1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!
  4. 子育て
  5. 【2歳児 小規模保育園】卒園間近に転園をした話(1)【保活】

リビングメイト

節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!

ばやてぃん

埼玉県

2016年生まれ(3歳)の娘がいます。フルタイム勤務。家事は苦手。節約&手抜きをしながらの楽しい育児を目指しています!!ちょっとした情報ばかりかもしれないけれど、同じような新米ママさんへの『ヒント集』代わりになれば幸いです。

節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!

【2歳児 小規模保育園】卒園間近に転園をした話(1)【保活】

ちょこちょこ話題にしていた保育園の話。

 

保活以外のホカツしてますか?【育休ママへ】入園前にしていてよかったこと

新生児・乳児の育児で使えた「代用品」…買わずに節約できたもの

タンスの肥やしのTシャツを、節約保育園着にリメイク★個性派ズボンに変身

家族の名前、書きすぎて疲れる前に…【氏名印】買って損はない!!

 

昨年秋に、【氏名印】の記事にて「2回目の保活をしている」とお話をしていたのですが、なんと思いがけない形で「2回目の保活」に幕がおろされました。

 

2歳クラス 2月で転園

 

※何度か書いていますが保育園事情は地域によってかなり差があります。同じ行政でも住んでいる場所によってだいぶ違うでしょうし、行政が違えばてんで違うと思います。なのでまあ、鵜呑みにはしないので欲しいのですが我が家の体験です。

 

1月も後半戦になった頃、仕事中に知らない番号から着信が。
何のセールス~?最近何のアンケートで個人情報書いたっけ~?
なんてのんきに思って出ずにいたら、検索してみたらなんと、役所ではないですか!

でも、2月に転園なんていう発想がなかったので、
「え…今さら申請書に不備があるとか、保育園に入れませんとか言わないでよ…」
なんてよく分からないことを考えていたのですが、急いで折り返し電話したところ、「転園希望を出していた5歳までの認可園に空きが出たので、2月1日に入所できます。」ということをズバッと言われました。

 

ちょっと頭いっぱい~!

2月1日から入れますってねえ、もう半月切ってるよ?!

 

って、【転園は急である】、というのは噂には聞いていたのですが、いざ言われるとパンチがありました。

転園希望は1歳クラスの頃から出していて、何度か内容を変えつつ(最初は近い園だけ書いて、徐々に広げていった)書類を出していたので、かなり長い間待って待って、やっとこさ来た連絡でした。もう、来ないで終わると思ってた…。

第1希望園ではありませんでしたが、何せ4月入所についてはどこかに引っかからないと仕事ができないので、行ったことも見たこともない地(決まったら自転車ぶっ飛ばしていくしかないと思っていた)のよく分からない園まで含めて15園書いていたほど。

そんなよく分からない園(←これは土地勘がない上、見学すらしてない私が悪いんですが)に比べれば、希望順は上位で、雰囲気も良く私が気に入っていた園で、最初の保活時から憧れている園でした。

 

一応うちの地域の転園希望届には「1度転園が決まったら断れない」という誓約がありますが(厳密にいうと、蹴ることはできるが元の園からも籍を抜かれます。)、2月という微妙な時期。4月の入園申請も出していたため、「今回の転園が決まれば4月入園の申請は同時に取り下げになる(※)。4月入園を希望するなら、今回の話はなかったことに。結果的にどちらのほうが希望順位の高い園に決まるかは分かりません」という説明をされました。

※そもそも入園申請をする理由が小規模保育園を卒園するから、であったので、5歳までいられる園に転園すると申請理由がなくなるためです。

 

やばいっ。これは高校受験に受かった時並みのバクバク感だぞ!(※大学はAO入試だったのでほぼ確実だった)やばいぞ私!人生の分岐点!!!!とか思いつつ、とりあえず出た言葉は

「一応家族全体にかかわる話なので、夫に相談してみてもいいですか?」

でした。ただ、そもそもは話が来たら蹴れないというルール。
役所の方から言われたのは

「えっと…12時くらいまでなら(この時、11時)…もしばやてぃんさんが取り下げるのであれば、他の順番待ちの方に電話することになるので…

そうだよね。待ってる人、ほかにもいるよね。他の人だって、こんなパツパツの日にちに電話もらっても困るもんね。一刻も早く話を振りたいよね。

待っている人もいる中で、やっとやっと回ってきた話。

 

仕事中にあんた何を不真面目な、とは言われそうですがこちらは親子の人生の転機。急いで夫に相談…というか、もう答えはほぼ一択だったのですが、一応確認を取り、転園する!と決断し、役所に電話をしました。

電話をあちこちかけるのもそうですが、急に「受験戦争みたいなものから逃れられた安堵」みたいのと、転園準備への不安で、頭はいっぱいいっぱい。結局午前中、ぜんぜん仕事になりませんでした~(ダメ社員)。

1550061756864

奇しくも、入園日は娘の誕生日。
結局途中からは娘の誕生日ということを忘れかけ、転園で頭がいっぱいでした(笑)

 


個別での説明会は入園1週間前

役所からは、正式な書類を郵送するのでそれから園に電話をしてください。と指示されていましたが、書類がなかなか届かず、ヤキモキ。それから電話をしましたが、日程調整などもあって説明会(といっても個別対応)は入園の1週間前でした。

1550061785421

やっぱり数年後までの約束が決まるとホッとします

幸い見学の経験や、見学以外にも地域の乳幼児を遊ばせてくれるシステムがあった園だったため、育休中に何度か足を運んだ経験が私にはあり、場所や中のようすが分かるのは、2年前の私グッジョブ!!でした。ただ、見学者には保育園案内のようなものはいただけない園だったので、細かい持ち物までは説明会までわからないのが不安な点でした。

そして、夫はこの園の場所すら知らず、何度説明しても「よくわからない」と言われ………説明会も平日だったので、できれば参加したいと言っていましたが急な仕事が入り、無理になってしまいました。はい、続きは後日談にて。

 

 


園が違えばルールも色々

本人のようすも見たいので、子供を連れて来てくださいとのことで、保育園の帰り(しかも週末で荷物どっさり)にそのまま立ち寄りましたが、持ち物の説明を受ける中で先生が今つかっているものを見て「これは、このままこっちでも使えますね!」など、判断をしてくれたので、結果的にこれは正解でした。

これは私の好みの問題も影響があるかもしれませんが、ガチガチに制服あるいは布オムツなどでキメてくる保育園よりは、なるべく自由に親子の負担なく通える園がいいと思って希望を出していたこともあり、前の園も今度の園も、そこまでは持ち物にはうるさくなかったのは、今回の転園でラッキーだった点でした。幸いほとんどのものはそのまま使うか、家にあるものを足して用意することができました。

あとは、前の園は下の名前だけでの記名でもOKだったため、新しい園でも同じクラスに同じ名前の子がいないかどうか確認し、居なかったことも名前付けの手間が省けて助かりました。

唯一の手間は、布団類の名前を付ける位置が違ったこと。
やっぱり布団だけはルールが割と決まっていますよね。。

あとは園帽子や名札、セキュリティカードの買いなおしで教材費がかかりましたが、5000円以下で済みました。これはもう、小規模保育園に決まった時点で読めていた経費なので、思ったよりはかからずに済み良かった~と思いました。

一番衝撃を受けたのは、スカートもパーカーもOKだったこと(一部条件つき)。今までダメだったので「うっそ~!じゃあ休みの日しか着れなかったアレもコレも園に着れる~!」。色んな意味で嬉しくて仕方がない…母w 自由な園でほっとしています。


 

ちょっとしたカルチャーショック?
「3歳クラスへ向けた練習」

小規模保育園と5歳児までの園はやっぱ違うわ~と痛感したのは、説明のときにちょこちょこ出てくる「3歳クラスへ向けた練習」。

具体的には、エプロンの廃止、パジャマと簡易ベッドの導入でした。

もちろん小規模保育園でも、年齢があがるにつれて「この持ち物はもういらない、代わりにこれを持ってきましょう」という指示は何度かありましたが、卒園のその先に挙げられた目標というものはなく…雲の向こうに隠れていたものが急に具体的にふっと近くにやってきたような気持ちになりました。

そして、次クラスへの説明会が直後にあると言われて、「そ、そっか~」となりました。同い年の子は幼稚園にあがる年齢ですものね。しおりを見ていると、持ち物もかなり変わるようです。

 


 

子供にとっては異動は当たり前?
当事者になるかどうかだけ

私自身は幼稚園に通っており、引っ越しも結婚の時しかない,ある意味ぬくぬく温室育ち。
転校の経験がありません。

そんな私が2歳児にどうやって伝えれば?寄り添えば?分かってもらえるだろう…
しかも急だし…。

なんて心配したのですが、大事なことを私は忘れていました。

小規模保育園に通っている娘は、人の出入りがあるのは日常茶飯事。
育休復帰のタイミングも人それぞれですから、途中からクラスに入ってきた子は半数くらいを占めていました。
逆に、年度の途中で出ていく子もたくさんいます。今までそんなことを沢山見てきたでしょうから、娘にとっては「次は自分の番なんだな~」くらいにしか思っていなかったようです。転園が決まり先生に報告したので、先生も保育園で本人や周りの子に説明をしてくれていたようで、これも助かりました。

幸い場所見知りや人見知りをせず物怖じしない娘は、説明会の日に立ち寄った教室で、先生やお友達とすっかり溶け込んでいました。

初日の朝一だけちょっと戸惑いがあったようですが、それからも特にゴネられたりすることなく、通ってくれています。おかげで慣らし保育も1週間もせず完了しました。


次回へ続く

やっぱり書ききれなかったので次も書きます。

次回は

「子連れ出勤はつらいよ」
「転園に慣れないのは子供じゃなくてパパ」
「小規模保育園は悪か?」
「やっぱり氏名印は強かった」
「次の転園希望は出す?出さない?」

の5本でお送りいたしま~す(予定)。

保活ママ、復帰ママ、ワーママ、
みんなまとめて頑張りましょう!(雑か。)

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 子育て
  4. 【2歳児 小規模保育園】卒園間近に転園をした話(1)【保活】

会員登録・変更