1. むさしのトップ
  2. こちら編集室!
  3. 編集部メモ
  4. 「ちひろ美術館・東京」で開催中の『Life展』第2弾!

「ちひろ美術館・東京」で開催中の『Life展』第2弾!

2018/5/28

むさしの編集
むさしの編集

こんにちは!リビングむさしの編集部です。
黒柳徹子さんの自伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」の表紙絵や挿絵でも有名な画家のいわさきちひろさん。2018年は生誕100年を記念して、東京と安曇野の「ちひろ美術館」で1年間を通してさまざまな分野で活躍する7組のアーティストとコラボした特別展を開催しています。
ちひろ美術館・東京では第2弾「着るをたのしむ spoken words project」が5/19(土)から開催中。5/23(水)のオープニング取材に出かけてきました。

life展_01第2弾「着るをたのしむ spoken words project」は7/22(日)まで

 

ちひろさんをイメージした新たな生地や服を展示

ファッションブランド「spoken words project」を手掛けるデザイナー飛田正浩さんが、おしゃれ心を大切にしていたちひろさんのセンスや作品からインスピレーションを受け、新たに生地や服を作りました。ちひろさんの繊細な水彩画のイメージを巨大な布で大胆に表現した4つの作品は、展示方法にもこだわったそう。川、空、地面、地平線など、自然界にあるものを意識して水平・垂直に配置しています。また、これらの作品の制作風景の動画を館内で流していました。巨大作品の制作過程はとても興味深いですよ。

life展_02「spoken words project」を主宰するデザイナーの飛田正浩さん

ちひろさんの絵を着ているような服

ちひろさんが描く空や風のような色合いの服は、どれも個性的でゆったりとして着心地もよさそう。爽やかなブルードットの服は黒柳徹子さんがお買い上げしたそうですよ。とても似合いそうだな~と想像しながら、展示作品を眺めました。ミュージアムショップで販売もしているので、ぜひ手に取ってみては。

life展_03ちひろコレクション2018より

ちひろさんの服や写真の展示も

同展覧会では、ちひろさん自身が着ていた服や家族との写真、旅先でのスケッチなども展示しています。上質で上品で、どこかかわいらしさのあるちひろファッションも見逃せません。

ちひろ美術館・東京では、参加型作品展示の第3弾「あそぶ plaplax」、家族や女性を主題にした作品が中心の第4弾「作家で、 母で つくる そだてる 長島有里枝」と続きます。スペシャルイヤーのこの機会をお見逃しなく!

2018年いわさきちひろ生誕100年「Life展」
ちひろ美術館・東京
5月19日~7月22日「着るをたのしむ 」spoken words project
7月28日~10月28日「あそぶ」plaplax
11月3日~2019年1月31日「作家で、母で つくる そだてる」長島有里枝
安曇野ちひろ美術館
5月12日~7月16日「ひろしま」石内都
7月21日~9月25日「子どものへや」トラフ建築設計事務所
9月29日~12月16日「みんないきてる」谷川俊太郎
☆1年間有効で東京と安曇野の両館を何度でも使用できる「Life展パスポート」(1000円)を発行。詳しい開催スケジュールや詳細は特設ホームページで確認を。

特設ホームページ https://100.chihiro.jp/
ひろ美術館ホームページ https://chihiro.jp/

むさしの編集
むさしの編集

オフィスは吉祥寺。キャラクター濃い目のスタッフばかりでまるで動物園。毎朝コーヒーを淹れてみんなで飲むのが日課。



人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. こちら編集室!
  3. 編集部メモ
  4. 「ちひろ美術館・東京」で開催中の『Life展』第2弾!


会員登録・変更