1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 仏壇所有率の高い名古屋でもモダンな「現代仏壇」が主流に。帰省前に進化したおしゃれ仏壇をチェック

仏壇所有率の高い名古屋でもモダンな「現代仏壇」が主流に。帰省前に進化したおしゃれ仏壇をチェック

5月、大名古屋ビルヂング10階、ハウジング・デザイン・センター名古屋(名古屋市中村区名駅3-28-12)に、現代仏壇を扱う「ギャラリーメモリア名古屋駅前」がオープン。帰省前の夏休みを迎え、ちょっと仏壇が気になっている人もいるのではないでしょうか。“現代風の仏壇”とは一体どういうものなの?気になって訪れてみました。

web_4868

(=写真上)「ギャラリーメモリア名古屋駅前」エントランス

 

トレンドはコンパクト&部屋になじむデザイン

畳の部屋に黄金と黒で統一された仏壇がある昔ながらの風景。祖母の家の仏壇を見ては、恐る恐る手を合わせ、ワケも分からず木魚を叩いてみたり、線香から流れる一筋の煙をぼーっと見つめて癒されたりしたものです。

けれど最近は住宅の狭小化やマンション住まいの家族が増え、大きな仏壇を置けなくなってきました。そこで、コンパクトな仏壇、洋室に合う仏壇が選ばれているそうです。

とはいっても、仏壇は仏壇でしょ!?と思っていたのですが、「ギャラリーメモリア名古屋駅前」に展示してある仏壇は、一見仏壇と分からないようなおしゃれなものばかり。

web_4844

(=写真上)例えばこれは何に見えますか?美しい木目を組み合わせたデザインのモニュメントのようですが、実は仏壇です。扉を開けると…

web_4842

(=写真上)このように仏具や写真などを飾ることができ、照明もついています。

web_4838

(=写真上)こちらはリビングルームなどの壁面に掛けるタイプの仏壇。扉を開けると丸窓のなかに黄金の世界が広がります。

web_4805

(=写真上)趣は異なりますが、こちらも壁掛けタイプの仏壇。アート作品や、戸棚のように見えますよね。

web_4810

(=写真上)扉をスライドさせると、小さな祈りのスペースが現れます。

このように、リビングルームなど普段家族が集う場所にさりげなく配置できるコンパクトさとオシャレなデザインが「現代仏壇」の特徴。生活スペースにマッチしたことで、実家にだけ、和室にだけあった仏壇が、より身近に感じられます。

「ギャラリーメモリア名古屋駅前」店長・荒谷真二郎さんによると、仏壇は残された人の心のケアも兼ねるのだそう。
「どんな仏壇にして、仏具は何色でそろえよう…と仏壇をコーディネートしていくなかで、故人の思い出に触れて穏やかに時を過ごしたり、家に置かれた仏壇に手を合わせ大切な家族に話しかけ、報告したりすることで、少しずつ残された人の気持ちを昇華していく役割が仏壇にはあると思います」

web_4808

(=写真上)モダンな部屋に合うように作られた壁掛け仏壇。

 

日本人の祈るスタイルはそのままに、仏壇は住環境に応じて変化してもいい

訪れた「ギャラリーメモリア」は八木研(本社:大阪府東成区)が展開する現代仏壇の直販店。実は、約35年前日本で初めて現代仏壇を発表したのが、八木研。当初は業界の反発もあったそうですが、今は都心部やマンション住まいの人の半数以上がモダンな仏壇を選択するほどに市場が成長しています。

「ライフスタイルや住環境の変化に合わせて、仏壇のデザインも変わって良いはず。日本には仏壇ができる以前から、先祖を供養する風習がありました。その思いを大切に引き継ぐことを一番に考えて、新たな仏壇作りをしています」(荒谷さん)

web_4818

(=写真上)精密な作られた格子扉から、家具職人の高い技術を感じ取れます。

八木研では、仏壇のデザインを自社で企画し、仏壇は各地の家具メーカーで製造。提携する家具メーカーは全国に渡り、職人さんが夫婦で営むような小さくても技術の高い工房などとも提携。優れた家具職人の技術を後世に受け継ぐ役割も担いたいと話していました。

web_4814

(=写真上)木が波の動きのようにみえる芸術性高い、台付きタイプの仏壇。匠の技が光る今年の新商品「アンテロープ」です。

 

新しくオープンした名駅の店舗は、まるで空中回廊

web_4865

(=写真上)名駅をのぞむ高層ビル10階にある「ギャラリーメモリア名古屋駅前」

名駅が一望できる景色抜群の店内は気持ちが前向きになれそうな空間。夕方に訪れると、また素敵なのではないでしょうか。「名古屋はもともと仏壇の産地でもあり、仏壇所有率が高い土地。仏壇に手を合わせるという文化が根付いているからこそ、生活スタイルが変化しても、仏壇が身近にあり続けるエリアだと思います」と荒谷さん。

 

仏壇を考えることで、死生観とやさしくと向き合える

web_4854

(=写真上)現代仏壇に合わせるのは現代仏具。骨壺も、大切な人の好みや印象に合わせて選ぶことができます。

(=動画上)リンも現代風に。「たまゆら パステル」という商品で売れているそう!

今回、新しい仏壇のスタイルや故人を尊ぶスタイルを取材して、少し自分の気持ちで変化がありました。そう遠くない未来やってくるであろう身近な人の死。大切な誰かを亡くすなんて想像しただけで耐えられない…と思ってきましたが、「死」があるから「今」を大切にしたいと、当たり前のことに気付かされました。亡くなってもそばに感じながら、今を生きることを受け入れる強さを、仏壇から得られるような気がしました!

現代仏壇は、時代に合った機能性だけでなく、なんとなく心が救われる存在でもあるのかもしれせんね。

 

取材先/ギャラリーメモリア名古屋駅前
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング10階 HDC名古屋内
AM10:00~PM6:00
tel.0120-596-971
http://yagiken-memoria.com/shop-info/nagoya/

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 仏壇所有率の高い名古屋でもモダンな「現代仏壇」が主流に。帰省前に進化したおしゃれ仏壇をチェック
電子ブックを読む
現在名古屋エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更