1. まちだ・さがみトップ
  2. まちさがミセス&スタッフブログ 小ネタの壷
ショップスイーツパン食品

つくし野コム・デセールで子どもの日スイーツ見つけた!

2015/5/1

てくてく

とっておきスイーツでイベントが盛り上がる
ビジューのような美しいお菓子がずらり

gaikan

つくし野のスーパー三和近くにある「コム・デセール」
スタイリッシュな「スリムパウンドケーキ」が人気です。
美しいコーティングとしっかりしたパウンド生地で、細身でも満足感大。

slimpound

showcase

ブラウン系のシックな店内。
ショーケースの中からキラキラしたケーキたちが呼んでます☆彡

そしてそして、目前に迫った子どもの日にはコレ!

koinoborikoinobori2

かわいい鯉のぼりサブレ、さっくさく。
ピンクと水色の2種類、もちろんどちらも連れて帰りました。

材料を吟味して丁寧な仕事から生み出されるタルト、焼き菓子。
ギフトにも日常使いにも頼りになるお店です。
このごろではパンやスコーンも並んでますよ。

bread

母の日向けには、カーネーションのサブレやケーキが登場するとか。
お母さんの喜ぶ顔が目に浮かびそう。
連休は近場ですてきなお買い物を♪

fruit_tarte

yakigashi

◆フランス菓子 コム・デセール
http://d.hatena.ne.jp/dessert2010/

 

ショップ スイーツ パン 食品 | コメント (0)

おでかけその他の街ニュース催し・祭り趣味・雑貨・スポーツ

連休は近場で過ごす人におすすめ・骨董市あれこれ

2015/4/27

てくてく

こけしキテます!着物・生活雑貨も♬
GWは古びたモノたちと過ごしてみては

 

inoshishi

今や、新店舗がオープンする際にも好んで使われるアンティークの家具や雑貨。
古いモノが醸し出す「こなれ感」が、居心地の良さをもたらしてくれるんですね。
「町田天満宮がらくた骨董市」と「高幡不動ござれ市」で見かけて気になったモノたちを、ちょっとご紹介。

 

このところ注目されてるのがこけし。
丸い頭に円柱型のボディでどれも同じと思いきや、すごくバラエティ豊かなんですよ。
外国人の方が “Oh! Cute!” と見とれる場面も多いです。

enari

このこけしさん、えなりかずきさん顔だと思いませんか?

 

 

kurumiwari_matoryosika
クルミ割り人形やマトリョーシカっぽいものと並んでも違和感なし

milk_curry

glass_bird

 

年代を経たブリキ缶も実は人気なんです。
これからの季節、注目はやっぱりガラス

purple_kimono

kofu_animal

何といっても骨董市では着物をチェックすべし。
和裂と干支の相性も抜群ですよね

 

毎回、格安着物には人だかりが。
手作り材料を探す人、着付けのおけいこ用にと求める人、自分なりの着こなしを楽しむ人など、自由に使えるアンティーク着物は安定の一番人気。
着物目当てに遠くからやってくるファンや作家さんをよく見かけます。メディアで取り上げられることも多いので、会場でテレビカメラに遭遇するかも?

hana_naga

次回の町田天満宮がらくた骨董市は5/1(金)開催です
◆詳細は…かながわ骨董市のサイトへ↓↓
http://www.kanagawa-antique.com

 

ちなみに、4/29(水・祝)には高幡不動尊の春季大祭「国宝まつり」にも出店があります。
起伏に富んだ新緑の境内を散策がてら、骨董を眺めるのもいいかも。

◆国宝まつりについては高幡不動尊のサイトへ
http://www.takahatafudoson.or.jp

おでかけ その他の街ニュース 催し・祭り 趣味・雑貨・スポーツ | コメント (1)

グルメショップスイーツ食品

母の日までに矢部マロンに行こう!建て替えのため一時休業します

2015/4/15

てくてく

女子会、母の日ギフトはお早目に♪
5/11(月)から約半年間の休業に入ります

 

3cakes

16号線沿いの洋菓子店・矢部マロンが、店舗建て替えのため一時休業することに。
5/10(日)の母の日が、休業前の最終営業日だそうです。

showcase

何種類ものフルーツたっぷり。
甘すぎないふんわり感がお気に入りの生クリーム。
何層にも贅沢に重なったケーキ生地など、ビジュアルも味わいも繊細なお菓子がずらり。
これまでに店頭に並んだ一例をお見せすると↓↓

 

teacup_cake

ichigo_cake

namachoco

パフェや和スイーツでくつろげるティールームも名残惜しい…
いつか寄りたいな~と思っているけどまだ行けていない方も多いのでは。
新学期が始まってホッとしたところで、女子会に行くなら今のうちですよ。
ショーケース内のケーキとコーヒー(または紅茶)のセットが669円。
プラス237円でケーキかコーヒーのおかわりができます。

tearoom

矢部マロンといえば、昭和54年からこの地で営業する老舗。
店主ご一家が35年間誠実にお菓子と向き合い、人気を集めてきました。
どの焼き菓子を買っても失敗がないので、贈り物に迷ったらココへ行くという、相模原市民にはおなじみのお店です。
お店自慢のモンブランを約半年間食べられなくなるのは寂しい~。
その前に味わっておかなくちゃ。

ichigo_tarte
車で行くなら、16号を矢部駅入口から鹿沼台交差点に向かって左側。
斜め向かいにBOOK OFFが見える、オレンジ色とグレーのお店です。
GWのイベントや母の日のお祝いに、早めのチェックがおすすめ!

marron_gaikan

リニューアルオープンは約半年後の予定とか。
新しくなって帰ってくるマロンに期待♪
詳しくはお店のサイトで確認を。

☆矢部 マロン洋菓子店 http://marron-yabe.com

 

グルメ ショップ スイーツ 食品 | コメント (0)

学校・幼稚園・保育園

LCA国際小学校の新校舎を見学してきました!

2015/3/31

てくてく

あたたかさに包まれた竣工式典祝賀会
4月から橋本台で新学期がスタート!

 

tatekanban

LCA国際小学校と附属プリスクールの新校舎が橋本台に完成。
3/19(木)に竣工式典祝賀会が行われました。

teacher_entrance

 

pastel_wall

teachers

これまでプリスクール・小学校低学年校舎・高学年校舎の3か所に分かれていた校舎が、4月からはひとつに統合。
小さい子と大きい子が自然にコミュニケーションできる、行き止まりのない空間をコンセプトにしたアットホームな校舎です。
風がなく穏やかな冷暖房や、廊下に飾られた本物の絵画、元気の出る色彩など、子どもを温かく包み込む校内。
英語に浸って過ごす学校・園生活がより楽しくなりそうです。

lca_rogo

oiwai_hana

toilet

 

violin_piano

約200人が出席しての竣工祝賀会は、美しいバイオリンとピアノの演奏で幕をあけました。
山口紀生校長が「校舎建設に携わった方々の1人が欠けても今日のLCAはなかったでしょう」と、喜びにあふれたあいさつをのべました。
特にお世話になった方々には、写真入り感謝状を贈ってハグする場面も。
とてもフレンドリーで人間味あふれる式典でした。

kanshajou

raikyaku

 

1985年に相武台団地の1室で生徒4人と始めた私塾が、LCAの始まりなんだとか。
1日に100㎞以上を自転車で走るキャンプやスキー、釣りなど、子どもたちと一緒になって遊びまくっていたという山口校長。
既存の学校ではできないことをやりたいとの思いから生まれたLCAなので、英語教育の秀逸さだけでなくアクティビティもとにかく活発です。
祝賀会の中で在校生たちが披露してくれたミュージカル・パフォーマンスもそのひとつ。
成績だけでなく興味や集中力、社会性をはぐくむ教育の本気度がうかがえます。

tetsujin_camp

校長はかつて英語ができない身で、塾生と共にアイダホ州へホームステイ。
自分の意思を英語で伝えられなきゃだめだ!と英会話学校を作ったというから驚きです。
昨年にはオーストラリアの学校と姉妹提携して短期留学を実現。
私塾の頃にイベントを手伝っていたという長年のお友達は、こんな風に語ってくれました。
「校長は目指すものがぶれない人。”こんなことやりたい”と言うと、2~3年後にはそれを形にする人なんですよ」

miokuri

新校舎の向かいには、さがみはら北の丘センター。
そして相模原北公園と北総合体育館も隣接。
この春からは、新しい環境でさらにスケールの大きな人材が育って行きそうです。

shibafu

LCA国際小学校・附属プリスクール

http://www.lca-intl.com

 

学校・幼稚園・保育園 | コメント (0)

その他の街ニュース

音楽のチカラで町田を豊かに♪ヤマハ地域音楽活動支援の認定式

2015/2/27

てくてく

「FMC194」と「チャレンジド・バンドミュージック・フェスタ実行委員会」が今年の認定団体に

 

「ヤマハ地域音楽活動支援」の認定式に行ってきました。
音楽で地域に貢献する団体の1年間の活動を、ジャンルを問わず支援するこの制度。
今年は全国で149件の応募があり、その中から77団体が認定されたそうです。

 

スガナミミュージックサロン町田で行われた認定式では、町田市内を拠点に活動している2団体が菅波社長から認定盾を授与されました。

challenged_tate

「チャレンジド・バンドミュージック・フェスタ実行委員会」は、障がいを持つ人とその家族に音楽発表の場を提供したいとの思いで出発した団体。
障がいをもつ子の父親で作る「町田おやじの会」や町田市障がい福祉課などと連携しています。
そこで交わされた会話 ”昔やってたバンドまたやりたいよね” が活動のスタートとなり、実行委員会を結成したそうです。

challenged_tate2

代表の高崎さんは、自閉症の息子さんの夢を一緒に育むやさしいお母さん。
委員の杉本さんは、長年町田でライブ活動をしてきた筋金入りの音楽好きです。
障がいのある人が「ドラム演奏でバンドをやりたい」と言えば、サポートメンバーが他の楽器を担当してバンドを結成する、という活動方法で、多種多彩なバンドが誕生。
2月21日には「第4回チャレンジド・バンドミュージック・フェスタ」を町田の丘学園体育館で開催しました。

このライブには13団体のほかに、応援バンドやスペシャルゲストも登場。
総勢90名の発表者がステージに立ったとはすごい!
メンバーが大ファンだというロックバンド ”マジキッシュ” もゲスト出演したんだそうですよ。

最初はドラムスティックをすぐ落としていた子が、夢中で練習するうちにしっかり握れるようになるなど、力いっぱい励む姿勢が音楽以外の面でも良い効果をもたらしているんですよ、と教えてくれました。
ステージを通じて音楽の楽しさ、演奏の喜び、感動を一緒に味わうバリアフリーな場として、さらに活動の足場を固めて広がってほしい♪
「1人で部屋でギターを弾いてる人、バンドをやってみたいけどどうしたら良いか分からないという障がいを持つ人にも参加してもらえたら」と杉本さん。

興味を持った方はコチラから↓↓

http://cbmf2012.wix.com/cbmf

 

一方、「FMC194」は大人の軽音楽倶楽部。
194という数字は町田市の郵便番号から取ったという、ウィットに富んだ団体です。

fmc_tate
多くの音楽団体が、発表の場=ライブを目的として活動するのに対し、FMCは ”みんなで楽しく練習し、思う存分音楽にまつわる活動を” が第一の目的だといいます。
学生時代の軽音サークルを、大人もやろうよ!ということなんだそうです。
だから、演奏しない人も参加OK。
音響、照明、企画、PCなどなど、演奏以外の場面で関わるのもアリなのだとか。
バンド単位での加入だけでなく、1人で加入すれば登録メンバーの中から他楽器担当者を探してくれる、楽器や技術の研究会も、と盛りだくさんの活動内容が売りです。

fmc_gamen

盛況だった”第4回けいおんフェスタ”は昨年12月開催。
ライブ告知を見かけた人も多いのでは?
”学生時代は、部活やサークルに1人で入部してもそこで仲間ができ、居場所もできた。
大人もそれをやりたいんです!”と
本部役員の田村さんはアツく語ってくれました。
同じく本部役員の安田さんは、その昔ヤマハPOPコンに出場経験のある方。
どんなオリジナル曲で出場したのかな?聴いてみたくなりました。
今年は合宿をやりたいとか。おー、これぞ軽音サークル!
様々なジャンルのバンドを抱えているので、今後はジャンルごとに定期的なライブをやっていきたいと意欲満々でした。

 

ちなみに、対象年齢は子どもから年配の方まで。
現在、おやじバンドが女性キーボード奏者を絶賛募集中だそうですよ。
詳細はコチラ↓↓

https//www.facebook.com/#!/Fmc194

fmc_yasudasan

そんな活動にあたって頼りになるのが、今回の支援制度なんだそう。
費用面だけなく、ヤマハの後ろ盾があることで周囲からの理解や信頼を得やすくなるとか。
毎年スガナミ楽器から推薦・認定される団体も、それを糧に活躍しています。

 

この日は、出席者同士が町田の音楽環境について語り合う時間もありました。
POPコンをはじめ、70年代頃に盛り上がったミュージックシーンについて、ものすごい知識と意見が飛び交い、素人の私も思わず乗り出した興味深いトークタイム。
この地に根づいて50年超のスガナミ楽器の皆さんも、本当に音楽が好きで情熱を持って取り組んで来たことがわかるお話ぶりでした。

zenin

最近、新百合ヶ丘や相模大野に音楽的注目が集まりがち。
町田を歩いていても生の音楽が聞こえる機会が少なくなって、ちょっと残念です。
個々のバンド単位では難しいけれど、団体同士が結束することで「音楽を通じた街づくり」ができれば、町田市民の心にもあたたかいゆとりができるんじゃないか。
そんな期待がふくらむひとときでした。

 

町田でいろいろなライブ情報を知りたいなら、スガナミミュージックサロン町田にフライヤーが置いてあったりするみたい。
小田急町田駅に行ったついでに、寄ってみる価値ありますよ。

スガナミミュージックサロン町田
http://www.suganami.com/ms-machida

 

 

その他の街ニュース | コメント (0)

FC町田ゼルビア後援会 初の激励&交流会に行ってきました!

2015/2/4

てくてく

監督、選手、スタッフと間近で交流! 色々な角度からゼルビアを後押しする会員を絶賛募集中

 

1/31(土)FC町田ゼルビア新体制発表会の終了後に、後援会による激励会&会員交流会が行われました。

gekireikai_zensenshu

後援会は、地元の力でゼルビア戦士たちをバックアップしようと2013年12月に発足。
チーム後援事業、チラシ配布、ポスター掲示やスタジアムへの後援会バス運行など、幅広く活動しています。
この日は、2014シーズンの後援会会員とゼルビアの監督、選手、スタッフが玉川大学の食堂に集いました。

hanje_yuya

 

kouji_gateflag

tojima

新体制発表会の興奮冷めやらぬサポーターや、後援会会長、町田商工会議所の深澤会頭をはじめ、町田市の有金副市長、議員などの方々が参加。
いつもアツいプレーを見せる選手たちと、同じテーブルを囲んで歓談する機会にわくわくしまーす。
選手も少しリラックスして、会員さんに飲み物を注いだり注がれたり。
2/9からのキャンプに向けてアルコールをやや控えつつも、笑顔がこぼれました。

 

hanje

gome
takafumikukino_supporter

 

そして注目すべきはあの「2014年度FC町田ゼルビア後援会公認女子マネちゃん」
ホームゲーム開催日にはゼルビーランドで、後援会のPR活動している彼女は、今やゼルビアだけでなくJリーグファンの間ではアイドル的存在。
この日は、後援会から1年の活動の感謝の意味を込め、深澤会長より花束贈呈。

mac_jyoshimane

 

endo_kids_papa

遠藤選手に取り分けてもらったサラダはどんな味だったかな?

 

キャンプでのハードなトレーニングが待っている選手たちに対して後援会から激励の品として贈られたのは「ウィダーin」。目録が相馬監督に渡されました。
これで2015シーズンはさらにハードワークできるはず。

aisatu_fuukei

2015シーズンは、「もう一人連れて野津田に行きましょう!」
「みんなの力でJ2自動昇格をつかみ取りましょう!」
最後は期待と決意の集合写真。
選手たちを身近に感じられて、もっと応援したくなりました。

shugousshashin

 

tokita_fukatsu_guts

 

ゼルビア後援会では、個人・法人とも会員を大募集中。
町田をホームタウンとしてJ3リーグを戦うゼルビアを、色々な角度から応援しませんか。
気になった人は後援会のサイトをのぞいてみて。

 

☆FC町田ゼルビア後援会  fcmz-kouenkai.jp

 

| コメント (0)

  • 1
  1. まちだ・さがみトップ
  2. まちさがミセス&スタッフブログ 小ネタの壷


会員登録・変更