1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ」町田市立博物館

「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ」町田市立博物館

世界を旅した珠玉のヴェネチアン・ビーズを紹介
体験会ではネックレスが作れます

町田市立博物館では、3/10(土)~5/6(日)、「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズー16世紀のアフリカトレード・ビーズから20世紀のコスチューム・ジュエリーまで―」を開催します。

町田市立博物館展覧会ポスター

町田市立博物館
本展では、ヴェネチアン・ビーズの源流をたどります。写真は「古代ビーズネックレス」フェニキア、イスラームほか BC7~AD13世紀

17世紀以降、イギリスやボヘミアなど新興のガラス生産地に押されがちだったヴェネチアは、ビーズ製造とその輸出に産業の活路を見出しました。ヴェネチアン・ビーズの魅力は、輸出先の好みに合わせて実に様々な種類、紋様があることです。それらは商人たちの手によってアフリカ、アジア、アメリカにまで、海を越えて運ばれて行きました。アフリカやアジアで好まれたのは大胆な色と柄のビーズで、ヨーロッパ市場に向けては繊細なデザインのビーズが作られていました。

町田市立博物館 町田市立博物館アフリカトレード・ビーズは現地の人々の好みを反映させて、大胆な文様とカラフルな色彩のビーズが多様されました。写真はいずれも「ムッリーネビーズネックレス」ヴェネチア 1920~25年

20世紀に入ると、アメリカ人ジュエリーデザイナー、ミリアム・ハスケルによって、宝石を使用しないアクセサリーを意味する「コスチューム・ジュエリー」の素材にヴェネチアン・ビーズが使われるようになりました。

町田市立博物館
ヨーロッパの市場に向けて製造された、繊細で優美なビーズの数々。アフリカ向けのデザインとの違いを楽しんでみて。写真「ソフィア―テビーズネックレス」ヴェネチア 19~20世紀

本展では、コレクターの小瀧千佐子さんが集めた、16世紀から20世紀までのヴェネチアン・ビーズのアクセサリーなど約120点を展示し、その歴史と魅力を紹介します。世界中を旅した、美しいヴェネチアン・ビーズの数々を見てみませんか。

 

町田市立博物館 町田市立博物館
ヴェネチアン・ビーズの新たな可能性を見出したミリアム・ハスケルのアクセサリーと、ヴェネチアン・ビーズは使用していないものの、「コスチューム・ジュエリー」の立役者であり、ハスケルに多大な影響を与えたシャネルのアクセサリーも展示します。写真左から、ミリアム・ハスケル「ネックレス、ブローチ、イヤリング」アメリカ 1950年代、シャネル「ロングネックレス」フランス  1955~60年

会期中、講演会、体験講座などのイベントも多数開かれます。詳しくは下記参照。

 「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ
会期:3/10(土)~5/6(日)。9:00~16:30 ※月曜休館。ただし4/30(月・振休)は開館、翌5/1(火)休館
会場:町田市立博物館(町田市本町田3562)
アクセス:JR横浜線・小田急線町田駅下車。町田バスセンター11番乗り場から「藤の台団地」「鶴川団地」「鶴川駅」行きバスで「市立博物館前」下車徒歩7分
入館料:一般300円、中学生以下無料、障がい者は半額
問い合わせ:電話=042-726-1531

 

 

「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ」関連イベント

講演会「ビーズの歴史」
講師は、谷一尚さん(林原美術館館長)。参加無料(要入館料)。
日時:4/8(日)14:00~15:30
会場:町田市立博物館 2階講堂
定員:先着60人(予約不要)

出張講座「とんぼ玉制作体験&吹きガラス工房見学」
ガスバーナーを使用してとんぼ玉を2点制作します。あわせてガラス作家による吹きガラスのデモンストレーションを見学。要予約。
日時:3/21(水・祝)①午前の回=10:00~12:30、②午後の回=13:30~16:00
会場:厚木グラススタジオ(厚木市妻田北2-13-8)※現地で集合・解散
定員・対象:各回12人、小学4年生以上※小学生は保護者同伴、要予約
材料費:3600円
申し込み方法:町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)または町田市イベント申し込みWebサイト「イベシス」で申し込み

体験講座「ヴェネチアン・ビーズで作るデザインネックレス」
講師は、本展監修の小瀧千佐子さん。
日時:4/22(日)①午前の回=10:00~12:00、午後の回=14:00~16:00
会場:町田市立博物館 2階講堂
定員・対象:各回20人、中学生以上 ※要予約、要入館料
材料費:4500円
申し込み方法:町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)または町田市イベント申し込みWebサイト「イベシス」で申し込み

ギャラリー・トーク(担当学芸員による展示解説)
日時:3/10(土)・18(日)、4/1(日)・14(土)、5/5(土・祝)・6(日)各日14:00~14:30
会場:町田市立博物館 1階展示室
定員:各回20人(予約不要、要入館料)

マルのつく日は缶バッジ・デイ
毎月10・20・30日(月曜休館の場合は翌火曜)の各日先着20人(1人1日1個限定)に、展覧会の内容にちなんだオリジナルデザインの缶バッジがもらえます。展覧会を鑑賞した人が対象です。異なる柄の缶バッジを5個集めると、「特大プレミアム缶バッジ」をプレゼント!
開催日:3/10(土)・20(火)・30(金)、4/10(火)・20(金)・30(月・祝)
町田市立博物館
デザインは日替わりです

 

※イベントへの参加は、入館券が必要です

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ」町田市立博物館


会員登録・変更