1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ
  4. 乙女かわいい夢空間!昭和レトロな「喫茶宝石箱」で名物クリームソーダはいかが?@千歳烏山
記事検索

乙女かわいい夢空間!昭和レトロな「喫茶宝石箱」で名物クリームソーダはいかが?@千歳烏山

特派員No. 461
アヤコトリさん

どーも、アヤコトリです。

突然ですが、学生時代の友人や同僚と違い、ママ友というやつは異世代のるつぼ。アラフォー母としては、チェッカーズをよく知らない人がいるとか、千代の富士引退会見のマネが通じないとか、いろいろございます。
そんなアラフォー母が発見した心のふるさとへ行ってきました。

乙女かわいい!宝石箱のような空間

京王線千歳烏山駅北口から徒歩5分。8席しかないという小さな空間なので、メールか電話での予約が安心です。この日は電話で予約してから伺いました。

4

昭和を感じさせるこの入り口。

開けると70年代80年代少女の夢が詰まった空間。その名も「喫茶宝石箱」。
もうなにもかもがレトロですてき。オーダーの際に「すいませーん、店くださーい」と買収しそうな勢いでかわいいです。

7

 

8

この日はたまたま空いていて、老夫婦が1組と、いかにも喫茶店マニアな女子がインスタ映えを求めて来店しておりました。
こちらのメニューもインテリアも、すべてが絵になりますが、なんといっても「ばえたい」あなたにはこちら!

3
※お店のInstagramより拝借

とにかくかわいい!

お店の看板メニュー、クリームソーダです。
6色のクリームソーダにはそれぞれピーチ味の「ローズクオーツ」や、巨峰味の「アメジスト」など、可愛い宝石の名前が付けられています。

1(※お店のInstagramより拝借)

私はこの冬(2018~19年冬)限定のリンゴ味「ゴールデンサファイア」にしました。

娘は炭酸が飲めないのでオレンジジュース。オーナーのナオミさんによると、炭酸が飲めないけれど可愛いドリンクを頼みたい、という希望が多く、炭酸なしのフロートを出そうか考え中だそう。炭酸苦手だなあ、という人も、乞うご期待!とのことでした。

ほかにも、ナポリタンやピザトーストなどの懐かしの軽食メニューや、自家製ケーキなどを食べることができます。

18

いよいよ運ばれてきました。

50円プラスすると、アイス部分にピンクのバラの造花を飾ってもらえます。リンゴのやさしい酸味とシュワシュワが絶妙に絡まりあい、とてもさわやかな風味です。

バニラアイスは柔らかいところ派ですが、氷と接しているガリガリの部分もおいしい!

そしてこの造花…昭和の時代にはあらゆる場所で見たぞ。

おいしくないバタークリームのケーキのトッピングとか、タイル貼りで底冷えがする和式トイレにあった防臭剤のネットの中とか(笑)改めてみると、とってもカワイイ…。持ち帰り可能で、小さな袋をくれます。

前述の喫茶店マニア女子っぽい方は「すみません、2種類を一度に出していただくことってできますか?」とオーダーしていました。

ですよね。気持ちわかる。

アラフォーが少女だったころの夢がいっぱい!

お店の中には、随所にオーナーさんのコレクションがちりばめられています。

12

ピンクレディーに、キッチュなおままごと道具。

16

小学館ミニレディー百科、集めてたー!
「たのしいクッキング」のレシピが今見ると「ビスケットを牛乳に浸し、クリームを塗る」というビスケットケーキだったりして時代がしのばれます。
「エッグサイダー」などのレシピはもはや平成に生きているとわけがわかりません。生卵にサイダー…?!「てきとうにのせる」などといった表記も、のんびりした時代を感じさせます。その「てきとう」がわかんないから本見てんだよ!って幼いながらにツッコんでたっけ…。

展示されているグッズの中には買えるものもあります。

14

この色鉛筆、床に落とすとガッシャーンってうるさくて注目浴びるやつだ。

昭和レトロを愛する若い作家の皆さんのグッズやアクセサリーも置かれています。

13

 

平成の終わりに昭和カルチャーにタイムスリップ

さて、この昭和レトロ愛溢れる喫茶店、今年で10年目を迎えます。それこそ、オーナーのナオミさん自身のコレクションと趣味をつめこんだ「宝石箱」…店名の由来は?

「ほんとはルビーとか、サファイヤとか宝石の名前にしようと思ったんですが…割とありふれていたので、全部まとめて宝石箱ってつけちゃいました」とのこと。

もしやと思い聞いてみました。
「あの、ピンクレディーがCMしてた、バニラアイスに色とりどりの氷がちりばめられていたカップアイス『宝石箱』は関係ないんですか?」

「そうです。そのアイスの名前もちょっと意識しています。」とのこと。やっぱり~。覚えてるよ。ほかのアイスが50円の時代に120円は痛かったもん…

友達と来れば話が弾んだのに、と悔やむ私に「でも、友達ときておしゃべりに夢中で結果よく見てなかったからまた来ました~って人もおおいんですよ~。」とのこと。

春になれば平成も終わって、昭和は2世代前になるのか…昭和の2世代前って…明治?!
明治は遠くなりにけり、とか言ってた時代がもう遠くなりにけりだよ…と感慨深く、店を後にしたのでした。

2
※お店のInstagramより拝借

そんな「喫茶宝石箱」は、たった8席の小さなお店。冒頭でもお伝えしましたが、確実に入店するためには、予約したり、お店に空席状況を確認してからお出かけしたほうがいいです。予約の仕方はお店のサイトをよく読んでくださいね!

 

喫茶宝石箱
世田谷区南烏山4-18-18 小山マンション102
TEL:03-5969-8577 OPEN:12時~18時30分(LO:18時)水曜休
http://housekibako.wixsite.com/2009

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 461 アヤコトリ
6歳女児の母。車の免許は持っていないけれど、子供乗せ電動自転車さえあれば、どこまでも行きます(最遠記録…早稲田)。本と喫茶店と古い建築物が大好きだ~!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ
  4. 乙女かわいい夢空間!昭和レトロな「喫茶宝石箱」で名物クリームソーダはいかが?@千歳烏山

特派員メンバー

  • m&m
    特派員No.654m&m
    こどもと行けるお店を日々探究しています!
  • Hall
    特派員No.778Hall
    ヴィンテージ食器と旅を愛する前髪パツ子
  • kumari
    特派員No.519kumari
    美味しくてディスプレイが可愛いお店が大好きです!
  • まなつ
    特派員No.518まなつ
    大好き☆ランチビール
  • てむたん
    特派員No.517てむたん
    お肉LOVEでーす!
  • たびねこ
    特派員No.655たびねこ
    肉食女子万歳!
  • yumi
    特派員No.656yumi
    自然と五感を大事に大切に暮らしています。
  • アカネコ。
    特派員No.659アカネコ。
    のんびりおいしい楽しいスポットをご紹介します♪
  • フローレンス
    特派員No.039フローレンス
    ムサコライフ満喫中
  • mikako
    特派員No.658mikako
    美味しいもの、子連れ情報発信したいです。
  • いなっち
    特派員No.657いなっち
    美味しいパン、食べ始めると止まらない
  • ミミロン
    特派員No.516ミミロン
    食べるの大好き!
  • 小山奈保子
    特派員No.514小山奈保子
    美容とファッションが大好きです!
  • アヤコトリ
    特派員No.461アヤコトリ
    自転車に乗ってどこまでも♪
  • ひなたけるん
    特派員No.433ひなたけるん
    ワクワクや美味しい!をお届け♪
  • コーヒーママ☆
    特派員No.513コーヒーママ☆
    子ども連れOKな場所はおまかせ!
  • 麒麟の花子
    特派員No.213麒麟の花子
    子連れランチ大好き
  • りんりん
    特派員No.287りんりん
    吉祥寺…私にとって癒しの街
  • いそがしがり
    特派員No.211いそがしがり
    吉祥寺をホームに、山に街に飛び回って忙しい日々です。
  • 凛音
    特派員No.288凛音
    人生おいしく楽しく元気よく♪
  • トロ
    特派員No.270トロ
    おいしい、かわいいに目がない☆
  • みんみん
    特派員No.271みんみん
    吉祥寺LOVE♪LOVE