1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 【武蔵小金井】DEEPすぎるイタリアン・レストラン「ラ・コメディア」
記事検索

【武蔵小金井】DEEPすぎるイタリアン・レストラン「ラ・コメディア」

特派員No. 846
みどり子さん
  • 2019/10/15 UP!

むさしのエリアには、個性的なレストランがたくさんあります。その中でも、今回ご紹介する「ラ・コメディア」のユニーク度は、頭ひとつ抜け出ている感じがします。

ネットに情報のないレストラン

thumbnail_IMG_2186

ある日、近所を散歩をしていると、道路脇にショップカードが置かれていました。店の名前は「ラ・コメディア」。どうやら、この近くのイタリアンレストランのもののようです。
しかし、家に持ち帰ったカードをよく見ると、住所と電話番号は書いてありますが、営業時間や定休日は書いてありません。検索しても、ネット上には情報が少なく、わざわざ電話して確かめることもしないまま、気がつけば1年近くが経過していました。

 

昼・夜限定1組、予約のある日だけ営業

その後、ネットのわずかな情報から、どうやらこの店は、昼も夜も1組だけの予約制の一軒家レストランだということがわかりました。
しかし、それを知ったら、なんだかお値段が張りそうな気がして、またまた電話をかけるのをためらってしまいました。

でも、家から歩いて行けるレストラン、やっぱり一度は行ってみたい!
そう思いなおして、夫の誕生日という大義名分のもと、今回、思い切ってランチの予約をしてみることにしました。

何の予備知識もないまま、予約の電話をかけたので、まずは電話に出たオーナーにメニューの相場を聞いてみました。するとパスタで1500円位とのこと(昼も夜も値段は一緒)。

それならばと、前菜、パスタ、メイン、デザートといったコース風のメニューで3500円位(ドリンクは別料金)の予算で…と、こちらの希望を伝えると、軽いディナーのイメージで、パスタをハーフサイズ2種類にすることを提案してくれたので、それでお願いすることにしました。苦手な食材はないので、メニューもすべてお任せしました。

オーナーに伺ったところ、その時々の食材などの都合でアレンジして提供しているため、メニュー表はあくまで「こういうものが、これくらいの値段でできる」という目安として見てほしいということでした。

掘りごたつで食べる絶品イタリアン

thumbnail_IMG_2190

さて、来訪日当日。
「ラ・コメディア」は、古い民家で営業しています。外観からは、とてもイタリアンレストランには見えないうえ、道路から奥まった場所にあるので、初めてだと迷うかもしれません。

玄関をノックして中に入ると、通されたのは掘りごたつのある6畳の和室。カンツォーネのCDが流れる室内には、時折、どこからともなく紛れ込んできた蚊の姿が。これも緑に囲まれた環境ゆえと我慢しましょう(笑) 。

客室はここだけで定員は6人。1人から予約でき、少々窮屈でもよければ、8人まで入れるそうです。

thumbnail_IMG_2187A

席に着いたところで、まずはドリンクを注文しました。驚いたのは、その種類の豊富さです。写真のメニュー以外にも、ホワイトボードに自家製のジュースメニューなどがずらり。

thumbnail_IMG_2196 (2)

しかも、ドリンクの専門店といってもよいハイレベルな味で、これから出てくる料理への期待が、ますます高まっていきました。

thumbnail_IMG_2200

次は、いよいよ料理の登場です。料理も配膳も、すべてオーナー1人で対応しているので、多少、時間がかかります。
そして、満を持して登場した前菜は、自家製のなすとセミドライトマト、バジル、チーズをオリーブオイルで炒めたもの。
うーん、特別な素材は使っていないのに、なぜ、こんなにおいしいの?
予想を上回るおいしさに、「この店は当たり」とテンションがあがります。

thumbnail_IMG_2202 (2) (1)

続いて登場したのは、1品目のパスタ「生クリームを使わない自家製ベーコンのカルボラーナ」。こちらのお店の麺は手打ちのたまご麺で、きれいな黄色が食欲をそそります。絶妙な塩加減の自家製ベーコンがアクセントになっており、とてもおいしくいただきました。

thumbnail_IMG_2203 (3)

2品目のパスタは「ボロネーゼ」です。平打ちの麺に絡んだコクのある牛肉のジューシーなソースは、一度食べるとまた食べたくなるおいしさがありました。

thumbnail_IMG_2205

そしてメインのお料理は「ホエイ豚のソテー」です。赤ワイン塩、バルサミコ酢、生クリームを使ったソースの味もさることながら、「これはすごい」と感動したのが、ホエイ豚の焼き加減。

168227

ちゃんと火は通っているけれど、まるでレア肉のような柔らかさ。これぞプロの技!と、思わずうなってしまいました。
thumbnail_IMG_2194 (2) (1)

しめのデザートは、「パッションフルーツのゼリーとホワイトチョコのムース」。これがまた、パッションフルーツの甘酸っぱさとムースの甘みのハーモニーが絶妙で、量的にも贅沢な一品でした。これぞ至福の時間。おいしいお料理、ごちそうさまでした!

168234
正直なところ、「ラ・コメディア」は、雰囲気やムードを重視する人や、かゆいところに手が届くサービスを期待する人にはおススメできません。
でも、料理は絶品!私はその場で次の予約を入れてしまったほどです。
ハマる人は絶対ハマる「ラ・コメディア」、興味のある方は、ぜひ一度お出かけになってみてください。

 

La Commedia
所在地:東京都小金井市本町3-12-7
電話番号:042-384-5855
営業時間:予約のある日のみ営業(昼・夜各1組限定)
アクセス:JR武蔵小金井駅北口徒歩約11分

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 846 みどり子
5年前、30年ぶりに実家のあるむさしのエリアに戻ってきました。すっかり様変わりした街をチャリンコで巡りながら、新しいお店や素敵なスポットを探すのが毎日の日課となっています。
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 【武蔵小金井】DEEPすぎるイタリアン・レストラン「ラ・コメディア」

特派員メンバー

  • しろ
    特派員No.841しろ
    夏とアジアンフードが大好きです!
  • Rieサン
    特派員No.842Rieサン
    アンテナは身体と心に優しい情報
  • こけだま
    特派員No.840こけだま
    味わいがあるけど、たまにこけます。
  • shio
    特派員No.839shio
    カレーと珈琲が好き
  • 西荻ハンナ
    特派員No.838西荻ハンナ
    美味しい、楽しい、美しい、沢山の「しい」をお伝えしたいです
  • ミサライト
    特派員No.843ミサライト
    ときめきスポットを全力で発信!
  • しろくろ
    特派員No.844しろくろ
    日々おいしいものを探してします。
  • yoko
    特派員No.848yoko
    ほぼ毎日食べ歩き!
  • 彩竹
    特派員No.847彩竹
    中央線沿いのオアシスを求めて★
  • みどり子
    特派員No.846みどり子
    大人女子を応援します!
  • もかっぷ
    特派員No.845もかっぷ
    素敵なカフェ探しにお付き合いください☆
  • m&m
    特派員No.654m&m
    こどもと行けるお店を日々探究しています!
  • kumari
    特派員No.519kumari
    美味しくてディスプレイが可愛いお店が大好きです!
  • まなつ
    特派員No.518まなつ
    大好き☆ランチビール
  • てむたん
    特派員No.517てむたん
    お肉LOVEでーす!
  • yumi
    特派員No.656yumi
    自然と五感を大事に大切に暮らしています。
  • フローレンス
    特派員No.039フローレンス
    ムサコライフ満喫中
  • 小山奈保子
    特派員No.514小山奈保子
    美容とファッションが大好きです!
  • アヤコトリ
    特派員No.461アヤコトリ
    自転車に乗ってどこまでも♪
  • ひなたけるん
    特派員No.433ひなたけるん
    ワクワクや美味しい!をお届け♪
  • 麒麟の花子
    特派員No.213麒麟の花子
    子連れランチ大好き
  • りんりん
    特派員No.287りんりん
    日々、トキメキを求めて♪
  • いそがしがり
    特派員No.211いそがしがり
    吉祥寺をホームに、山に街に飛び回って忙しい日々です。
  • 凛音
    特派員No.288凛音
    人生おいしく楽しく元気よく♪
  • トロ
    特派員No.270トロ
    おいしい、かわいいに目がない☆
  • みんみん
    特派員No.271みんみん
    吉祥寺LOVE♪LOVE