1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 小塚崇彦さんと共同開発!フィギュアスケート靴用ブレード YAMAICHI「KOZUKABLADES」

小塚崇彦さんと共同開発!フィギュアスケート靴用ブレード YAMAICHI「KOZUKABLADES」

小塚崇彦さんと共同開発
名古屋発スケート靴用ブレード

数々のメダリストを輩出しているフィギュアスケート王国・名古屋で、新たな動きが!緑区にある特殊鋼ビジネスを展開する「山一ハガネ」が、フィギュアスケーターの小塚崇彦さんとフィギュアスケート靴用のブレード(刃)を共同開発しました。

KOZUKABLADES完成したYAMAICHI「KOZUKABLADES」を手に持つ技術開発センター長の藤井さん。「選手のブレードの悩みが、私たちの技術で改善されたらうれしいです」

従来3つのパーツを溶接でつなぎ合わせて作られるブレード。溶接部分はジャンプの衝撃で折れたり曲がったりしやすくなり、それが選手の悩みの種でした。小塚さんが同社を訪れたとき、ひとつの金属の塊から削り出して製品を作る技術を知り、「ブレードも作れませんか」と尋ねたことから、開発がスタートしました。

「金属の塊から形を作る技術は持っていますが、ブレード作りは初めて。“もっとスピンをまわりやすく”といった感覚的な要望に、どうすれば応えられるのか。何度も何度もテストを繰り返しました」と技術開発センター長の藤井正法さん。

6年の歳月を経て、今年4 月ついに商品化。“ものづくり名古屋”の技術力が、フィギュアスケート界に新たな風を吹かせそうです。

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 小塚崇彦さんと共同開発!フィギュアスケート靴用ブレード YAMAICHI「KOZUKABLADES」

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2018年 創刊号

電子ブックを読む



会員登録・変更