1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 「ええじゃないか とよはし映画祭2019」は3月10日(日)まで

「ええじゃないか とよはし映画祭2019」は3月10日(日)まで

とよはし映画祭パンフレット-1

名だたる映画監督や俳優・女優を輩出し、街のあちこちで撮影が行われ、「映画の街」になりつつ愛知県豊橋市。この地域にゆかりのある俳優・女優、監督などが一堂に会する、豊橋ならではの映画祭『ええじゃないか とよはし映画祭2019』が「穂の国とよはし芸術劇場PLAT」、「開発ビル10階ホール」で開催されます。

 

全上映作品にゲストが登壇!

02

上映されるのは、豊橋市や愛知県に関連する作品が中心。さらに、豊橋にゆかりのある映画人が熱烈に映画祭を応援します。たとえば、「ええじゃないかとよはし映画祭2019」ディレクターは、ふるさと大使の園子温監督。松井玲奈さんはアンバサダー、杉田成道監督はコンペティションの審査委員長として映画祭を盛り上げます。

また、全上映作品に豪華ゲストが登壇。明日3月9日(土)に上映される「曇天に笑う」には本広克行監督、俳優・古川雄輝さん、「祈りの幕が下りる時」には福澤克雄監督、TEAM NACS・音尾琢真さんらが登壇。3月10日(日)上映の「人魚の眠る家」には堤幸彦監督、俳優・山口紗弥加さん、「そらのレストラン」には深川栄洋監督、俳優・マキタスポーツさんらも来場します!

当日券や整理券をゲットして楽しもう

すでに前売りで売り切れている作品もあるということなので、まずは映画祭のホームページで見たい作品や会ってみたい人などをセレクト。そして上映場所に設置されている案内所へ急ごう。PLATで上映される作品は、PLAT北側広場に設置される「案内所・当日券販売所」へ。開発ビルで上映される作品は、開発ビル10階「案内所」へ。無料上映作品も「鑑賞整理券」が必要となります。

『ええじゃないか とよはし映画祭』
3月8日(金)~10日(日)
穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知県豊橋市西小田原町123番地)
開発ビル10階ホール(愛知県豊橋市駅前大通2-33-1、開発ビル10階)
http://etff.jp/

 

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 「ええじゃないか とよはし映画祭2019」は3月10日(日)まで

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更