1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. 旅tips
  4. 【旅tips 福井編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント

おでかけコレクション

  • おでかけコレクションTOP
  • ツアー・バスツアー
  • グルメ・イベント

【旅tips 福井編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント

2017/12/26

  • コシヒカリ発祥の地、福井県のブランド米「いちほまれ」(2kg)を5人にプレゼント
    プレゼント
    コシヒカリ発祥の地、福井県で20万種から選ばれ、6年の歳月をかけて誕生したブランド米「いちほまれ」。絹のようにキラキラ輝く白さとツヤ、粒感と粘りのバランスの良さ、口に広がるやさしい甘みが特徴で、料理のおいしさを一層引き立ててくれます。粒が大きく見た目もツヤツヤ、冷めてもおいしく食べられるのでお弁当にもピッタリ。
    「いちほまれ」(2㎏)を抽選で5人にプレゼントします。
    応募締め切りは2018年1/14(日)23:59

    プレゼントの応募は終了しました

  • 福井編   

  • 今回のセレクトは福井県観光営業部 稲木美江さん

    福井県観光営業部ブランド営業課 稲本美江さん

    冬の味覚の王者「越前がに」、身のしまった「若狭ふぐ」。これからの季節、福井はおいしい海の幸が盛りだくさん。雪国ならではの冬の極上アクティビティーや温泉も充実しています。インドア派にはめがねやペーパーナイフなどのモノづくり体験、お子さま連れなら「福井県立恐竜博物館」もおススメです。JR福井駅前では恐竜が福井に来た皆さまをお出迎え。SNSの写真撮影はここで決まり! グルメも温泉も遊びも満載の福井県にいっぺん遊びに来てみねの~!

福井県を旅する♪ 稲木さんオススメの注目Topics

・・身の締まりがいいプリプリの若狭ふぐ

・・・ピリリとした辛さがクセになる越前おろしそば

・・・実物大の恐竜化石が迫力満点「福井県立恐竜博物館」

・・・見て、買って、体験できる「めがねミュージアム」

・・・“関西の奥座敷”として親しまれる「あわら温泉」

・・・伝統の職人技を体験できる「タケフナイフビレッジ」

・・・冬ならではのアクティビティーで大自然を満喫して

身の締まりが良くてプリプリ~
絶品「若狭ふぐ」は越前ガニと並ぶ福井の冬グルメ

美食の宝庫、御食国(みけつくに※)若狭の冬といえば「若狭ふぐ」。若狭湾は日本で最も北に位置するトラフグの産地です。リアス式海岸で潮の通りがよく、より自然に近い環境で育てられているフグは、身の締まりがいいのが特徴。プリプリとはじける歯ごたえが絶品!と高い評価を受けています。

※「御食国」(みけつくに)とは、古来、朝廷に「御贄(みにえ)」(「御食」:天皇の御食料を指す)を納めた国のこと

問い合わせ 福井県庁 水産課
TEL 0776-20-0436
ホームページ http://info.pref.fukui.lg.jp/suisan/fuguyado/

大根のピリリとした辛味がクセになる「越前おろしそば」
地元ではもちろん、観光客にも人気の定番グルメ

福井県は、風味の高いそばが育つ条件といわれる北緯36°線上に位置しています。県内で栽培されている玄そばは、皮が薄くて小粒。石臼でひいたそば粉を手打ちで仕上げたおいしさは格別です。たっぷりの湯でゆで上げたアツアツの麺を冷水でキュッと引き締め、ピリリと辛い大根おろしがたっぷり入ったみぞれ状の冷たいダシをかけていただく「越前おろしそば」、ぜひ福井で味わって。

問い合わせ 福井県庁 福井米戦略課
TEL 0776-20-0425
ホームページ http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/fukuimai/soba/shop2.html

実物大の恐竜化石標本がズラリ!
迫力満点の「福井県立恐竜博物館」

国内の約8割の恐竜化石が福井県で産出され、国際的な視野に立った恐竜研究の拠点である「福井県立恐竜博物館」。地上3階建て地下1階の建物には40体以上の恐竜全身骨格をはじめ、1000以上の標本が展示されているほか、巨大ジオラマや巨大スクリーンによるダイノシアターなど、趣向を凝らした展示がズラリ! 大人も子どもも楽しめる、参加・体験型の博物館です。

問い合わせ 福井県立恐竜博物館
TEL 0779-88-0001
開館時間 9:00~17:00(最終入館は16:30)
休館日 第2・4水曜(祝日の場合は翌日が休館、夏休み期間は無休)、年末年始
入館料 小・中学生260円、高・大学生410円、一般720円
※野外恐竜博物館の営業は終了、来年度は4月下旬以降の予定
住所 勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内
ホームページ https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

MADE IN JAPANフレームのスゴさを体感
見て、買って、体験できる「めがねミュージアム」

MADE IN JAPANフレームの9割以上のシェアを占める鯖江市。伝統の技を受け継いだ職人の手によって作られためがねは日本の優れたモノづくり技術の一つです。「めがねミュージアム」では、100余年の歴史の中、常に進化し続ける福井のめがね作りを堪能できます。ミュージアム内には、最新モデルのめがねを常時1500本以上展示・販売しているほか、世界で一つだけのめがね作りの体験もできます。めがね型スイーツなどのお土産も人気です。

問い合わせ めがねミュージアム
住所 鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
TEL 0778-42-8311
入場料 入館無料
営業時間 10:00~19:00
※めがね博物館、体験工房、 SabaeSweets、MUSEUM CAFEは17:00まで
定休日 年末年始 ※詳細はホームページでチェック
ホームページ https://www.megane.gr.jp/museum/

“関西の奥座敷”として親しまれる「あわら温泉」
宿ごとの源泉は、成分が異なり個性豊か

閑静な田園に宿が整然と立ち並ぶ温泉街・あわら温泉。開湯は明治16年で、“関西の奥座敷”として、年間100万人以上が訪れる福井屈指の温泉です。あわら温泉では、お湯の共同管理を行わず、各施設が何本かの温泉の井戸を持っています。施設ごとに温泉の成分が微妙に異なり、それぞれ違った感触のお湯を楽しめるのが大きな魅力。個性豊かなお風呂や喫茶利用もできる便利な「湯めぐり」手形もあるので、ゆっくりと湯めぐりを楽しんでみては?

問い合わせ あわら市観光協会
TEL 0776-78-6767(平日8:30~17:15)
ホームページ http://awara.info/

伝統の職人技を間近で見学
刃物づくり体験もできる「タケフナイフビレッジ」

約700年の歴史を誇る越前打刃物。「タケフナイフビレッジ」では、職人たちが共同で運営する工房で、刃物の工程見学や刃物づくり体験ができます。工房内は見学ルートが設けられていて、職人の鍛造(たんぞう)の技術を間近で見ることができます。予約不要で無料で見学できるのも魅力。このほか、ペーパーナイフや包丁などの刃物づくり体験教室(※要予約)を行っているほか、産地ならではの打刃物商品をお得な価格で手に入れることもできますよ。

問い合わせ タケフナイフビレッジ協同組合
TEL 0778-27-7120
住所 越前市余川町22-91
営業時間 9:00~17:00
休館日 年中無休 ※1月1日~3日を除く
ホームページ http://www.takefu-knifevillage.jp/

白銀の世界のジップラインやフォレストスノーシュー
冬ならではのアクティビティーで大自然を満喫

●メガジップライン
長さ510m、高さ60mの大空冒険。雪に覆われた森の上空を、腕を広げてまるで一羽の鳥になったような気分を体験できます。飛び出す前、鳥になった瞬間、飛んだ後ではあなたの何かが変わるかも?!
●フォレストスノーシュー
スノーシューを履いて雪の森へ入り、冬の植物や動物を静かに観察します。目を閉じれば、森の音が聞こえ、自然との一体感を体験できます。自然豊かな池田町で、とびきりの冬時間を楽しんでみて。雪の中で味わう温かいおやつは格別ですよ。

問い合わせ ツリーピクニックアドベンチャーいけだ
住所 今立郡池田町志津原28-16
TEL 0778-44-7474
冬期営業期間 1月中旬~3月初旬
営業時間 10:00~17:00
ホームページ https://www.picnic.ikeda-kibou.com/

  • コシヒカリ発祥の地、福井県のブランド米「いちほまれ」(2kg)を5人にプレゼント
    プレゼント
    コシヒカリ発祥の地、福井県で20万種から選ばれ、6年の歳月をかけて誕生したブランド米「いちほまれ」。絹のようにキラキラ輝く白さとツヤ、粒感と粘りのバランスの良さ、口に広がるやさしい甘みが特徴で、料理のおいしさを一層引き立ててくれます。粒が大きく見た目もツヤツヤ、冷めてもおいしく食べられるのでお弁当にもピッタリ。
    「いちほまれ」(2㎏)を抽選で5人にプレゼントします。
    応募締め切りは2018年1/14(日)23:59

    プレゼントの応募は終了しました

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. 旅tips
  4. 【旅tips 福井編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更