1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【2019年新酒】愛知県のおすすめ蔵開きイベント/大高エリアが熱い!

【2019年新酒】愛知県のおすすめ蔵開きイベント/大高エリアが熱い!

酒蔵さんぽ_main

気軽に見学できるのは
蔵開きならでは

日本酒の生産量が、全国でベスト10入りするほど、酒造りが盛んな愛知県。名古屋市内には5つの酒蔵があり、そのうちの3つが緑区大高にあります。

大高エリアで注目したいのが、山盛酒造、神の井酒造で2月24日(日)に行われる蔵開きイベント。酒蔵にとって、蔵開きは今年のお酒を知ってもらう大切な機会。たくさんの人に来てもらいたいと2つの蔵で同じ日に設定し、城下町大高を散策するイベントも同日開催されます。

「この日は、予約なしで酒蔵の中を見学できます。伝統的な酒造りの雰囲気を身近に感じられますよ」とは、山盛酒造の山盛岳志さん。

神の井酒造の久野正彦さんは、「大高のまちを散歩がてら、ふらっと酒蔵に足を運んでくれる人もいます」と話します。お酒を飲む目的以外でも楽しめる蔵開きは、県内各地で行われますよ。

 


\大高エリア、2月24日(日)の蔵開きイベント/

山盛酒造
1887年(明治20年)に江戸時代築造の酒蔵を譲り受けて創業し、土蔵造りの酒蔵と伝統的な酒造りを継承。明治、大正、昭和に建てられた建物が混在し、今なお現役です。酒蔵ライブも定期的に開催しています。

山盛酒造

山盛酒造「第26回酒蔵見学会」
●蔵見学(随時)
●できたて新酒の無料試飲・販売
●酒粕の販売(数量限定)
●甘酒のふるまい(数量限定) ほか
【日時】 2/24(日)10:00~15:00
【住所】 緑区大高町字高見74(JR東海道本線「大高」駅から徒歩約10分)
【料金】 入場無料  【予約】 不要
【仕込み水の提供】 なし(ペットボトルの水を販売)
【問い合わせ】 山盛酒造 ☎052-621-2003

 

神の井酒造
1856年(安政3年)創業。熱田神宮の「御神井」という井戸の名にちなんで名付けられました。今も使われている本家は1856年、蔵は1912年(大正元年)に建築されたもの。

神の井酒造

神の井酒造「酒蔵開放」
●蔵見学(随時)
●できたて新酒の無料試飲・販売
●ウリ漬けの試食・販売(数量限定)
【日時】 2/24(日)10:00~15:00
【住所】緑区大高町字高見25(JR東海道本線「大高」駅から徒歩約8分)
【料金】入場無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】なし
【問い合わせ】神の井酒造 ☎052-621-2008

同日開催!
「大高酒蔵開きと城下町散策会」
蔵開きにあわせ、松平元康(徳川家康)が兵糧入れに成功した「大高城跡」など、戦国城下町の名残をとどめる大高の町並みを巡ります。
【日時】2/24(日)受け付け時間10:00~13:30
※当日申し込み、受け付け後随時出発(散策時間は約1時間)
【集合】山盛酒造前
【料金】100円(資料代)
【問い合わせ】緑区役所地域力推進室 ☎052-625-3874

 


出かける前に✔ 蔵開き初心者の心得はこの4つ!

1.日本酒を飲むときは、お水も忘れずに

2.暖かく、動きやすい格好で

3.蔵のにぎやかな雰囲気を感じて

4.甘酒酒粕などにも注目

 


\愛知県内の蔵開きイベント/


1月19日(土)
山﨑合資会社「尊皇新春酒祭り」

●きき酒大会(5回開催、先着各30人)
●高級酒、プレミアム燗酒の有料試飲
●今シーズンの新酒の試飲販売
●全麹仕込み「一糀。ノンアルコール吟醸甘酒」のふるまい
●一色のうなぎ、三河湾で獲れた新鮮な海産物の干物、イタリアンなどのおつまみや軽食、特産品の販売ほか
※蔵見学はありません

【時間】9:00~15:00
【住所】西尾市西幡豆町柿田57(名鉄蒲郡線「西幡豆」駅から徒歩約3分)
【料金】入場無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】あり
【問い合わせ】山﨑合資会社 ☎0563-62-2005


2月2日(土)・3日(日)
丸石醸造「長誉蔵開き2019」

●樽酒のふるまい
●特別限定酒の販売(蔵開きだけの酒「蔵の隠し酒」・「大吟醸竹千代」、祭り限定「元禄三年三太夫」、二兎の限定販売)
●1年に1回だけの仕込み蔵の見学(随時)
●フード(魚料理)の販売 ほか

【時間】9:00~15:00
【住所】岡崎市中町6-2-5(名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から徒歩約20分)
【料金】入場無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】あり
【問い合わせ】丸石醸造 ☎0564-23-3333


2月10日(日)
盛田「2019ねのひ蔵開き」

●しぼりたて大吟醸原酒ショット販売
●イベントステージ
●酒粕入りたまり醤油ラーメン、酒蔵弁当、豚汁・おでん、その他露店出店
●杜氏による酒講座(当日先着予約制)
●みそ蔵見学ツアー(当日先着予約制)
●当日限定販売 蔵開き限定酒、生たまり
●酒粕・奈良漬つめ放題
●日本酒マイ・ラベル作り
●キッズスペース(射的・輪投げなど) ほか

【時間】9:30~15:00
【住所】常滑市小鈴谷字亀井戸21-1(盛田小鈴谷工場)(名鉄常滑線「常滑」駅から無料送迎バスを運行)
【料金】入場無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】なし
【問い合わせ】盛田小鈴谷工場 ☎0569-37-0511


2月23日(土)・24日(日)
澤田酒造「酒蔵開放2019」

●槽口しぼりたての生原酒の試飲
●「当日槽場汲みのお酒」の販売(数量限定・販売時間限定)
●特製甘酒のふるまい
●地元の銘菓や焼き物屋など9店舗が出店
●酒粕&酒スイーツ、大吟醸などの酒粕の販売(数量限定)
●酒蔵開放限定塩こうじ、米こうじの販売(数量限定)
●蔵元が語る蔵のこだわり解説(3回開催、先着予約制) ほか

【時間】2/23(土)9:30~15:00、2/24(日)10:00~15:00
【住所】常滑市古場町4-10(名鉄常滑線「常滑」駅から無料循環シャトルバスを運行)
【料金】入場料大人1人500円※お土産(ぐい呑みまたは白老のお酒300ml)付き(数量限定)、未成年者は無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】あり
【問い合わせ】澤田酒造 ☎0569-35-4003


3月23日(土)
神杉酒造「平成31年 蔵開き」

●ノンアルコールあま酒のふるまい
●新酒の限定量り売り
●「蔵人といくプチ蔵見学ツアー」を3回実施(各回30人程度まで、先着順)
●フード販売(地元産小麦・仕込み水使用の手打ちうどん、特製どて煮、紫黒米で仕込んだみりん「Cremisi」を練り込んだスイーツ、酒粕入り酒まんじゅうなど)
●酒風呂足湯体験
●野菜販売 ほか

【時間】10:00~15:00
【住所】安城市明治本町20-5(JR東海道本線「安城」駅から徒歩約6分)
【料金】入場無料 【予約】不要
【仕込み水の提供】あり
【問い合わせ】神杉酒造 ☎0566-75-2121


※内容は変更になる場合もあります
※お酒は20歳になってから。試飲をする場合は、公共交通機関で来場を

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【2019年新酒】愛知県のおすすめ蔵開きイベント/大高エリアが熱い!

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更