1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 毎日の♥ちょこっとHappy♥を探して
  4. おでかけ
  5. <東京マラソン>のフィニッシュ地点

リビングメイト

毎日の♥ちょこっとHappy♥を探して

KAZUKO

東京都

小学生の息子に手を焼くママです。ミュージカル&宝塚の観劇、外国人マダムの家庭料理を習う、アフタヌーンティーに行きおしゃべりでストレス発散!息子と空手を習ってマス♥ポーセラーツと紅茶&お菓子の「HARU*prism ハル・プリズム」主宰♥

毎日の♥ちょこっとHappy♥を探して

<東京マラソン>のフィニッシュ地点

 

2月25日(日)は東京マラソンですね~!

東京マラソン公式HP スケジュール

 

私は走るの苦手なので、心の中で走る皆さまの応援を

友人が第一回に参加できて以来、ほぼ毎年エントリーしているようですが中々当選せず・・・
今年は「当たった参加できる~♥♥♥と楽しみにしています。
ガンバレ~

 


さて先日、別の目的ではありますが、この東京マラソンのフィニッシュ地点を通って来ました。

ここは様々な感動の瞬間が生れることろなんだぁ・・・なんて、一人勝手にしみじみしてしまいました。

 

そして、東京駅の美しいこと

IMG_1677

 

IMG_1674

 

外に出ないとこの優美な姿は見られません

私もいつもは乗り換えだけとか、地下道通ってとかが多いので・・・
久し振りに「皇居方面」からこちらに向かって歩きました。

この日の目的は、東京駅に隣接する「東京ステーションホテル」の、ホテル館内ツアーなんです。

IMG_1653

 

館内見学ツアーでは、重要文化財である東京駅丸の内駅舎の中にあるホテル各所を巡りながら、ホテルスタッフの方にご案内いただけます。
お部屋はアンバサダースイートルームを見せて頂けました。
HP客室一覧

窓の外は、東京駅丸の内口の駅前が眼下に広がる素敵な眺めです

IMG_1615IMG_1619

多くの文豪がこのホテルを愛した歴史から、お部屋にあるメモは<原稿用紙>になっているんですって。

様々な人が集い、物語が生まれる東京駅。その中にある東京ステーションホテルには文豪達にまつわる多くのエピソードが存在します。
特に知られているのは松本清張の小説『点と線』。小説の中に列車の時刻表を使ったトリックを着想したのは、松本清張が1956年(昭和31年)頃にホテルに度々逗留し、客室から見渡せたプラットフォームを見ていた際だったと言われています。
川端康成は同じく1956年に一か月ほど滞在し、小説『女であること』を執筆。同作は後に原節子主演で映画化され、しばらく映画に使われた客室の予約が殺到しました。また大の鉄道好きだった随筆家の内田百閒はホテルを定宿にし、江戸川乱歩は推理小説『怪人二十面相』で名探偵明智小五郎と怪人が虚々実々の駆け引きをする場面を、客室を舞台にして描きました。
東京駅という多くの人が交錯する場所。そしてホテルにもその息遣いが伝わるからこそ、多くの文豪達に愛されたのかもしれません。

(東京ステーションホテルHPより)

IMG_1627

 

東京駅の丸の内口のドーム天井を、ホテル内アーカイブバルコニーから眺めながらレリーフや建築についての説明を聞きました。

有名ですが、モスグリーンの丸いレリーフは干支になっていて、ドームが八角形なので8支しかいません。いない4支はどれ?私の干支はいない方でした

IMG_1635IMG_1632

こちらは宿泊者のみが朝食を頂ける「ゲストラウンジ アトリウム」。素敵~
IMG_1610

館内ツアー付プランいくつかありますよ~

東京ステーションホテル公式HP

 


お土産にはホテルオリジナルの紅茶を購入しました。

IMG_1654

ホテルオリジナルアイテム

 

ちなみにオリジナムアイテムは、東京駅丸の内口の中にある「銀座松屋」さんのショップで購入できます。(画像は公式HPよりお借りしています)

次回東京駅に行ったら、今回は買わなかった「文豪セット」買おうかな~

MAP

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

Mrs.Setsukoより 2018/02/23 09:36

こんにちは。ホテルの中って、宿泊しなくても見ることができるんですね。初めて知りました。今度、行ってみます!

KAZUKOより 2018/02/23 18:38

Mrs.Setsukoさま♥
そうなんですよ!!私もこんなツアー初めてです(*^_^*)

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. おでかけ, グルメ
  4. <東京マラソン>のフィニッシュ地点

会員登録・変更