1. 名古屋トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. ランチ
  4. GWは土岐美濃焼まつりへ!名古屋から電車で行く多治見&土岐の日帰り旅
記事検索

GWは土岐美濃焼まつりへ!名古屋から電車で行く多治見&土岐の日帰り旅

特派員No. 408
みにゃもさん

“やきもの”好きな妹と、岐阜県多治見市まで遊びに行ってきました!名古屋駅から多治見駅まで、JRの「ワイドビュー」だと約20分/1740円(特急代+乗車券代)で行けますが、今回は快速電車で約40分/670円(乗車券代のみ)で行ってきました。「名古屋から電車で行く多治見&土岐の日帰り旅」のはじまりです。

 

“ききょうバス”で観光地を巡ろう!

土・日曜、祝日のみ運行しているききょうバスの「オリベ観光ルート」はお得で便利!片道100円(一部区間)~200円ですが、1日乗車券なら300円とお得です。1日約6便の運行。時間を合わせればとても便利に乗ることができました。

36885994_2020060808068975_5303281289019785216_n

まずはJR多治見駅前のバス停で乗車です。かわいい多治見のキャラクター「うながっぱ」が描かれているので分かりやすいですね。

意外と穴場?美濃焼を知るなら「美濃焼ミュージアム」

32267490_1924882550920135_8039595122121244672_n
多治見駅からバスで約20分

まずは「美濃焼ミュージアム」へ!思っていたより小さめの建物だったので、次のバスが来る1時間の間にゆっくり余裕を持って見ることができました。

美濃焼についてほぼ知らないことだらけだったのですが、ひとつひとつの展示の説明を見ていくとどんどん美濃焼について詳しくなっていきました。多治見では様々な場所で美濃焼を見ることができるので、美濃焼について少しでも知っていると見方が変わってきますよ!
受付付近では美濃焼のお皿などが売られているので、買い物も楽しめました。

今回は行きませんでしたが、美濃焼ミュージアムのすぐ近くに「安土桃山陶磁の里」という陶芸体験ができる施設もあり、楽しそうですね。

朝一番のバスに乗り、行きは数人程度しかおらず美濃焼ミュージアムで降りる方もあまりいませんでした。ちょうど1時間後のバスに乗ると、補助席を使っても満席!

次の目的地は「セラミックパークMINO」

32454711_1924882877586769_4509194951849934848_n

「美濃焼ミュージアム」から「セラミックパークMINO」までは“ききょうバス”で約3分。セラミックパークMINOは“オリベ観光ルート”の折り返し地点です。

作陶館などで“やきもの作り”が体験できるのですが、今回は時間があまりなかったので、1時間ほど館内をぶらぶら。イベントを頻繁にやっているので、公式サイトなどでチェックしてから行くのもいいですね。

バスの中からでも見える修道院

32294202_1924882824253441_5823039913146187776_n

「セラミックパークMINO」で1時間過ごしたあと、「ききょうバス」で多治見駅まで帰りました。その途中で見えるのは、神言修道会多治見修道院(=写真上)です。オリベ観光ルートで通るので車窓をチェックしてみてくださいね。

そのほか「多治見本町オリベストリート」なども停車します。「ききょうバス」は、はじめて多治見を観光する方にはバッチリのスポットにたくさん停まるので、おすすめです。

多治見から土岐へ移動。GWは「土岐美濃焼まつり」

多治見駅から土岐市駅までは、JRで1駅(約5~6分)です。土岐市にも焼物のお店がたくさんあると聞き気になっていましたが、今回は日本三大陶器まつりの一つ「土岐美濃焼まつり」に行ってきました。土岐市は陶磁器生産量日本一の街だそうです。

このお祭りは毎年ゴールデンウィーク(5月3日~5日/9時~17時)に開かれているので、ぜひ2019年GWは「第43回土岐美濃焼まつり」へ!

昨年の「土岐美濃焼まつり」の様子をお届け!

42512544_2165278443547210_4617355809049804800_n

お祭り期間中は、土岐市駅から無料シャトルバスが出ているので、アクセスも抜群です。2018年度は15分間隔で運行していました。

42518912_2165278503547204_195426436511694848_n

かなりの出店数と、イベントも盛りだくさんでした。

14時頃に会場につき17時の終了時間までいましたが、まったく時間が足りませんでした…。来年は朝から行こうと大反省するくらいの充実さです!帰りのシャトルバスは混み合うので、終了時間には気を付けてお帰りください。

名古屋から日帰りでも充分楽しめる多治見&土岐の旅、ぜひ行ってみてください♪

 

多治見市/ききょうバス
オリベ観光ルート運行期間:土日祝のみ、1日6便

多治見市美濃焼ミュージアム
開館時間:9時~17時
観覧料:310円
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)/年末年始

セラミックパークMINO
開館時間:8:00 – 21:00(美術館や作陶館などは営業時間が変わります)
観覧料:無料(特別展などは有料)
休館日:年末年始(美術館などは月曜日/月曜日が祝日の場合は翌平日)

 多治見駅北口から徒歩30秒のおしゃれスポットはこちら 
“食とアート”の新感覚レストラン!「ツリーバイネイキッド 多治見」

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 408 みにゃも
大阪出身。名古屋に嫁いできて3年、夫と2人ぐらし。趣味は自転車で名古屋のいいとこ探し。好きなものは懸賞応募、カメラ、旅行、マラソン、食べること、夫。毎日全力で生きてます。ダイエットは明日から。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. ランチ
  4. GWは土岐美濃焼まつりへ!名古屋から電車で行く多治見&土岐の日帰り旅

特派員メンバー

  • のん
    特派員No.429のん
    お出かけする事が大好きな二児のママです。
  • ERIKO
    特派員No.407ERIKO
    旅行と飲食がライフワークです♪
  • みにゃも
    特派員No.408みにゃも
    敵はカロリーにあり
  • いちママ
    特派員No.409いちママ
    育児と息抜きランチを楽しみます
  • みきしいた
    特派員No.410みきしいた
    自転車で小牧のステキ発見!
  • 丼
    特派員No.413
    好奇心は、溢れ出す煮汁の如し
  • みほじろう
    特派員No.414みほじろう
    主婦目線のオイシイ情報発信中!
  • ちかりん758
    特派員No.475ちかりん758
    食の魔法使い
  • マロン
    特派員No.476マロン
    食べること、お花、旅行が大好きです。新米ママです。
  • しほママ
    特派員No.478しほママ
    人生楽しまなきゃ!
  • ミニデジコ
    特派員No.481ミニデジコ
    カフェめぐりしながら、ぬい撮りにもはまっています。
  • とんちゃん
    特派員No.482とんちゃん
    中一娘子育て卒業! まだまだかな~
  • marun
    特派員No.483marun
    隙間時間にささやかな幸せ!
  • にゃだ
    特派員No.484にゃだ
    美味しいものと楽しいことに全力で!
  • おこめ
    特派員No.485おこめ
    寅年 30歳 会社員&主婦しています。
  • えりころ
    特派員No.727えりころ
    紅茶とゲーム好きの道産子ママです☆
  • 紫陽花
    特派員No.728紫陽花
    ベランダガーデニングを頑張っています!
  • ぴのmama
    特派員No.729ぴのmama
    おいしいものは元気の源!
  • Panta
    特派員No.730Panta
    子連れでもお出かけ楽しむぞ!!
  • りびっと
    特派員No.777りびっと
    ぷらぷらたべておかいもの♪