1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 催し・祭り
  4. まちさがシネマニア「編集部発!好き好き♡シネマ」 

まちさがシネマニア「編集部発!好き好き♡シネマ」 

まちさが編集部は全員シネマニア!!

「ウフフ、週末アレ観ちゃった」「ねえねえ、コレ観たくない?」
シネマ二アぞろいのリビングまちだ・さがみ編集部では、こんな会話がしばしば聞かれます。

「まちさがシネマニア」の最終回では、そんな映画好きの編集部スタッフが、大好きな映画、映画へのアツい思いを語ります。さらに「こんな映画が観たい!」まで。あなたはどんな映画が好きですか?まちさがシネマニア

★しょうわまめはロードムービーが好き
ハーイしょうわまめです(なんだ、それ?)。ロードムービーが好きです。外国映画でよくあるのは、ひろ~い道路を車でぶっ飛ばす。景色もきれいだし自分も旅しているみたい! 列車の旅もいい。旅する中で絆が深まったり、閉塞感なく何となくストーリーも進んでいくのもロードムービーならでは!

3兄弟が魅惑のインドをダージリン急行で旅するヒューマンコメディ「ダージリン急行」。小太りのメガネっ子が美少女コンテストクイーンを目指して、黄色いワゴン車でクセのある家族と旅する「リトル・ミス・サンシャイン」が好きです。ドラッククイーンの物語「プリシラ」、2人の主婦がぶっ飛ぶ「テルマ&ルイーズ」とか、シェフが息子とキッチンカーで巡る「シェフ 三ツ星トラックはじめました」、中年のおばはんが砂漠のカフェに立ち寄る「バグダット・カフェ」もいい。

まちさがシネマニア
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年)
発売・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

★これ映画にしてほしいわーい
西加奈子の小説「漁港の肉子ちゃん」を藤山直美で映画化してほしい! 漁港に住む主人公の肉子ちゃんは、デブで不細工ですぐダメ男にだまされる女。 でもそんなことはお構いなし。底抜けの明るさで人気者。その肉子ちゃんは直美さまにぜひに! そんな肉子ちゃんには唯一の家族 キクりんという可愛い娘?が。2人を取り巻くストーリーなのです。

 

film_movie_line_bluefilm_movie_line_blue

 

★映画で世界の歴史を学ぶ!?
世界史は先生がコワくて苦手だったな(汗)。そんな寅子も映画でなら歴史のお勉強ができちゃう。ケイト・ブランシェット主演「エリザベス」(1998年)、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007年)を見たときは、実のところあんまりピンとこなかったんだけど、その後、「ブーリン家の姉妹」(2008年)を観て「ほぉ~、エリザベス一世はこうして生まれたわけだ!」とナットク。姉のアン(ナタリー・ポートマン)と妹メアリー(スカーレット・ヨハンソン)、王の愛はどちらに!?

そして、まもなく公開の「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(2018年)では、エリザベス一世とスコットランド女王のメアリー・スチュアートがイングランド王位継承権を巡ってバッチバチの火花を散らしちゃう、おおコワ~。メアリー・スチュアートを演じる、シアーシャ・ローナンが大好きなのでもう絶対観たーい!

まちさがシネマニアイギリス版“大奥”とも言われる「女王陛下のお気に入り」。女の嫉妬はコワいの!
Ⓒ2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

18世紀イングランドの王室を舞台に、女王に仕える二人の女性が“自分こそが女王の一番の存在”と主張して、ありとあらゆる手を使ってライバルを陥れようとする「女王陛下のお気に入り」(2018年)。女王アンを演じたオリヴィア・コールマンが今年のオスカー主演女優賞をゲット! ここまでするか!?って、これもエグイのなんのって。「ヴィクトリア女王 最期の秘密」(2017年)は、晩年のヴィクトリア女王と英領インドからイギリスへとやってきた青年との心の交流を描いたもの。ヘレン・ミレンが現在のエリザベス二世を演じた「クイーン」(2006年)は、ダイアナ元妃の事故死の裏側まで描いててビックリ。いずれも多少の脚色はあるものの、学校で習ったことよりダンゼン面白い!

まちさがシネマニア「Queen Victoria 至上の恋」(1997年)に続き、2度目のヴィクトリア女王演じたジュディ・デンチ。まさに女王の風格!「ヴィクトリア女王 最期の秘密」Ⓒ2017 FOCUS FEATURES LLC.

★時間よ止まれ! いつだって彼らはヒーロー
銀幕のスターも歳を取る(当たり前だ!)。でもやっぱりいつまでも演じてほしいと思うのが、『007』シリーズのボンド役のダニエル・クレイグ。本人は辞めたくて仕方ないみたいだけど…。『ミッション:インポッシブル』シリーズのトム・クルーズもがんばってる、カラダ張ってる。永遠にイーサン・ハントでいてほしいよね。最新作が待ち遠しいぞ!

 

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 催し・祭り
  4. まちさがシネマニア「編集部発!好き好き♡シネマ」 


会員登録・変更