1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!
  4. おでかけ
  5. 『老舗を知る』新鮮さ。《コロンバン》のスイーツは新しい発見も沢山

リビングメイト

節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!

ばやてぃん

埼玉県

2016年生まれ(3歳)の娘がいます。フルタイム勤務。家事は苦手。節約&手抜きをしながらの楽しい育児を目指しています!!ちょっとした情報ばかりかもしれないけれど、同じような新米ママさんへの『ヒント集』代わりになれば幸いです。

節約育児♥チリツモ精神で充実LIFE!!

『老舗を知る』新鮮さ。《コロンバン》のスイーツは新しい発見も沢山

リビング編集部にお招きいただいて、洋菓子メーカー「コロンバン」の初夏のスイーツ試食会に参加させていただきました♪

コロンバンhttps://www.colombin.co.jp/

原宿本店サロンhttps://www.colombin.co.jp/shop/harajuku.php

36651089_1301570723306903_4642935843990798336_n

36650885_1301568863307089_8100080639744671744_n

今回試食させていただいたのは、「コーヒーゼリー」「ソーダゼリー」「フルーツゼリー」と、「ヨーグルトレモンロール」、「ババロアエリート・オランジュ」の5種類のスイーツ。

どれも見た目的にも涼しげでおしゃれ♪夏にぴったりのスイーツだったので、ご紹介します。

ゼリー3種

36652499_1301570713306904_8219022414613315584_n

左から
「コーヒーゼリー」540円
「ソーダゼリー」648円
「フルーツゼリー」648円 です。

コーヒーゼリーはドリップコーヒーを抽出したゼリーにカフェオレムース、生クリームが重なって3層になっています。このクリームとムース部分がフワフワ!しかも厚みがあって贅沢です。

もちろんコーヒーゼリー部分も美味しく、実はコーヒーゼリーの部分をもっと楽しみたいというお客様の声から、前年もっと層が厚かったクリーム系の部分を2層にしたというお話がありました。
絶妙なバランスを追求されていて、シンプルだけれどこだわりのあるおいしさです。

36689290_1301568719973770_2238683352930451456_n

一見2層ですが、よく見ると3層!

36696294_1301570686640240_2818642570844831744_n

フルーツゼリー(右)は、白桃のフレーバーが「ほのかに香る」ゼリーがポイント。
ジュースほど濃すぎず、流行りのフレーバーウォーターのようなほのかさが、涼しげで沢山入ったフルーツの味を邪魔しません。下には杏仁豆腐の層も!

36652458_1301568766640432_6107756598027878400_n

そしてそして、私がメインでいただいた「ソーダゼリー」!

見た目の青がインパクト大で「インスタ映え」狙いの一品です。
写真にして映えるように、濃いめのエメラルドブルーにこだわったとのこと。

36675853_1301568569973785_7624841636563910656_n

そしてなんと言っても注目は…
「ソーダゼリー」ということで、口に入れたときの「炭酸感」!
器の外から見てもシュワシュワ感が伝わるかと思いますが、
本当にピリっとシュワっとするんです!!
この炭酸の刺激を強めに出すことにこだわったとのこと。

ちょうど今年は強炭酸はトレンドだなと感じていたので、まさに今年の夏にはぴったりの一品だと思います。
↑春に強炭酸の炭酸水のサンプリング配布を大々的に会社の周りでしていて(普通の駅なんですけどね)、今飲料メーカーが力を入れてるんだなあと体感したりもしていたので…

36679864_1301568673307108_1964383144857567232_n

36544554_1301568449973797_958248632992137216_n

フルーツも星型になっていたりと可愛い!

ゼリーもくちどけの違いにこだわって、層によってゼラチンと寒天を使い分けたりしているそうですよ。ゼラチンだと口の中で溶ける「くちどけ」感を。逆に寒天だと溶けないので、「噛む」食感をたのしめるんだそうです。

 

ヨーグルトレモンロール
八丈島の特産レモン♥

36730189_1301570809973561_72750565536301056_n

(税込み1296円)

名前も見た目も間違いなくさっぱり涼し気!のコチラ。

36758854_1301570696640239_1301790199277158400_n

実は、ロールケーキの中に塗ってあるレモンジャムに秘密あり!

ジャムは「八丈フルーツレモン」という八丈島の新しい特産品を使用しているのがポイント。

「八丈フルーツレモン」がデビュー!(東京都ホームページ)http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/12/20oc9400.htm

完熟させているので、酸っぱさがまろやかになっていることや、皮の苦みがないことが特徴。
確かに美味しくてぱくぱく食べれてしまいます。

そして大きさも普通のレモンの2~3倍とのこと。(上に乗っているレモンは違います)

実際見てみるとかなり大きいと感じるそうで、このまだ見ぬ「八丈フルーツレモン」が気になった一同でした!

こちらのレモン、生産量に限りがあるため、あちこちと提携してスイーツなどに加工するのは難しいんだそう。かなり、話題性とレア度ありだと思います。ジャムは島の方たちの手作業で作られているとのこと。

東京都の洋菓子メーカーと東京都の農産物とのコラボ、素敵な取り組みですね!

 

ババロアエリート・オランジュ

36682998_1301570899973552_5419725969902534656_n

普段はこちらのイチゴバージョン「ババロアエリート」が販売されているそうなのですが、夏限定でオレンジバージョンである「ババロアエリート・オランジュ」が販売されています。

ババロアの下には卵風味が効いたスポンジ生地が。カステラに近いイメージと言われてなるほどと感じましたが、こういった和洋折衷感も昔からある定番商品ならではなのかもしれません。

食感の違う2種類のスイーツが一緒に楽しめるような感覚で、ロングセラー商品なんだそうですが私には「新しい!」一品でした。

ちなみにこちら約15㎝角のしっかりしたサイズのケーキですがお値段は1296円。税抜きでいえば1200円です。

老舗のおもたせケーキなのに意外とリーズナブル!でみんなで「え?そんなお値段でいいの?」と話題になりました。ケーキに入った線通りカットすると9等分にできます。ちょっとした手土産に、気軽に持っていけるサイズとお値段でママ会などにもぴったりですね。

 

『老舗を知る』新鮮さ
親子3代で楽しめるラインナップ
定番はある意味で「新鮮」!

実は今までコロンバンといえば焼き菓子のイメージが強く、デパ地下で手土産…という印象のお店でした。お店の名前やロゴは分かりますが、そういったところから老舗イメージが強く、若い人向けのイメージではないかな~という先入観が正直ありました。

でも、上で紹介した、フォトジェニックを意識したようなゼリーなど、若い人をターゲットにした新商品もありますし、

逆に、ロングセラー商品である「ババロアエリート」のような商品も沢山あり、これが親世代、祖父母世代には「なつかしい」「定番」「コロンバンといえばこれ!」という安定感があるでしょうし、私にはもはや「新鮮!」味がありました。

ババロアエリートのほかにも、ご紹介いただいたのは

36709400_1301568266640482_732963802881982464_n

バタークリームのケーキ

バタークリームらしい、装飾(絞り)にこだわれる特徴を前面に押し出した、バラの絞りがとっても素敵です。

母が「小さい頃は生クリームなんてなくってバタークリームが普通だったよ~」と言っていて気になってはいたけれど、お店に行っても売っていないのでなかなか食べる機会がありませんでした。(で、気になっていた私は…母にねだって昔のレシピ本を見て自分で作ったことがあります…当時、こうするしかなかったのです…笑)

コロンバンでは定番だそうで、もはや指名買い。クリスマスケーキとなるとバタークリームのほうが最近は人気なんだとか!他のお店でなかなか見かけないからこそなのかもしれませんし、最近じわじわ再ブーム感もありますね。

それこそ親は思い出話として語るバタークリーム、味はもちろん絞りの装飾は生クリーム当たり前の私世代には新鮮に映るはず。
いつか購入して私も食べてみたいです!

 

そして他にも

36652449_1301568373307138_634389012039073792_n

サバラン

これも私にとっては、名前とケーキの感じは分かるけれど、食べたことがあるかと言われると1,2回がせいぜいかなあといったところです。

フルーツの乗っていないのっぺりしたサバランの印象が強かったので、第一印象は「えっ!かわいい!」でした。

36683945_1301568359973806_4279482590278189056_n

こちらも老舗ならではのエピソードで、味付けは昔と変わっていないんだそう。
お酒のいやらしさみたいのがなく、お酒に抵抗がある人でもぱくぱく食べられてしまうのではと思います。外のあんずジャムの甘さとのバランスが良く、あとは個人的にはちょこっと乗った生クリームと一緒に食べるとより美味しく感じました!

 

原宿駅のすぐそばという好立地で
ゆったりすごす贅沢!
ランチやモーニングも

今回原宿本店サロンにお邪魔して、駅のすぐそばだったのでびっくりしました。

36678966_1301568029973839_6233008440063557632_n
何しろ原宿駅から3,4分。表参道駅からも同じくらいの所要時間です。(路線が違う人と待ち合わせして利用するにもいいですね!)原宿駅からだと東急プラザより手前です。本当に好立地。

それでいて店内はゆったり!そして落ち着いています。
若者向けのお店は食べ歩きが当たり前で、ゆっくり落ち着いて食べられるところがなかなかないエリアというイメージでしたが、こちらなら買い物の後でもゆっくり休むことが出来てすごく良いと思いました。

それでいてケーキとドリンクで1000円程度というお値段も良心的!安心!と思いましたが(しかもドリンクの大きさが大きくてたっぷり!)、さらに大注目なのは

ランチやモーニングもある!

ということ。おまけにランチで価格は1000円~1200円程度でドリンク、スープ、デザート付き!という良心価格。

36637428_1301568136640495_3195267750519898112_n

なんとコロンバンは自社の農園も持っているそうで、お野菜は自家製のものも沢山使っているそう!知れば知るほど奥が深いです。おまけに洋菓子店のデザートなんて間違いない!これはとってもお得だなと思いました。次原宿に遊びに行く時は、、、行くしかない!

 

さらにさらに!
原宿で「養蜂」というチャレンジャー

36712162_1301568063307169_7620482386492391424_n

まだまだあるコロンバンエピソード。

原宿のサロンの屋上では、「養蜂」
つまりミツバチを飼って、ハチミツを生産しているそう!

素材への想いhttps://www.colombin.co.jp/colombin/sozai.php

言われてみれば明治神宮、代々木公園、新宿御苑など結構緑が多い一帯。
そういえば私の母校は文化女子大学(最寄は新宿駅だけど住所は渋谷区代々木なんです)ですが、校歌で「代々木の杜の深緑~」なんて歌詞がありましたっけ…卒業式でしか歌わないんですけども。笑

そんな思い出と繋がったコロンバン!

まさか養蜂に生かされるとはなあ!

そのハチミツを利用したプリンやロールケーキなども販売されています。

36630776_1301568223307153_9185043688575729664_n

「都会の真ん中で養蜂」という新鮮さ、ギャップは話題性抜群ですね。
テレビでもよく取り上げられているんだそうで
店頭には「ペコジャニ∞!で紹介されました」のPOPが!

36668731_1301568269973815_8548001086827397120_n

容器にもこだわりアリのはちみつプリン。是非こちらも今度ためしてみたいです。

 

本当に新しい発見がたくさんあったコロンバンの試食会。
老舗ならではのエピソードもたくさんあり、昭和史大好きな私はお話を聞いているだけでも楽しい時間でした!
おまけに自社農園、養蜂、ランチ・モーニング…本当に奥の深いお店でした。
老舗だからといって若い人が遠ざけてしまうのは勿体ない!と反省でもありました…。
老舗には老舗が愛され続ける理由や背景がちゃんとあるし、親子3代の話題にもぴったり。
新しい発見や話題作りに、是非、足をはこんでみてくださいね。

36641484_1301567953307180_4397095566689959936_n

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. おでかけ, グルメ
  4. 『老舗を知る』新鮮さ。《コロンバン》のスイーツは新しい発見も沢山

会員登録・変更