1. 名古屋トップ
  2. 習い事
  3. 学校・幼稚園・保育園
  4. 【資料請求も受付】名古屋地区の私立中を“子どもインタビュー”で紹介中!

【資料請求も受付】名古屋地区の私立中を“子どもインタビュー”で紹介中!

リビング新聞が注目する愛知エリアの私立中学校。これから行われる説明会やオープンイベントに参加してスクールライフを具体的にイメージしてみましょう。イベントの詳しい内容は、それぞれの学校に問い合わせてください。また、下記より資料請求もできます。

389d58ab9031d59480beb28cc8d0cf96_s

2018年私立中学校 5・6月スケジュール

リビング新聞が注目する愛知エリアの私立中学校。説明会やオープンスクールに参加して、学生生活を具体的にイメージしてみましょう。

5月#

6月#


各校一覧

東海中学校
TEL 052(936)5111
名古屋中学校
TEL 052(721)5271
金城学院中学校
TEL 052(931)0821
名古屋女子大学中学校
TEL 052(841)8181
椙山女学園中学校
TEL 052(751)8131
名古屋国際中学校
TEL 052(858)2200
大成中学校
TEL 0586(81)1118
名古屋経済大学高蔵中学校
TEL 052(853)0050


男子校女子校 共学

資料請求はこちら

申し込み期限:2018年10月31日(水)まで

各学校はどんな雰囲気?生徒や先生にインタビュー

行事や部活動など、私立中学校の取り組みを紹介。私立中をちょっとのぞき見してみましょう。


名古屋国際中学校(共学)
http://www.nihs.ed.jp/

名古屋国際中身につけた知識を自分の目で確認する「Sus-Teen! Trip」の一環として、広島県のサステイナブルスクールを訪問。活動内容を報告し合うことで、プレゼンテーション能力も磨かれます

持続可能な未来をつくる「サステイナブルスクール」

「世界と日本の未来を担う国際人」を育成する名古屋国際中学校。2016年には、実践的なESD(持続可能な開発のための教育)活動が評価され、文部科学省が認定する全国24校のサステイナブルスクールに選ばれました。

サステイナブルスクールとは、持続可能な未来をつくることを目指して、実践的な取り組みを行う学校のこと。同校ではユネスコの気候変動プロジェクトに参加するなど、学校内外で社会課題と向き合っています。生徒自らが活動計画や目標を設定し、自分たちにできることを探究する「Sus-Teen!」では、「思い立ったら即実行」をモットーに、河川の清掃活動、使用済みのテニスボールを活用した植樹など、さまざまな活動を展開。生徒たちは「自分で考え、人と関わることで、学びが広がっている」と話します。


金城学院中学校(女子校)
http://www.hs.kinjo-u.ac.jp/

金城学院中学校左から、生徒支援担当の宮之原弘先生、中学校3年生の白栁百望さん、藤榮璃々さん、吉田有伽さん。「中学生によるケータイ・スマホハンドブック」は4月30日発行です

生徒の視点によるハンドブックが完成!

金城学院中学校の生徒会を中心としたメンバー15人で取り組む「中学生によるケータイ・スマホハンドブック」制作が、大詰めを迎えています。

始まりは2009年。ネットいじめなどの社会問題を背景に、ケータイ・スマホとどう向き合うのか。高等学校の生徒によるハンドブックが毎年発行され、10年目を迎える今年は、中学校へ場が移ることに。藤榮さんは「新しく加えたいデータを持ち寄り、話し合う中で気づきがたくさんありました」。「こだわったのは読みやすさ。使い方を見直す入門書として手に取ってほしい」とは吉田さん。最後に、生徒会長の白栁さんは「良い面、悪い面を理解しながら、選択できる目が持てました。ハンドブックを通して、読む人が自分なりの視点や考え方を持ってくれたらうれしい」と話してくれました。


名古屋女子大学中学校(女子校)
http://www.meijodai.ed.jp/junior/

名古屋女子大学中学話してくれた2人は、今年1月の土曜講座でチョコレートをテーマに、カカオ農場での児童労働に関するレクチャーを受けました。どう生きるかを考えるきっかけにも

発見がいっぱい!土曜講座「NPO訪問」

中高一貫教育の名古屋女子。中学校3年生の2人は、学校の魅力を「1~6年まで、学年を超えて交流の機会がたくさんあります。また、一つの目標に向かって頑張ったり、一緒に考える場もあります。楽しいし、学ぶことも多い」と話します。

土曜講座「NPO訪問」は1・2年生対象。毎年1回、複数のNPO、NGOから興味のある団体を選んで訪問し、活動内容などを学びます。2人が今年1月に訪れたのは「名古屋をフェアトレードタウンにしよう会」。

「人権や環境について考え、フェアトレードをたくさんの人に知ってほしいと思いました」。「知らないことばかりでした。フェアトレードマークの付いた商品をこれから気にしたいです」と参加した2人。勉学以外にも、学びと発見の機会にあふれた環境で、充実した笑顔が弾けます。


名古屋経済大学高蔵中学校(共学)
http://www.takakura-hj.info

名古屋経済大学高蔵中学校2つの提携校にはそれぞれ日本語の授業があり、日本語に興味を持つ生徒たちが多数在籍。出発前には現地の生徒とインターネットを通して交流を深めます

オーストラリア語学研修で生きた英語を習得

ネイティブスピーカーによる少人数制の英会話授業、スポーツやゲーム、クッキングなどを楽しみながらオールイングリッシュで生活する2泊3日の「イングリッシュ・キャンプ」など、ユニークなカリキュラムで生きた英語を学べると評判を呼んでいる高蔵中学校。なかでも生徒たちに人気を集めているのが、夏休みを利用して行われる「オーストラリア語学研修」です。

研修では、現地の提携校にホストシスターやホストブラザーと一緒に登校し、音楽や体育、家庭科、日本語などの授業を受けたり、地域の小学校を訪問して日本文化を紹介したりと、海外研修ならではの魅力が満載。英語はもちろん、オーストラリアの文化も学べると、2年連続して参加する生徒もいるほどの人気プログラムになっています。


大成中学校(共学)
http://www.aichi-shinwa-taisei.ed.jp/junior/

大成中学校5つの海外研修は、それぞれ特徴のある異なった内容で行われました。早い段階から海外を直接感じることで、将来のことを真剣に考える生徒が増えたそう

多彩な海外研修プログラムで大きく成長

大成中学校では、グローバル社会で活躍し、社会貢献できる人材を育てるためのプログラムを実践。なかでも、生徒たちが楽しみにしているのが海外研修です。

今年は、従来から行っているニュージーランドに加え、フィリピン・セブ島、カナダでの語学研修、オーストラリア姉妹校との相互学習、アメリカのゼミ研修と5つの海外研修が行われました。また、6月にオーストラリア姉妹校の生徒を受け入れるほか、夏にはセブ島やモンゴルの姉妹校への生徒派遣、カンボジアでのボランティアなど、たくさんの研修プログラムが予定されています。海外研修を経験した生徒たちは「英語の重要性を痛感した」「将来、何をしたいかを考えるきっかけになった」など、広い世界を知ることで大きく成長しているようです。


資料請求はこちら

申し込み期限:2018年10月31日(水)まで


また、オープンスクールや学校説明会では下記をチェックしてみてね。

学校を知るチャート


もっとくわしい情報は「愛知県私学協会中学校部会」のHPも参考に!
http://www.aichi.sc/

 

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 習い事
  3. 学校・幼稚園・保育園
  4. 【資料請求も受付】名古屋地区の私立中を“子どもインタビュー”で紹介中!
電子ブックを読む
現在名古屋エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更