1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. 行政ニュース
  4. 「ジブリパーク」は2022年秋開業!魔女の谷、もののけの里など5つの世界が出現

「ジブリパーク」は2022年秋開業!魔女の谷、もののけの里など5つの世界が出現

パークロゴ

「ジブリパーク」の構想を発表
今までにない新しい公園に

多くのファンが待ち望んでいる「ジブリパーク」。先日、基本構想の発表・合同記者会見が行
われました。

会場は、2005年に愛知万博を開催した「愛・地球博記念公園」。公園施設の一部として開発される「ジブリパーク」は、2022年秋頃に開業。2022年には「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」、1年後に「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」がオープン予定です。

もãEのけãE里B1

(=写真上)「もものけの里」エリアのデザイン画。もののけ姫のエミシの村とタタラ場をもとにした和風な里山。タタラ場(体験学習施設)、炭焼き小屋、休憩処などができる予定。

ジブリの大倉庫B1

(=写真上)「ジブリの大倉庫」エリアのデザイン画。ジブリ作品の保管・保存として使用され、常設展示、企画展示などが行われるそう。

青春の丘B1

(=写真上)「青春の丘」エリアのデザイン画。奥のエレベーター塔は、19世紀末の空想科学をイメージして建築。手前は、「耳をすませば」の「地球屋」のような場所に!

魔女の谷

(=写真上)「魔女の谷」エリアのデザイン画。「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」などの北ヨーロッパ風の空間が出現!オキノ邸、ハウルの動く城の荒地、レストランなどが整備されます。

整備エリア(1221) (1)

「ジブリパークを愛知県に決めた理由は、私が名古屋出身だからではなく、大村知事の情熱に押されたからです」と、スタジオジブリ代表取締役プロデューサーの鈴木敏夫さん。運営事業や施設詳細は、今年度中をめどにこれから決定していく予定ですが、「今までにない新しい公園になるよう、全力を注いでいきます」と、力強く大村知事は話します。

愛知県のニュースリリース

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街ニュース
  3. 行政ニュース
  4. 「ジブリパーク」は2022年秋開業!魔女の谷、もののけの里など5つの世界が出現

サンケイリビング小学生新聞

名古屋リビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更