1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 三鷹の隠れた名店「きんとき」で上品で美しい日本料理を堪能
記事検索

三鷹の隠れた名店「きんとき」で上品で美しい日本料理を堪能

特派員No. 288
凛音さん
  • 2018/08/03 UP!

和の温もりあふれる上品で居心地のよい日本料理店

中央線三鷹駅の近くでふと見つけた上品な店構え。

01

何のお店だろうと近づくと、「きんとき」という日本料理屋さんです。

02

味のある看板がなんだかおしゃれ。
とはいえ、覗いてみるとその日はお店が開いていないよう。
電話予約をして、後日改めて伺いました。

03

店内は和の温もりを感じる落ち着いた雰囲気。時間がゆっくり流れるような、穏やかな空気を感じます。

04

古い時計やレトロな照明など、どこか懐かしくとても居心地のよいお店です。

“ごちそうになりすぎない”日本料理と折り詰め弁当

「きんとき」は日本料理の修業を重ねたご主人と、その奥様の二人で営まれています。

05

こちらのメニューは奥様の手書きなのだとか。温かみのある素敵なお品書きですよね!
「きんとき」のメニューのこだわりは、“ごちそうになりすぎない”こと。高級食材を続けて使いすぎると気持ちが疲れてしまうので、身近な食材を中心に作っています。

通常はディナータイムがメインで、ランチタイムは完全予約制。
昼は3日前から予約が必要で、4名より3900円から。夜は3900円・5500円・6500円・8500円(8500円のみ3日前までに要予約)の4種類のコースが選べます。

価格によって品数や内容が異なり、嫌いな物やアレルギー食材についても相談できるので、事前に電話でコースの内容を確認しておくとよさそうですね。
ちなみに、ディナータイムは小学校5年生以上から入店可能。夜は大人のお食事をゆっくりと楽しめます。

もしお子さまを交えた特別なお食事会やお祝いをしたいときは、折り詰め弁当がおすすめ。
4個から注文でき、3日前までに予約が必要です(折り詰め弁当の予約が優先なので、お弁当の予約が入っている日はランチ予約不可)。

06

3種類(2000円・2500円・3000円)あり、それぞれ内容と品数が異なります(写真は一例)。
敬老の日や七五三などの家族で集まるイベントに利用する方が多いそう。年配の方にも喜ばれるので、おじいちゃん、おばあちゃんとのちょっと豪華なお食事にぴったりですよね。

見た目も味も美しい!配慮の行き届いた本格的な日本料理

では、この日のメニューの一部をご紹介しましょう。

07

まずは椀物。お椀のふたの柄が美しい! 目でも食事を楽しめるのが日本料理の醍醐味です。
やさしい香りと味わいの出汁の中に、焼いたカレイに玉子豆腐、椎茸、冬瓜とジュンサイが。
色鮮やかな叩きオクラが全体の色味を引き立てています。聞きなれない“ジュンサイ”とは水草の一種なのだとか。舌触りはトロリとしているのに噛むとコリコリで、不思議な食感です。

フワフワのカレイは口の中でほどけるほど柔らか。玉子豆腐も素朴な味わいでどこか懐かしい印象。ジュンサイの歯ごたえが、柔らかいカレイや玉子豆腐にとてもいいアクセントになっています。

08

続いてお造りは、アジと本マグロ、イサキの刺身に、すだちときゅうりを添えています。
引き締まった新鮮なアジとイサキは適度な歯ごたえが抜群。引き締まっていながらも魚の旨みが凝縮している印象。またマグロは甘みがあり、噛むほどに旨みが広がります。

添えられているきゅうりは、昆布と塩で漬けた後に酢と醤油で洗ったもの。浅漬けのようなさっぱり感で、刺身の合間に食べることで口の中をすっきりさせてくれます。

アジやイサキに細かく入れた包丁は、しょうゆのなじみをよくする効果があるのだとか。皮が厚い魚に施す手法で、食べやすくするための細かい配慮が日本料理らしい奥ゆかしさを感じます。

09

そして焼き物の盛り合わせ。平子鰯のつけ焼きと尼鯛、海老巻き揚げ、白瓜の雷干し、そして里芋の煮物です。
驚いたのは、尼鯛の焼き物の上に添えられているマッシュルームソース。オリーブオイルのためか洋風な味わいが感じられて、とても個性的です。

さらに衝撃だったのは、里芋にちょこんとのっている大徳寺納豆。一般的な納豆とは全然違い、ねっとりとした濃い味噌のような味がします。中国から古く伝わる精進料理の一種だそうで、淡白な里芋の味にインパクトを与えてくれます。

また、気になる“雷干し”という調理法は、昆布と水につけたあと数時間天日干しにしたもの。江戸時代によく用いられたそうですが、漬物のようなポリポリとした歯触りで、出汁の香りがやさしい味わいでした。
どの料理も繊細で彩りが美しく、とても丁寧に仕上げられた逸品たちばかり。やはり日本料理は目も舌も癒してくれるやさしさがありますね。

ときには親しい人とこんな美しい料理をゆっくり愛でながら、リラックスした食事を楽しんでみませんか?

きんとき
東京都武蔵野市中町1-23-13、ルネスコパン1F
☎0422-54-5580
営業時間:ランチ12:00~14:00(2時間制)ディナー18:00~22:30
定休日:火曜日(不定休あり)
http://www.kintoki-an.com/

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 288 凛音
新しいものが大好きな三十路ライター。好奇心旺盛で『なんでもとりあえずやってみよう』をモットーに日々遊びまわっています(笑)おいしいものはすぐにアップします!
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 三鷹の隠れた名店「きんとき」で上品で美しい日本料理を堪能

特派員メンバー

  • m&m
    特派員No.654m&m
    こどもと行けるお店を日々探究しています!
  • Hall
    特派員No.778Hall
    ヴィンテージ食器と旅を愛する前髪パツ子
  • kumari
    特派員No.519kumari
    美味しくてディスプレイが可愛いお店が大好きです!
  • まなつ
    特派員No.518まなつ
    大好き☆ランチビール
  • てむたん
    特派員No.517てむたん
    お肉LOVEでーす!
  • たびねこ
    特派員No.655たびねこ
    肉食女子万歳!
  • yumi
    特派員No.656yumi
    自然と五感を大事に大切に暮らしています。
  • アカネコ。
    特派員No.659アカネコ。
    のんびりおいしい楽しいスポットをご紹介します♪
  • フローレンス
    特派員No.039フローレンス
    ムサコライフ満喫中
  • mikako
    特派員No.658mikako
    美味しいもの、子連れ情報発信したいです。
  • いなっち
    特派員No.657いなっち
    美味しいパン、食べ始めると止まらない
  • ミミロン
    特派員No.516ミミロン
    食べるの大好き!
  • 小山奈保子
    特派員No.514小山奈保子
    美容とファッションが大好きです!
  • アヤコトリ
    特派員No.461アヤコトリ
    自転車に乗ってどこまでも♪
  • ひなたけるん
    特派員No.433ひなたけるん
    ワクワクや美味しい!をお届け♪
  • コーヒーママ☆
    特派員No.513コーヒーママ☆
    子ども連れOKな場所はおまかせ!
  • 麒麟の花子
    特派員No.213麒麟の花子
    子連れランチ大好き
  • りんりん
    特派員No.287りんりん
    吉祥寺…私にとって癒しの街
  • いそがしがり
    特派員No.211いそがしがり
    吉祥寺をホームに、山に街に飛び回って忙しい日々です。
  • 凛音
    特派員No.288凛音
    人生おいしく楽しく元気よく♪
  • トロ
    特派員No.270トロ
    おいしい、かわいいに目がない☆
  • みんみん
    特派員No.271みんみん
    吉祥寺LOVE♪LOVE