1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【終了しました】5月18日(土)妊活セミナー開催(託児あり)/いつか二人目ができる…で手遅れにならないために。

【終了しました】5月18日(土)妊活セミナー開催(託児あり)/いつか二人目ができる…で手遅れにならないために。

PR
  • 2019/04/05 UP!

PR/AMH普及協会

意外と多い“二人目不妊”。
正しい知識を身につけて人生計画を

なかなか二人目を
妊娠できないのはなぜ?

5月18日(土)
妊活セミナーを開催

一人目を自然妊娠した後、なかなか二人目を授からない…という家族の方は、医学的見地から今の状況を客観的に考えてみませんか?5月18日(土)開催の「妊活セミナー」では、現役医師が妊娠・出産の事実をくまなく解説。家族のこれからの人生計画にプラスになるはずです。ぜひご家族で参加してみてください。託児もあります!

一人目を自然妊娠したら、不妊にならないわけではない

日本では晩婚化が進んでいて、初産の年齢が上がっています。一人目は自然妊娠できたとしても、二人目のときは妊娠しにくい年齢に差し掛かっていることも。

出産経験に関係なく、妊娠率は30代前半から徐々に低下しはじめ、35歳以降急激に低下します。普通の夫婦生活を送り避妊しないで1年以上、35歳以上であれば半年以上妊娠できない場合は、「不妊」の可能性が。もしあなたが35歳以上で、2人目が欲しいと願いながらもなかなか恵まれないのだとしたら、卵子の老化が影響しているかもしれないのです。

卵子の老化はすべての女性に等しく起こることで、妻の生活環境などに原因があるわけではありません。医学的な事実を知り、家族で正確な情報を共有することで、早い段階で不妊治療へ踏み出す選択もあります。

日本では晩婚化が進んでいて、初産の年齢が上がっています。一人目は自然妊娠できたとしても、二人目のときは妊娠しにくい年齢に差し掛かっていることも。

出産経験に関係なく、妊娠率は30代前半から徐々に低下しはじめ、35歳以降急激に低下します。普通の夫婦生活を送り避妊しないで1年以上、35歳以上であれば半年以上妊娠できない場合は、「不妊」の可能性が。もしあなたが35歳以上で、2人目が欲しいと願いながらもなかなか恵まれないのだとしたら、卵子の老化が影響しているかもしれないのです。

卵子の老化はすべての女性に等しく起こることで、妻の生活環境などに原因があるわけではありません。医学的な事実を知り、家族で正確な情報を共有することで、早い段階で不妊治療へ踏み出す選択もあります。

Pick Up
年齢と比例して妊孕性が下がります

女性の体は、加齢とともに卵子の老化と減少が進みます。「生理があれば妊娠できる」と思っている人も多いですが、現実には閉経の約10年前から妊娠は難しくなります。

女性の体は、加齢とともに卵子の老化と減少が進みます。「生理があれば妊娠できる」と思っている人も多いですが、現実には閉経の約10年前から妊娠は難しくなります。

O’Connor et al 1998 を基に作成

女性の妊孕性のピークは22~23歳。35歳の時にはピーク時の約半分まで低下し、42、43歳を過ぎると極端に低下。43歳を過ぎると妊娠することはあっても、ほとんどが流産してしまうのが現状なのです。

女性の妊孕性のピークは22~23歳。35歳の時にはピーク時の約半分まで低下し、42、43歳を過ぎると極端に低下。43歳を過ぎると妊娠することはあっても、ほとんどが流産してしまうのが現状なのです。

「なかなか二人目を妊娠できないのはなぜ?
卵子の老化と減少について学び直そう」

二人目不妊を感じている家族、不妊治療を考えている人などが対象のセミナーです。
夫婦での参加も歓迎です。

日時:

5月18日(土)14:00~15:30(13:30受け付け開始)

会場:

ウインクあいち 10階1003会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38)

主催:

AMH普及協会

講師:

医療法人浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正先生

参加費:

500円

持ち物:

筆記用具

託児:

あり

詳しくはこちら
申込5月12日(日)16時まで

「なかなか二人目を妊娠できないのはなぜ?
卵子の老化と減少について学び直そう」

日時

5月18日(土)14:00~15:30(13:30受け付け開始)

会場

ウインクあいち 10階1003会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38)

主催:

AMH普及協会

講師:

医療法人浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正先生

参加費

500円

持ち物:

筆記用具

託児:

あり

詳しくはこちら
申込5月12日(日)16時まで

講師:医療法人 浅田レディースクリニック
理事長 浅田義正先生

講師プロフィル

・体外受精による通算妊娠数  1万5171人
  ※2019年2月現在3施設計 胎嚢確認数

・メディア出演実績例
2009年 3月 中京テレビ/ニュースリアルタイム「生命誕生の現場 不妊治療の安全管理は?」
2010年 9月 メ~テレ/どですか「野田議員49歳 妊娠公表を巡って…」
2011年10月~12月 ZIP-FM/SMILE DELI
2012年 2月 NHK/クローズアップ現代 「卵子の老化」
2012年 9月 フジテレビ/とくダネ! 「妊娠は何歳まで?卵子の数がわかる」
2012年 11月 フジテレビ/とくダネ! 「命の選択~増える早発閉経の現実~」
2013年 2月 NHK/おはよう日本「“卵子の数”検査 若い女性に」
2013年 6月 CBCテレビ/イッポウ「増える晩婚 高齢出産 不妊治療の現状は」
2014年 6月 CBCテレビ/ゴゴスマ「知っていますか?リアルな妊活」
2014年 7月 中京テレビ/キャッチ「家族のカタチ 不妊」
2015年 1月 FM愛知/GLOBAL R-VISION
2017年 9月 FM愛知/SUNDAYTOPINTERVIEW
2018年 4月 東海テレビ/ニュースONE「妊活最前線 卵子を学ぶ」
2019年 2月 TOKYO-MX/ひるキュン!「東京ホンネ調査」

講師プロフィル

・体外受精による通算妊娠数  1万5171人
  ※2019年2月現在3施設計 胎嚢確認数

・メディア出演実績例
2009年 3月 中京テレビ/ニュースリアルタイム
「生命誕生の現場 不妊治療の安全管理は?」
2010年 9月 メ~テレ/どですか
「野田議員49歳 妊娠公表を巡って…」
2011年10月~12月 ZIP-FM/SMILE DELI
2012年 2月 NHK/クローズアップ現代
「卵子の老化」
2012年 9月 フジテレビ/とくダネ!
「妊娠は何歳まで?卵子の数がわかる」
2012年 11月 フジテレビ/とくダネ!
「命の選択~増える早発閉経の現実~」
2013年 2月 NHK/おはよう日本
卵子の数”検査 若い女性に」
2013年 6月 CBCテレビ/イッポウ
「増える晩婚 高齢出産 不妊治療の現状は」
2014年 6月 CBCテレビ/ゴゴスマ
「知っていますか?リアルな妊活」
2014年 7月 中京テレビ/キャッチ
「家族のカタチ 不妊」
2015年 1月 FM愛知/GLOBAL R-VISION
2017年 9月 FM愛知/SUNDAYTOPINTERVIEW
2018年 4月 東海テレビ/ニュースONE
「妊活最前線 卵子を学ぶ」
2019年 2月 TOKYO-MX/ひるキュン!
「東京ホンネ調査」

参加者全員にプレゼント

『名医が教える 最短で授かる不妊治療』

発行:主婦の友社(2019/03/30)
価格:1,200円(税別)
著者:浅田 義正

AMH普及協会ホームページより申し込みしてください。

申し込みはこちらから


応募締め切り5月17日(金)18:00

主催/AMH普及協会

<問い合わせ> AMH普及協会 TEL:052-562-0180(平日9:00~17:00)
http://www.amh.or.jp/

主催/AMH普及協会

<問い合わせ>
AMH普及協会
TEL:052-562-0180(平日9:00~17:00)
http://www.amh.or.jp/

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【終了しました】5月18日(土)妊活セミナー開催(託児あり)/いつか二人目ができる…で手遅れにならないために。

会員登録・変更