1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 没後50年記念「加藤土師萌 展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」町田市立博物館

没後50年記念「加藤土師萌 展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」町田市立博物館

色絵磁器を極めた人間国宝の作品を一堂に

町田市立博物館では、12/8(土)~2019年1/27(日)、没後50年記念「加藤土師萌(かとうはじめ)展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」を開催します。

町田市立博物館展覧会ポスター

重要無形文化財保持者(人間国宝)加藤土師萌(1900ー1968)は、横浜市の日吉に窯を築いて作陶した、日本を代表する陶芸家です。

愛知県瀬戸市生まれ。多治見の岐阜県陶磁器試験場(現・岐阜県セラミックス研究所)で窯業技術と陶磁器デザインの開発に関わり、昭和12年(1937)パリ万国博覧会では日本館の装飾を手がける陶磁器デザイナーとして活躍しただけでなく、自身の出品作がグランプリを受賞するという快挙を成し遂げました。

 

町田市立博物館「萌葱金襴手丸筥」昭和33年 東京国立近代美術館蔵

その才能と豊富な技術や知識、デザイン力を開花させ、独立、そして日吉窯を開くに至りました。横浜に移住後は、東京芸術大学初の陶器講座担当教授として学生を指導する傍ら、中国色絵磁器の中でも最も難しいとされた「黄地紅彩(おうじこうさい)」や「萌葱金襴手(もえぎきんらんで)」などを再現。昭和36年(1961)には「色絵磁器」で人間国宝に認定されました。晩年は、皇居新宮殿に収める高さ150cmの大作「萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺」の制作に没頭し、完成間近の昭和43年(1968)にこの世を去りました。

 

町田市立博物館 町田市立博物館
写真上・左から「黄地虹彩蜂葡萄文角皿」昭和29年 岐阜県現代陶芸美術館蔵、「鳳凰香爐」昭和8年 岐阜県セラミックス研究所

町田市立博物館
スケッチ「オーフス」デンマーク 昭和32年

本展では没後50年を記念し、多治見での初期の作品群と日吉窯で手がけた多彩な技法の作品から、その比類ない技術と創造性を明らかにします。古陶磁の調査や海外視察の際に描かれた美しいスケッチ、心酔した中国の古陶磁なども併せて展示し、芸術家にして陶磁器研究者、さらにデザイナーとしてもすぐれた功績を遺した幅広い創作活動を紹介します。会期中、一部展示替えあり。

会期中、講演会、体験講座などのイベントも多数開かれます。詳しくは下記参照。

 

没後50年記念「加藤土師萌 展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」
会期:12/8(土)~2019年1/27(日)。9:00~16:30 ※月曜休館(ただし祝日は開館、翌火曜休館)、年末年始12/28(金)~1/4(金)は休館
会場:町田市立博物館(町田市本町田3562)
アクセス:JR横浜線・小田急線町田駅下車。町田バスセンター11番乗り場から「藤の台団地」「鶴川団地」「鶴川駅」行きバスで「市立博物館前」下車徒歩7分
入館料:一般300円、中学生以下無料、障がい者は半額
問い合わせ:電話=042-726-1531

 

没後50年記念「加藤土師萌 展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」関連イベント

①講演会「陶芸家加藤土師萌にみるデザイナー的気質-岐阜県陶磁器試験場時代を中心に-」
講師は、立花昭さん(岐阜県現代陶芸美術館・学芸員)。参加無料(高校生以上要入館料)。
日時:12/15(土)14:00~15:30
会場:町田市立博物館 2階講堂
定員:先着60人(予約不要・当日先着順)

②講演会「中国磁器にあこがれて-加藤土師萌の技法研究と創作」
講師は、木田拓也さん(武蔵野美術大学教授)。参加無料(高校生以上要入館料)。
日時:2019年1/6(日)14:00~15:30
会場:町田市立博物館 2階講堂
定員:各回20人程度(予約不要・当日先着順)

③ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
日時:12/23(日)・24(月・振休)、2019年1/13(日)・14(月・祝)・27(日)各日14:00~15:00
会場:町田市立博物館 1階展示室
定員:各回20人(申し込み不要。高校生以上要入館料)※参加無料

町田市立博物館 ④博物館で年中行事「UVレジンでクリスマス・オーナメントをつくろう!」
UVレジンを流し込んで、1人2点オーナメントを制作します。講師は、同館学芸員。小学生は保護者同伴で、保護者は見学のみも可。
日時:12/16(日)午前の回10:00~11:30、午後の回14:00~15:30
会場:町田市立博物館 2階講堂
参加費:1000円(当日支払い)
定員:各回16人(申し込み順)
申し込み:12/4(火)12:00から、町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)、または町田市イベント申し込みシステムWebサイト「イベシス」へ


町田市立博物館
⑤マルのつく日は缶バッジ・デイ

毎月10・20・30日(月曜休館の場合は翌火曜)の各日先着20人(1人1日1個限定)に、展覧会の内容にちなんだオリジナルデザインの缶バッジがもらえます。展覧会を鑑賞した人が対象です。異なる柄の缶バッジを5個集めると、「特大プレミアム缶バッジ」をプレゼント!
開催日:12/11(火)・20(木)、2019年1/10(木)・20(日)

デザインは日替わりです

※①~④のイベントへの参加は、入館券が必要です

Topへ戻る

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 没後50年記念「加藤土師萌 展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン」町田市立博物館


会員登録・変更