1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, ミュージアム・スタジアム, 催し・祭り
  4. 大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」町田市民文学館ことばらんど

大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」町田市民文学館ことばらんど

デザインされた文字の美しさに注目!
関連イベントも多数

町田市民文学館ことばらんどでは、4/20(土)~6/30(日)、大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」を開催します。

 

ことばらんどイベントポスター

本や雑誌はもちろん、テレビ、パソコン、スマートフォン、ポスターや看板など、私たちの暮らしは文字で溢れています。ついつい読み流してしまう文字も、目を凝らしてよーく見ると、用途や目的に合わせて選ばれ、デザインされています。

実験的タイポグラフィユニット「大日本タイポ組合」が、ひらがな、漢字、アルファベットを使って、文字で遊ぶユニークな作品展。

ことばらんど心(夏目漱石「こゝろ」)

「大日本タイポ組合」って?
1993年、秀親と塚田哲也の2人で結成。日本語の五十音や漢字、アルファベットを解体し、組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の概念や可能性を探り続ける実験的タイポグラフィユニット。2014年「文字による文字のための文字のサイト」type.centerを立ち上げ、様々な角度から文字の探求を続けている。ロンドン、バルセロナ、東京での個展のほか、世界各地で開催される企画展にも参加。山梨県立美術館で開催する「デザインあ」展(4/13~6/9)に、奥田透也、宇野由希子と共に制作した「名は顔をあらわす」で参加するほか、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催する「TDC2019」(4/3日~27)にも参加。
ことばらんど見て見て、顔のパーツが「ひでちか」「てつや」になってる! 

 

“文字”と“文学”はかたちが似ている、といった思いつきからスタートした、文字と文学の間をデザインする試みです。

デザインされた文字の美しさに、豊かな発想から生まれる文字の奥深さに、改めて文字の魅力を感じることができるはず。関連イベントも多数開かれます。※下記参照

ことばらんど  ことばらんど
写真左から、トイポグラフィ HORSE/馬(小島信夫「馬」)、書ヲスッテヨ、マッチへデヨウ(寺山修司「書を捨てよ、町へ出よう」)

大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」
会期:4/20(土)~6/30(日)。10:00~17:00 ※月曜(ただし4/29、5/6は開館)、第2木曜休館
会場:町田市民文学館ことばらんど
住所・アクセス:町田市原町田4-16-17。JR横浜線町田駅ターミナル口徒歩8分、小田急線町田駅東口徒歩12分
入場料:無料
問い合わせ:同館、電話=042-739-3420

 

大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」関連イベント

【オープニングイベント】
ライヴ&トーク「Match DA 文ッ字」
女子高生ラッパーの玉名ラーメン、東京藝大に在学し様々な分野で表現活動をしているなみちえ、大日本タイポ組合の4人が文字とことばの魅力を伝えるライブ&トークイベント。参加無料。
日時:4/20(土)10:00~11:00
会場:町田市民文学館 2階展示室
定員:60人(申し込み不要)

【ワークショップ①】
字ッ験工房「オリ字ナルブックカバーをつくろう!」

切り分けられた1枚のフェルトを使って、自分だけのオリ字ナルブックカバーを作りましょう。フェルトはアイロンで接着するので、針や糸の使用はありません。講師は大日本タイポ組合。
日時:5/12(日)14:00~15:30
会場:町田市民文学館 2階大会議室
対象:親子、子ども(小学生以上)、大人
定員:20人(申し込み順)
※4/16(火)正午から、町田市民文学館(電話=042-739-3420)へ電話で申し込み。定員になり次第締め切り

【講演会】
●「正木香子講演会、文字のチカラ~「文学×書体」味くらべ~」

すばらしい読書体験には、書体の存在が欠かせません。現代文学と書体とのさまざまな「名作組み合わせ」を例に、深い味わいを生み出した文字の役割について考えます。
書体を通して、私たちの誰もが持っている「本に出会う力」を発見し、新しい読書のきっかけになるような話を、文筆家・正木香子さんが話します。参加無料。
日時:5/19(日)14:00~16:00
会場:町田市民文学館 2階展示室
定員:80人(申し込み順)
※電話は、4/18(木)正午から町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ。7:00~19:00。1回線につき2人まで申し込み可。または町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190418B)へ。4/18(木)正午から24時間申し込み可

【時事鼎団①】
●大原大次郎×大日本タイポ組合字事鼎談「大大&大文ッ字タイポ話合」

星野源やSAKEROCKをはじめとする数々のミュージシャンのCDジャケットやMV、CM、TV番組のロゴデザインなど「文字」を題材にさまざまな仕事を手掛けながら、展覧会、ワークショップ、出版、パフォーマンスなどを通じて、ことばや文字の新たな知覚を探り続けるグラフィックデザイナーの大原大次郎(大大)さんと文字を解体し、組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の可能性を探り続ける大日本タイポ組合が文字のデザイン(タイポグラフィ)の現在について話し合います。参加無料。
日時:5/26(日)14:00~16:00
会場:町田市民文学館 2階展示室
定員:80人(申し込み順)
※電話は、4/18(木)正午から町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ。7:00~19:00。1回線につき2人まで申し込み可。または町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190418C)へ。4/18(木)正午から24時間申し込み可

【時事鼎団②】
●円城塔×大日本タイポ組合字事鼎談「文ッ字渦~文字の想像と創造~」

日本・中国大陸を舞台に漢字を巡る十二編の物語を収録した『文字渦』を著した作家の円城塔と「文字による文字のための文字のサイト」type.centerを2014年に立ち上げた大日本タイポ組合が、さまざまな角度から文字について語り合います。参加無料。
日時:6/9(日)14:00~16:00
会場:町田市民文学館 2階展示室
定員:80人(申し込み順)
※電話は、5/10(金)正午から町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ。7:00~19:00。1回線につき2人まで申し込み可。または町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190418C)へ。5/10(金)正午から24時間申し込み可

【ワークショップ②】
●字ッ験工房「活字を組み合わせて、名前入りポストカードをつくろう!

4マス×4マスで16個の活字を組み合わせて、オリ字ナルのポストカードをつくるワークショップ。2回連続なので、両日参加できる人に限ります。講師は、大日本タイポ組合。協力:有限会社新星舎印刷所
日時:6/15(土)・29(土)※2回連続講座
会場:町田市民文学館ことばらんど3階 第1・第2会議室
参加費:2000円
対象・定員:一般12人(申し込み順)
※5/10(金)正午から、町田市民文学館(電話=042-739-3420)へ電話で申し込み。定員になり次第締め切り

●大日本タイポ組合展ギャラリートーク(展ッ字解説)
同展の担当学芸員が、作品の解説をしながら展示室を巡ります。参加無料。
日時:4/23(火)、5/14(火)・25(土)、6/11(火)・30(日)、各日14:00から40分程度
会場:町田市民文学館2階展示室
※申し込み不要、直接2階展示室に集合してください

 

★「文ッ字フリマ」開催!
「文字による文字のための文字のフリマ」が、「文ッ字フリマ」として再び開催! 4/27(土)10:00~15:30。入場無料。詳しくはコチラ

 

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, ミュージアム・スタジアム, 催し・祭り
  4. 大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」町田市民文学館ことばらんど


会員登録・変更