1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 中国映画祭「電影2018」109シネマズ名古屋で3/14(水)まで。映画監督・李霄峰さん&俳優・辛鹏さんインタビューも

中国映画祭「電影2018」109シネマズ名古屋で3/14(水)まで。映画監督・李霄峰さん&俳優・辛鹏さんインタビューも

日中国交正常化45周年を記念し、中国映画祭「電影2018」が109シネマズ名古屋で開催中です(~3/14(水)まで)。上映されているのは、これまでの中国映画のイメージを覆す作品ばかり。まさに今の中国カルチャーの最前線を体験できる機会となるはず!

日本初公開の最新中国映画を上映

中国映画祭「電影2018」では、2018年公開予定作含む、最新の中国映画10本が上映(すべて日本初公開)。トロント国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し、中国でも現在大ヒット公開中の馮小剛(フォン・シャオガン)監督の『芳華-Youth-』(3/14(水)午後6時30分~上映)をはじめ、アクション、コメディ、ミステリーなど様々なジャンルの中国映画をリアルタイムに楽しめる映画祭です。

◆上映スケジュールはコチラ
http://www.jpfbj.cn/FilmFestival/denei2018/

芳華(=写真)中国で上映1か月で興行収入約230億円を記録した大ヒット作『芳華-Youth-』

本日3/12(月)に上映された映画『追跡』を一足先に観賞。監督を務めた李霄峰(リー・シャオフォン)さん、準主演の辛鹏(シン・ポン)さんにインタビューしました。


 I NTERVIEW
映画「追跡」(中国語タイトル:『追・踪』)
李霄峰(リー・シャオフォン)監督、辛鹏(シン・ポン)さん

IMG_9999Web02(=写真)左が李霄峰(リー・シャオフォン)監督、右が辛鹏(シン・ポン)さん

「道徳の力を問う。“人の道”とはどういうことかを掘り下げました」

「追跡(ついせき)」は、医学生ワン・ドンと製鉄所で働く青年シュー・フォンが、トルストイの「復活」という本を通して知り合い、交換殺人を決行。10年後、医師となって成功したワン・ドン、一方いまだに労働者として働くシュー・フォン。罪を犯した2人の人間性が、10年を経て問われる骨太な人間ドラマです。

知り合った警察官から交換殺人のことを聞き、アイデアを膨らませていったという李監督。「けれどサスペンスを描きたかったわけではありません。一番の狙いは人間の心の軌跡を観察すること。罪を犯した2人を通して、人の道とはどういうことなのか?を追及。道徳の力を問いながら信じたかったのです」

物語は衝撃的なサスペンスでありながら、2人の男の苦悩と導かれる人生がドラマティックに描かれていきます。

シュー・フォンを演じた辛鹏(シン・ポン)さんは、「僕はシュー・フォンをこう理解しています。労働者という階層や生まれた環境などを含めて、苦しみの中で生きてきたシュー・フォンだからこそ、大切なものがよく分かったんじゃないか。10年の間(殺人を犯したことを)悩み続けて、罪に対しての答えを出したかったのだと思います」

劇中、シュー・フォンは罪を償おうと、医師となったワン・ドンの元へ10年ぶりに姿を現します。けれど、ワン・ドンは、今の成功を捨てられず悲劇が起こります。李監督は、二人の出会いとなったトルストイの「復活」を、より理解していたのはシュー・フォンだったのではないかといいます。

「魂の苦難を描いたトルストイの『復活』が僕は大好きです。トルストイはこの作品を10年かけて執筆したといわれ、人生の懺悔が込められていると思います。『復活』とは、良識の復活、魂の復活、感覚の復活という3つ。人生は選択の繰り返しです。その選択に道徳性が問われているのです」

追跡

2人の青年は、トルストイの「復活」の解釈を巡って文通を交わし、ラストそれぞれ別の道を選び取る―。ラストシーン、悲しき犯罪者たちの行く末に嗚咽がこみ上げました。

黒澤明、北野武は別格

日本文化について聞いてみると、李監督は黒澤明はアジアを代表する名監督だと力説。辛さんも北野武「アウトレイジ」や黒澤明「羅生門」が特に印象的といいます。「善悪とは何か?を強く問いかける姿勢に引き込まれる」と辛さんが話すと、李監督が「北野武さんにいつか僕の撮る映画の主演を演じてほしい」とラブコールを送りました。ちなみに李監督、最近の映画で感動したのは浅野忠信主演映画「淵に立つ」。物語も役者も素晴らしく忘れがたい作品だったそう。


人間の心の奥底まで掘り下げ、見ごたえのある映画「追跡」。李監督が描きたかった深淵な人間ドラマはもちろん、美しい映像も必見。中国映画っておしゃれ!と思えるシーンが何度もありました。明日から上映される最新中国映画も乞うご期待!

中国映画祭「電影2018」名古屋
日時/2018年3月12日(月)~14日(水)
会場/109シネマズ名古屋 
★中国映画祭ホームページ
http://www.jpfbj.cn/FilmFestival/denei2018/

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 中国映画祭「電影2018」109シネマズ名古屋で3/14(水)まで。映画監督・李霄峰さん&俳優・辛鹏さんインタビューも


会員登録・変更