1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. スポット
  4. イケメンゴリラ新居の住み心地は?「東山動植物園」新ゴリラ・チンパンジー舎オープン

イケメンゴリラ新居の住み心地は?「東山動植物園」新ゴリラ・チンパンジー舎オープン

イケメンゴリラ「シャバーニ」ファミリー、チンパンジーとともに広い敷地に引っ越しし、一般公開がスタート!

入園者No.1の上野動物園を追い越せ!シャバーニ親子3世代がありのまま生きる姿を

WebNews P1

記者が1番近づけたガラス越しの「シャバーニ」の写真はこれ!

北海道の旭山動物園を抜き、上野動物園に次いで入園者ナンバー2のポジションを取り戻した、名古屋市千種区にある公的機関運営の「東山動植物園」。テレビCMにも抜てきされるなど、イケメンゴリラの名をすっかり我がものにした、ニシローランドゴリラ「シャバーニ」人気がけん引しています。5頭が群れで生活するシャバーニ・ファミリーと、チンパンジー一家がそろって住まいを「アフリカの森」エリアへと移し、一般公開が始まりました。

旭山動物園お得意の「行動展示」にチェンジ

地下鉄東山線「東山公園」駅からすぐそばにある東山動植物園。正門から噴水広場まで行き、陸橋を越えて北園(ほくえん)方面へ。「アフリカの森」エリア屋外運動場の右側がゴリラの住まい、左側がチンパンジー舎。隣り合うスタイルが目に飛び込んできます。

WebNews P4

ゴリラが群れで生活する様子が隅々まで観察できる行動展示はgood!

愛知県犬山市にある日本モンキーセンター・園長であり、今回の構想(旭山動物園に見られる「行動展示」に近づける発想)づくりに携わったのが、京都大学・野生動物研究センターの伊谷原一(いだに・げんいち)教授。「ゴリラとチンパンジーの生息域は同じ。たとえ壁でお互いの存在を認識できなくても“素顔のままで”を再現することにこだわったつくり」と明かします。

名古屋市・河村たかし市長は「私も小さいころ、弁当を持って両親によく連れて行ってもらった。恐竜などいっぱい思い出があるだけに、(今回のアフリカの森オープンには)感無量。きっと、ゴリラもチンパンジーも喜んでくれている」と、大陸ごとにリニューアルを講じていく「東山動植物園再生プラン」の意義を強調。ポスト・上野動物園を目指す野心をむき出しにしました。

WebNews P2

くす玉割りで盛大にオープンを祝いました

河村市長や地元・ブラザー工業・名古屋トヨペット・NTTドコモ東海など再生プランで協定を結ぶ企業幹部らとともに、くす玉の製作に関わった地元の幼稚園児たちがくす玉割りをして、施設オープンとなりました。

広さは日本一。ゴリラたちのアクティブな一面が見られるのはここだけ!

館内に入ると、まずはチンパンジーたちがお目見え。見かけた河村市長の挑発的なポーズを気にしたからでしょうか、ガラス越しのチンパンジーが同じようなしぐさをして河村市長に突っ込むようなシーンを目撃。市長も少し驚いた様子で、周りの人たちも写真撮影に夢中のようです。

WebNews P3

河村市長と至近距離のチンパンジー

そして、シャバーニたちがいるゾーンへ。チンパンジー舎と同じように体が思い切り動かせるようにと、広さは日本一。高さ十分の屋内空間にロープ・ハンモック・ボール・バケツがあり、シャバーニも加わって追いかけっこのようなことをしたり、じゃれ合ったり、陽気にスキップするような動作が見られるなど、生まれの地・アフリカでの本来の暮らしを垣間見るよう。

大きなガラス張りの見どころは4カ所。向こうからこちらに向かってガラスをたたきにやって来たり、すり寄ってくることも。これまで以上に動物たちとのコミュニケーションを取れる感覚です。動物たちの休憩タイムを除けば何度も出入りできるので、じっくりとファミリーの様子を観察しに出かけてみましょう。

東山動植物園ホームページ
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. スポット
  4. イケメンゴリラ新居の住み心地は?「東山動植物園」新ゴリラ・チンパンジー舎オープン

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2018年 創刊号

電子ブックを読む



会員登録・変更