449AD5-C4DA-41E0-B644-812042BCACAD

『ママであることがキャリアになる日本』を目指して、子育てコーチングで世界中のママさんを応援しているプレシャスマミー 代表 谷あゆみさん
50047191-AE1B-4F97-A0E3-00BB600EDB44

を交えた、これまた爆笑のコーナーでした。

そこでみえてきた「子どもたちに私たちが出来ること」は

・小学生までは、ハマればなんでもいい。好きなことを探して、夢中力を鍛える。
夢中になり、極める事で「OK、googleの先」の人間の創造的思考が生まれてくる!

・この人と仲間になりたいな、という子どもに育てる。
AIにはない『人間力』を鍛えるということですね。

・先回りしてトライ&エラーの機会を奪わない
『想定外』の対応はAIにはできません。『想定外』『板挟み』をうまく自分で消化し解決するためには、子どもにいっぱい失敗させなきゃダメ。失敗が判断・思考を育てるんです。

1番心に残ったのは、谷あゆみさんが

子育てで大事なのは、子どもがやりたい事をやらせる、信じる。
そして、お母さんがハッピーであること

といった事。
そうですよね。イライラが家族に伝染してから家庭内がピリピリするのと同様、ハッピーだって伝染する。明るい子どもの未来を作るには、まずお母さんが子どもを信じて、ハッピーでなければ子どもだって自分を信じることはできないだろうし、ハッピーになれないと思うんです。

子どもにやりたい事をやらせる、といっても。日々の宿題、定期テストなど『20世紀型教育』の最中に100パーセントそうあることは難しいかもしれない。でも、毎日の生活で少しずつ、少しずつ取り入れることができたら。未来に適応するお子さんへの一歩を踏み出すのではないでしょうか。

眠くなるランチ後の昼下がり。ランチワインまで頂いて参加したのに全くでず、楽しめました!

E5A55B4E-5347-4708-84F1-6B22EC9EFA46
不謹慎であるかもしれないけど、お母さんはハッピー。
この幸福感を子どもに伝染させ、未来を生き延びる子どもを育みま〜す。

皆さんも、子どもの未来のために。
毎日のハッピーを、忘れないでね♡

すっごく楽しい講演会だったので
また次回ありましたら、予告報告しますね。

日々の活動悲喜こもごもつぶやきます。

よろしければご覧ください♡

うえっちインスタグラム

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 子育て
  4. 250年ぶりの歴史の転換期。日本の教育はこう変わる!

会員登録・変更