1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. 旅tips
  4. 【旅tips 長崎編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント

おでかけコレクション

  • おでかけコレクションTOP
  • ツアー・バスツアー
  • グルメ・イベント

【旅tips 長崎編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント

2018/5/31

  • 五島・対馬の豊かな海が育んだ水産加工品詰め合わせ
    平成「長崎俵物」(冷凍)を抽選で5人にプレゼント

    プレゼント
    五島・対馬の豊かな海が育んだ新鮮な海産物をこだわり製法で加工した逸品、平成「長崎俵物」。五島産のあじ桜干し・あじ開き・きびなご一夜干し・蛸のみそ漬、対馬産:剣先いか一夜干し・活〆あなご切身(たれ付)をセット(5000円相当)にして、抽選で5人にプレゼントします。
    応募締め切りは6/10(日)23:59

    プレゼントの応募は終了しました

  • 長崎編   

  • 今回のセレクトは長崎県観光ブロガー“ともっち”こと岡村真理さん

    長崎県観光ブロガー“ともっち”こと岡村真理さん

    長崎県には594もの島があり、その数日本一。どこまでも広がるエメラルドグリーンの海や豊かな自然に恵まれています。また、甘くてとろける“うに”、日本三大うどんといわれる五島うどん、風味が強い対州そばといったグルメもいっぱい。また、五島列島には今夏の世界遺産登録が期待される「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産も点在しています。夏本番を前に皆さまのお越しをお待ちしています。きてみんね長崎!

長崎県を旅する♪ 岡村さんオススメの注目Topics

・・・明治41年創建当時の姿がそのまま残る旧野首教会

・・・澄み切った海と白砂が感動的な高浜海水浴場(五島市)

・・・こしの強さ、のどごしの良さが抜群!五島手延うどん

・・・“花の御堂”とも呼ばれる頭ヶ島天主堂

・・・夏の島のごちそうは壱岐の”うに”

・・・外観は日本家屋!内部は本格的な教会建築様式の旧五輪教会堂

・・・日本そばのルーツ!?風味豊かな対州そば

・・・旅の思い出に自分だけのシーキャンドル作り

明治41年創建、当時の形がそのままの旧野首教会
美しいステンドグラスは必見です

江戸時代、外海から五島に渡った潜伏キリシタンたちが再移住した五島列島の北部にある野崎島(現在は無人島)。「旧野首教会(きゅうのくびきょうかい)」は、明治41年創建当時の姿が残る貴重な教会です。レンガ造りの外観、穏やかな光が差し込むカラフルなステンドグラスは、可愛くて女ゴコロをくすぐります。
※見学は「おぢかアイランドツーリズム」へ事前連絡が必要です

ホームページ 長崎旅ネット
https://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/605/
TEL おぢかアイランドツーリズム
0959-56-2646

遠浅で澄み切った海で知られる
五島を代表する高浜海水浴場

遠浅で澄み切った海で知られる高浜海水浴場。西の海上に嵯峨島を望み、緑に囲まれた白銀色の砂浜の美しさで、日本の渚100選、日本の水浴場88選にも選ばれています。ビーチハウスなども整備されていて、島内だけでなく県内外からも多くの人が訪れる人気スポット。魚藍観音展望所からの海は、水色、青色、藍色と深く変化し、訪れた人をトリコにしてしまうほどです。

住所 五島市三井楽町貝津1054-1
TEL 0959-84-3162(五島市三井楽支所)
料金 桟敷料大人500円、小学生以下300円、
シャワー(3分)200円、ロッカー100円
ホームページ https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/682/

コシの強さ、のどごしの良さが抜群
日本三大うどんの五島手延うどん

遣唐使が伝えたともいわれる日本三大うどんの一つの五島手延うどんは、細いながらもコシの強さ、のどごしの良さが特徴です。麺の乾燥を防ぐため表面に椿油を塗ることで、つるつるの食感が味わえます。アゴ(トビウオ)だしとの相性は抜群で、溶き卵とネギ、生姜などの薬味にしょうゆを少~したらして、ぐつぐつたぎる鍋から直接いただく「地獄炊き」が定番。お鍋のシメにもオススメです。

問い合わせ 長崎県五島手延うどん振興協議会
住所 南松浦郡新上五島町有川428-31
TEL 0959-42-2655
ホームページ http://www.goto-tenobeudon.jp/

内部の椿の装飾が美しく
“花の御堂”とも呼ばれる頭ヶ島天主堂

江戸時代末期、弾圧から逃れて移住した潜伏キリシタンの集落に建てられた全国的にも数少ない石造りの頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)。信者たちが対岸の島などから切り出した石を運び、積み上げ、完成までに約10年かかったといわれています。内部の椿を思わせる花の装飾が美しく“花の御堂(はなのみどう)”とも呼ばれて親しまれています。
※見学は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター」への事前連絡が必要です

ホームページ ながさき旅ネット
https://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/721
TEL 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
095-823-7650

“島のごちそう”は甘い絶品うに丼
ベストシーズンの夏にぜひ味わって

青く澄んだ玄界灘は「うに」の三大漁場のひとつ。大粒で甘く口の中でふわりととろける「うに」は、初夏~夏がベストシーズン。海女・海士が捕る天然うには、まさに“島のごちそう”です。時期によって「うに」の種類が異なるので、食べ比べも楽しめますよ。

ホームページ ながさき旅ネット
https://www.nagasaki-tabinet.com/eat/gourmet/island/3.cfm

日本家屋の外観でありながら
内部は本格的な教会建築様式の旧五輪教会堂

明治14年建築(昭和6年移築)。五島列島・久賀島の海辺にひっそりと建つ、日本で2番目に古い木造教会。外観は木造、瓦ぶき、平屋建ての和風な印象ですが、内部は三廊式、板張りのこうもり天井による空間構成、ゴシック風祭壇など、本格的なカトリック建築様式の教会です。
※見学は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター」への事前連絡が必要です

ホームページ ながさき旅ネット
https://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/346/
TEL 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
095-823-7650

日本のそばのルーツ!?
風味豊かなそばの実で味わえる「対州そば」

対馬のそば(蕎麦)は、縄文時代後期に中国大陸から朝鮮半島を経由して伝わったとされ、小粒で風味が強いのが特徴です。全国的に品種改良が進んだ現在では、原種に近いとされる対州(たいしゅう)そばはとても貴重で、その風味と味わいは愛好者から高い評価を受けています。市内3カ所の体験施設で、この対州そば(10割そば)を自分で打ち、味わうことができます。

問い合わせ (一社)対馬観光物産協会
TEL 0920-52-1566
ホームページ http://tsushima-net.org/outdoor/experience2.php

壱岐のビーチで拾った貝殻や色砂で
オリジナルのシーキャンドルを

壱岐の美しいビーチで拾った貝殻や色砂を使ってシーキャンドルが作れます。自分だけの小さな海の世界を作ってみませんか? 所要時間は約60分、飛行機に乗る前後の時間で体験でき、子どもでも体験できるのが魅力です。
※要事前予約、最少催行人員2人

問い合わせ・申し込み 壱岐市観光連盟
TEL 0920-47-3700
ホームページ http://www.ikikankou.com/wp/?p=1086

※教会の写真掲載にあたっては長崎大司教区の許可をいただいています

  • 五島・対馬の豊かな海が育んだ水産加工品詰め合わせ
    平成「長崎俵物」(冷凍)を抽選で5人にプレゼント

    プレゼント
    五島・対馬の豊かな海が育んだ新鮮な海産物をこだわり製法で加工した逸品、平成「長崎俵物」。五島産のあじ桜干し・あじ開き・きびなご一夜干し・蛸のみそ漬、対馬産:剣先いか一夜干し・活〆あなご切身(たれ付)をセット(5000円相当)にして、抽選で5人にプレゼントします。
    応募締め切りは6/10(日)23:59

    プレゼントの応募は終了しました

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. 旅tips
  4. 【旅tips 長崎編】 地元の目利きが教える、とっておき情報&プレゼント
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更