1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. グルメ・イベント
  4. 【イベント報告】「和ごころおもてなしプロジェクト」着物姿でおもてなしを学びました
企画/サンケイリビング新聞社
協力/ 民族衣裳文化普及協会、ホテル椿山荘東京、ハースト婦人画報社、美容室TAYA

和ごころおもてなし 第10弾 日本女性として、おもてなしを学びました 着物姿で発見!“和ごころ”の粋 「美しいキモノ」2019年春号を抽選で10人にプレゼント
和ごころおもてなし 第10弾 日本女性として、おもてなしを学びました 着物姿で発見!“和ごころ”の粋 「美しいキモノ」2019年春号を抽選で10人にプレゼント

2020年に海外から来るお客さまを“和”の心でおもてなしするため、和文化を知り、その魅力を発信してもらいたいと始まった「LIVING和ごころおもてなしプロジェクト」。10回目を迎えた今回は19人の読者が参加、着物姿で和の粋を楽しみました。

プロの着付けとヘアアレンジで和美人に変身和会席のマナーを学び、大満足の一日に

11月6日、「ホテル椿山荘東京」で開催されたイベントに参加したのは、19人の読者たち。
まずは美容室TAYAのクリエイティブチームによる、ヘアアレンジ講座です。着物に似合う“ゆるふわ和髪”簡単アレンジのコツを教えてもらい、ロングヘアの人もショートヘアの人も、すてきな和髪が完成!
着物の着付け講座では、国内外で活躍する民族衣裳文化普及協会のベテラン講師たちが、一人ひとりにきめ細かく指導。衿やすそ、おはしょりなど大事なポイントは手を取って分かりやすく教えてくれました。
ランチは「料亭 錦水」の支配人、俵木章浩さんによる和食のマナー講座を受けながら、秋を感じるおいしい会席料理に舌鼓。着物姿で和文化を満喫、思い出に残る一日になりました。

「わずか数分で和髪が完成!」ヘアアレンジ講座

ヘアゴムとヘアピンだけで作れる和髪アレンジは「意外と簡単」「ロングだけでなくショートヘアならではのコツもあるのね」と好評でした。

着物の着付け講座で「新しい自分を発見!」
着物の着付け講座で「新しい自分を発見!」

「自分で着付けに挑戦するのは初めて」の人はもちろん、日頃から着物に親しんでいる人にとっても、「着物姿のときならではの美しく見える所作を教えてもらいました」など、学びと発見がいっぱいの着付け講座。「まずは着付けの楽しさを体験してくださいね」と講師の平山峰子さん。

ハイ、ポーズ
まずは着物選びから りんとした着物姿に変身! 帯結びにも挑戦
おはしょりと裾線がきれいに決まるとより美しい着物姿に 講師の平山峰子さん
和美人になる着付けのポイント (1)おはしょりを美しく (2)丈を決める (3)帯の結び目は背中心
(一財)民族衣裳文化普及協会詳しくはコチラから
(一財)民族衣裳文化普及協会
詳しくはコチラから
和食のマナー講座で「和食の奥深さを学びました」
和食のマナー講座で「和食の奥深さを学びました」

「箸の上げ下げなど、知っているつもりで実は分かっていなかった」「日本人として身に着けておくべきマナー」という声が多数挙がった、会席料理のマナー講座。さらに「着物のおかげで背筋を伸ばしていただきました」「目と舌で楽しめるのが和食のすばらしさ」という人も。

・先付/帆立しめじ三つ葉の猩々緋和え(水前寺のり) 柿の葉・吸物/鶏肉薄葛し立て 焼餅 紅葉人参 銀杏 柚子胡椒・造り/鮪湯引き 海藻クリスタル 大葉 紅蓼 山葵 小菊・焼物/サーモン西京焼き 渋皮栗蜜煮 華生姜・温物/松茸のせ茶碗蒸し ・御飯/むかご御飯 ・止碗/赤出汁・香の物/二種盛り ・水菓子/りんご 石榴 シャインマスカット
「美しいキモノ」2019年春号を抽選で10人にプレゼント 応募はコチラから 応募締め切り:2019年2月13日(水) 23:59
「美しいキモノ」2019年春号を抽選で10人にプレゼント 応募はコチラから 応募締め切り:2019年2月13日 23:59

※写真は「美しいキモノ」冬号(2018年11月20日発売)