1. まちだ・さがみトップ
  2. まちさがミセス&スタッフブログ 小ネタの壷
  3. くらし
くらし

和光大学生が地域連携 農作業体験が新鮮で楽しい! 

2018/12/12

しょうわまめ

和光大学の授業、共通教養科目「地域デザイン」で学生のみなさんが、農家さんの柿の収穫のお手伝い。学年も学部もさまざまっておもしろい。登録しているのは40人ほど。

今回は丸い形の富有柿と少しごつごつした形の次郎柿を収穫。「ヘタを傷つけないように採ってくださいね」。収穫した柿は形のいいものは出荷用。形のわるい柿は※ドライフルーツ作りに使います。

mac_kaki2syu写真左が富有柿、右が次郎柿

みなさんどんな思いで取り組んでいるのかな? 聞いてみました

mac_kakitori1形をよく見て慎重に柿を収穫

「毎年柿の出来具合で味が違います。食感がいいのは、どれくらいの厚さがいいのかなどアイデアを出したりします」(俵 礼奈さん・4年)「大学でこういう色々な形で連携できるのは楽しいです」(岡 夢野さん・1年)「商品が売れた時には達成感があります。経営農家さんの気持ち=パートナーの気持ちが分かるようになれますね」(菊原 灯さん・2年)

mac_kakimogi

「今年から参加しています。お手伝いだけでなく、色々な学科から集まってそれぞれのスキルの人が各々できることで関われるのがいいです。僕は力仕事! 岡上の地域のみなさんと関われるのもいいですね。今年からクラフトビールのホップ作りも始めました。原料を作るところからやっているのが楽しい!」(善場光佑さん・3年)

mac_kakinosentei

「ふだんできない場で体験ができて楽しいです」(中島渓太朗さん・3年)「朝が苦手で今回初めて参加しました。やってみると楽しい」(能美和史さん)「農作業が好きになりました」(豊島史也さん)「農業を体験することがないので新鮮でした」(後藤漱一郎さん・4年)

そして中国の留学生も。「母国で農業をやっているのでふつうの感じ」(ジンシンさん)

mac_kakinofukei

今は指導者として関わっている卒業生も作業指導していました。「農学部でもないのに川崎や東京に近いこの場所で学生が農業に触れ合えるってなかなかないと思います。体験して土に触れたり植物にふれたりすることが楽しくなりました、今は花の仕事をやっています」(秋田玄さん・2010年卒業)

作物を収穫することから体験するって、ひと味違うんですね。作っている人達の思いや大変さも分かって、商品を考えることができるよね

mac_kakipurojekuto

「地域デザイン」では、岡上エールというクラフトビール作りも行っています。収穫の手伝いをしたブルーベリーを使っているそう。また自分たちの畑で作ったハーブのビールやリース作りも考えているとか。

地域活性化につながっていく夢のある体験。社会人になっても生かしてほしいネ

※柿のドライフルーツ作りのことは学園NEWSへ

くらし | コメント (0)

おでかけくらし

大学っておもしろい~取材こぼれ話 ③和光大学附属梅根記念図書・情報館

2018/1/26

しょうわまめ

mac_tosyokangaikan

「和光大学附属梅根(うめね)記念図書・情報館」は地下1階から地上4階まで、現代人間学部、表現学部(文化・芸術)、経済経営学部と各学部に沿った専門書がズラリ。そのほとんどの図書が自由に取り出して利用することができるんです

mac_furoagaido

メインエントランスは3階。入り口を入ると受け付けがあるので、初めての人はこちらでひと声かけて登録手続きを。

3階のフリー閲覧コーナーです。明るい雰囲気がいいね。「館内はフラットで書棚の間も、わりと広めな作りになっているので車椅子の方でも利用しやすいと思います」(瀧さん)

mac_tosyokanhiroba

そしてここに、学生さんの企画本棚「Let’s Read Project」コーナーが。↓
学生がテーマを決めて本を選び展示。POPも手作り。取材時(写真12月のテーマは「絵本本棚2017」「こわいほんだな」でした。現在1月「発掘本棚」「ゲーム本棚」がテーマ。
自分たちの本棚なんて楽しそう

mac_LRPhondana

美術館の図録が多いと聞きましたが、小さなギャラリーの展覧会のリーフレットまで収集されているとは! あなどれませんね

mac_gazoureefumac_garourefuertogaido

各階とも学部ごとに本がそろっているので探しやすい。

mac_hondana

「私が好きなジェンダー(女性学)の書棚では、現代と昔の女性を取り巻く時代背景、世界各国の女性の生き方などの図書がそろっいておもしろいですよ」(荒谷さん)。
自分の好きな書棚を見つけて本と向き合う時間もいいですね。

和光大学出身の作家やアーティストの書棚もあります。漫画家の吉田戦車さん、NHK朝ドラ「ひよっこ」の脚本を書いた岡田惠和さんは和光で学んだことがあるとか。「個性的な人が多いんですよ」とはいかにも。

和光大学附属梅根(うめね)記念図書・情報館
授業期間の月曜~金曜8:50~20:30(土曜は19:00まで)。日曜・祝日、学校の休日は休館。※日曜開館の場合は9:30~16:30 ☎044-989-7494

大学の一般公開施設や地域への学生さんの取り組みを紹介した 大学っておもしろい も見てね

おでかけ くらし | コメント (0)

くらし

FC町田ゼルビアJ2大健闘のカギは「ぶれない気持ちで戦ったこと」

2016/11/29

しょうわまめ

明治安田生命J2リーグ7位と大見当し、J2残留が決定したFC町田ゼルビア!(やった
11月24日、その報告に相馬直樹監督キャプテンの李 漢宰選手(ほか)が町田市役所を表敬訪問しました。取材へGO

mac_zelviaJ2zanryu2写真左から相馬直樹監督、石阪市長、李漢宰選手選手。ゼルビアから贈られた記念ボールを手に

ゼルビアは、今シーズン18勝11分13負、勝点65でJ2の22チーム中7位と大健闘。夏前には首位に立つほどの快進撃もみせてくれました。

~振り返ってみて今シーズンについての思い~

ゼルビアサポーターの石阪市長
「ファジアーノ岡山と勝点で並んで7位は大健闘でしたね。観客動員数も昨年の平均3000人から5000人を超えたということでボルテージも上がってきたし、さらに観客数を増やしてJ1を目指し来シーズンも戦っていただきたいですね」

来季も続投決定の相馬監督
「選手たちが一番がんばってくれました。最初はチャレンジャーとして戦っていたので良かったのですが、他のチームが我々チームに慣れてきた夏ごろは、なかなか勝てずにちょっと苦しい時期もありましたね。最後は3連勝! すべてを出し切って戦ったからこそ結果がついてきたんだと思います」

 

6位のかかった愛媛FCとの最終戦でゴールを決めた李選手
「J2で首位にたつとは、みなさん思っていなかったと思うので、夏前に11試合負けなしで首位にたつことができて、いい意味で期待を裏切ることができました。個人的には41試合に出場して1得点もからむことができなかったのが悔しかったです。あの最終戦ゴールを生んだのは、僕の思いだけではなく全選手がぶれない強い気持ちで臨んだからです」

mac_zelviaJ2zanryu1

ボールを持つ石阪市長を囲んでFC町田ゼルビア一同。来シーズンもチームワークで勝利を

~来シーズンはどんな思いで戦いますか

ゼルビアの試合を観にくると勝っても負けても熱い気持ちがもらえる、そんな思いをもってたくさんのお客さんが観に来てくれるような試合をしていきたいです」と相馬監督

「来季は1点でも2点でも多く点を取ることが目標です。がんばります」と李選手

サポーターを熱くする戦いをみせてほしいな! 目指せスタジアム平均1万人!

がんばれゼルビア

 

 

くらし | コメント (0)

くらしショップ

ぶよこ、味噌を作る 井上糀店「味噌作り教室」

2016/6/23

ふらネ~ルぶよこ

ぶよこ、味噌づくりに挑戦(ガチ)。

「私、食事に気を使ってます」的な? 意識高い系ママは味噌も手作りするのよね。でも、圧力鍋ないし、6時間ゆでる気合ないし。って言っている時点で意識高くないよね~。ってときに、

「井上糀店で味噌作り教室やってるよ」

と聞いちゃったんで、行ってきました!

この教室のスバラシイところ、その1大豆をゆでてくれる! 

しかも、スバラシイところ、その2料金は手作り味噌セットの価格のみ。大豆をゆでる手間賃も、教室の受講料もゼロなのです。

mac_inouekoji1misodsukuridaizu

大豆をお店がゆでてくれているので、ぶよこは大豆をつぶすところからスタート!

mac_inouekoji2zentai

教室はこんな風景。先生(お店の人)がガッツリ教えてくれます。

mac_inouekoji3misodsukuri

豆はゆでたてだから結構熱い! しかし基本は素手。手についている常在菌を入れ込みたいので、手洗いも石鹸は使いません。

mac_inouekoji4koji

豆がだいたいつぶれてきたどころで、米こうじを投入。米こうじは、見た目「米」ですが、ところどころダマになってるので、手で丁寧にほぐしていきます。

mac_inouekojisensei

スバラシイところ、その3。うまくできない…ときでも先生が手伝ってくれます。いや~やっぱり一人じゃキツイわ。

mac_inouekoji5shio

続いて塩投入。ざっくり軽くまぜたところで…

mac_inouekoji6yudejiru

豆の煮汁を投入し(これも1人じゃキツイよね手がベタベタだもん)、仕上げのまぜまぜ。

mac_inouekojikiai

うぉ~腰痛くなってきた~! でも楽しい~。

mac_inouekoji7tama

そして、玉を作って(作らなくてもいいけど作ったほうがやりやすい感じ)

mac_inouekoji8yoki

容器に入れ込んでいきます。空気が入らないようにまんべんなく詰めて…

mac_inouekojikoredeok

仕上げに最上部に塩をまんべんなく広げる(これで外気をシャットアウト!)

mac_inouekojisenseishiage

仕上げは…やっぱり先生に助けてもらったよ。空気を抜きながら袋を閉じます。

mac_inouekojikansei

そして、落としふたを入れ、1kgのおもりを上に置いたらできあがり! (おもりは自宅にある1kgくらいのものを。ぶよこはニオイが心配なので、念のためダンナの本にしました。気づかれませんように)

mac_inouekojikoredehantoshi

これで半年、熟成させます。深い味が好きな人はもっと寝かせても。

今回ぶよこが作ったのは、米こうじを使った「米みそ」と伊豆大島産の高級塩「海風」で作る「海風セット」5kg(大豆2kg、米こうじ2kg、塩400g+煮汁)。密閉度が高くてオシャレなカラー樽付き7700円(樽なし6100円)。海風ではない塩を使って、玄米みそ麦みそも選べます。5kg4510円から

ちなみに、一緒に参加してた人はリピーターさんたちでした。1回目に作ったのがおいしすぎて、「もう市販の味噌は食べられない、でも大豆ゆでるの大変だから」と、また参加したのだそう。

わかるその気持ち! いいよ、味噌づくり教室! 子どもが参加することもあるし、小学校で教室をやることもあるらしい。確かに、子どもでもできるっていうか、子どもにこそやらせたい!

毎週木曜13:00からと土日もやってます。詳しくはコチラ

ぶよこ味噌のできあがりは11月ころ。レポートをお楽しみに~。

くらし ショップ | コメント (1)

くらし

ブラックベリーの花開花! ふらわーのガーデン便り

2016/5/24

ふらわー

mac_hana2
バラが満開になり、この暑さでそろそろ終わりに、、、
夏のような暑さの中、庭でブラックベリーの花が咲いていました! 薄紫色の花が終わると美味しい実を付けてくれるんです

mac_hana3

ラベンダーの花も一斉に咲きそろいました、毎年咲いてくれるラベンダーは香りも最高です
mac_hana6

ハンギングのミニバラはまだこれからです
mac_hana5

母の日にプレゼントされた色が素敵なクレマチスも、蕾がほとんど開き見事な咲きっぷり!

mac_hana1

冬を越したヒューケラも元気な葉が伸びて、小さな可愛い花が咲いていますよ

mac_hana7

mac_hana4ヒューケラの両側には、大きな斑入りの葉が美しいホスタが広がり、ガーデンのアクセントにはぴったり! 素敵でしょう

写真 3

いつの間にかムラサキカタバミの花が、庭の隅でひっそり咲いているのを発見! 花を見て心癒されるふらわーでした

くらし | コメント (1)

くらし

新聞紙が防寒に。町田山崎団地のキャンプ&防災ワークショップで体験 

2016/4/19

しょうわまめ

町田山崎団地で2/28、3/1に開催された、UR都市機構主催、無印良品を展開する良品計画が企画・運営のイベント、団地でキャンプ&防災ワークショップ「DANCHI Caravan」に見学に行ってきました。

桜美林大学の団地活性化プロジェクトに関わる学生さんもお手伝い!

この日は晴れ まさにキャンプ日和。 町田山崎団地の中の芝生広場には、テントが張られてた! 団地に住む8組の家族がテント泊を体験。テントは自分で設営するのが鉄則です。

mac_danchicamp1

テントの骨組みになるポールをしっかり打ち込んで…「ポールの向きがなかなか難しいな」、みなさん教わりながら悪戦苦闘 教えてくれたのはコールマンジャパンのスタッフです。

mac_danchidecamp2

今回は、いざという時のために「日常で使えるものを見直してみようと、防災ワークショップ「いつものもしも」も開催され、さまざまなブースが出てました。無印良品のスタッフと桜美林大学の学生メンバーがブースを運営。さっそく体験

mac_danchidecamp3

★節水して歯を磨く 「水が使えないときは、歯磨きシートやなければハンカチを人差し指に巻いて、歯や口の中をふいてみてください。口の中が乾いていると細菌が繁殖しやすいので、首の耳の下の動脈を指で押さえて唾液を出すといいですよ」。歯磨きシートでスッキリした

mac_danchibousai3

★身の回りの品を使った防寒の技 「新聞紙を空気が含まれるようにクシャとして、洋服の間に入れるとけっこう暖かいですよ」。確かに“あったかいんだから

mac_danchibousai

クシャとした新聞ビニールで包み、ペットボトルのキャップ・飲み口部分を切ったもので端を止めて「簡易マフラー」誕生。首に巻くと思った以上に“あったかいんだから

mac_danchibousai5

薄手のサバイバルシート常備していると、いざという時に防寒になります。湯たんぽペットボトルにお湯を入れれば、手や足先を温められますよ」。ナルホド

mac_danchibousai6mac_danchibousai7

mac_danchibousai8

★乾物でサラダ 切干大根、ワカメ、ヒジキなどの乾物を水で戻して、家にある調味料を適当に合わせればオカズの1品に。春雨は腹持ちがいいのでオススメ。「これはイケます! 常備しとくと使えるね」

mac_danchibousai10

mac_danchicoop

★食事の時の節水方法・紙皿器・ラップを使う 「新聞紙を箱やコップ型に折って、中にビニールやラップを敷けばお皿として使えますよ」。新聞紙って役立つわ。折り紙の折り方も覚えとくといいかもね

mac_danchikoma

★世代を超えてみんなで昔遊び 桜美林大学の団地活性化プロジェクトのメンバーが、子どももおじいちゃん、おばあちゃん世代も楽しめるコマ回しコーナーを設定。みんなで勝負!

mac_danchioubirin

 桜美林大学団地活性化プロジェクトのリーダー・三井一志さんにお話しを聞きました

「僕は家族3世代で暮らしています。それがすごく楽しいんです。団地や町の活性化には、さまざまな世代の人たちがかかわりを持つことが大切だなと思っています。子どもも大人も一緒に楽しんだり、できることを助け合ってできるようにする。コマ回しでは、僕たちが子どもたちに教えてもらうこともありました! これからも山崎団地のみなさんが元気になるようなコトを考えていきたいです」 その心意気ステキです!

いざ災害が起こった時、逃げることだけで精一杯になりそうで…。でも今回の体験は逃げた後に役立つことですね。少しでも頭の片隅に覚えておくといいかも

 

 

 

 

くらし | コメント (0)

くらし

ブラックベリーが、美味しく熟してきました! 

2015/7/29

ふらわー

ふらわーの庭のブラックベリーが、今年は豊作

mac_niwa2mac_niwa1ワイン色だったのが、真っ赤になって、艶やかなブラックに変身

image (1)熟した物から収穫して、、いただきまーす、ん、ん、なんて甘ーいんでしょう

ちなみにこんな物もありまーす

mac_niwa3小学校から持ち帰ったミニトマト、これも甘くておいしいの

mac_niwa4小さな姫リンゴが少し赤味がさしていますね

mac_niwa6そして夏には欠かせない大好きなミョウガが、いっぱい獲れまして、、、もう花が咲いてるではありませんか~

食いしん坊の「ふらわーの庭」は、美味しそうでしょう!  (でもでも草とりしなくては~)

くらし | コメント (0)

くらし

紙の舟で航海できる? まずは舟作ろう

2015/7/24

しょうわまめ

古新聞で舟を作ろう! もしかして海に出られるかもしれない?(野望あり)

必要な長さは縦長のサイズ(リビング新聞ちょうどいいゾ)

mac_fune1

さあ半分に折って

mac_fune4

真ん中に折り線が付いたら、折り線に向かって両側を折るよ

mac_fune5mac_fune6

続いては、四隅を折っていこう(しまっていこう)

mac_fune7mac_fune8

mac_fune9

さらに四隅を折るよ(だんだん舟らしくなってきた) ふふん

mac_fune11mac_fune12

舟だからね丈夫にしないと。さらに真ん中を折る

mac_fune13mac_fune14

ここで外側を内側に裏返し くるりんぱ mac_fune16

mac_fune17

mac_fune18

ほほ~い出来たよ お客さん乗船

mac_fune19

いざ! 海原へ出航します っていささか迫力なしか

mac_fune20

くらし | コメント (0)

くらし

雨の中輝くように、ふらわーのガーデンには綺麗な花や実が

2015/7/6

ふらわー

梅雨も本番、雨でしっとり濡れたガーデンの緑の中に、ひときわ輝いて咲く「カサブランカ」。百合の花の中でも素敵な真っ白い品のある花(こんな花になれたらなー)mac_hana1

雨に映える紫色のこの花は、ギボウシの花。寄せ植えした鉢で元気に開花しましたmac_hana3

寄せ植えといえば、昨年から植えっぱなしだったカラーの花が、やっと咲きました!mac_hana5今年は葉っぱが元気よく、花は咲かないかとおもっていたら、一輪咲いていましたmac_hana4カラーの花は白がおおいのですが、このワインカラーの花も、いいでしょう! もっと花が咲くかなー

mac_hana2

そしてそして食いしん坊の、ふらわーのガーデンには、ブラックベリーの実がいつになく沢山なっていて、ワクワク。緑から赤味を帯びてきた実は、黒く熟すと食べごろに梅雨でも楽しめるガーデンは、心癒されます(草もいっぱいだけどね

くらし | コメント (0)

くらし

綺麗に出来て子供たちも大興奮! 英会話教室で EASTER EGGSを作りました

2015/4/14

LIGHTHOUSE(読者ブロガー)

 

 
英会話教室「LIGHTHOUSE ENGLISH CLUB」で、恒例のEASTER EGGS作りにチャレンジ! キリストの復活を祝う『復活祭』イースター。春にたくさん子供をうむウサギや、卵が命のシンボルとしてイースターに登場します。お庭にウサギのためにニンジンをおいておくと、そのお礼にうさぎが卵を置いていく。翌朝その卵を探して見つける遊びが、イースターエッグハンティングの由来ともいわれています。

mac_easter2

今年は小さい子にはゆで卵で、大きい子には、中身を出した卵でペイントしました。生卵は安全ピンで上下に少し大きめに穴をあけ、黄身を少し崩しておきます。そして、上から口で吹いて中身を一気に出すのが楽しいところ♪mac_easter1

綺麗にかわいいイースターエッグが完成mac_easter3

完成したイースターエッグを枝にぶら下げて、うっとり大満足

 

 

くらし | コメント (0)

  1. まちだ・さがみトップ
  2. まちさがミセス&スタッフブログ 小ネタの壷
  3. くらし

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年3月30日号

電子ブックを読む



会員登録・変更