1. 岡山トップ
  2. イベント
  3. 6月15日(土)「無言の対話とは~精神科医の対談」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校

6月15日(土)「無言の対話とは~精神科医の対談」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校

  • 2019/05/16 UP!

 

ok_minnano_OpenMUJI
Open MUJIのイベントスペース

 岡山リビング新聞社では、無印良品 岡山ロッツの協力のもと、「みんなの学校」を主催しています。第6回は、6月15日(土)午後2時から「無言の対話とは~精神科医の対談」を開催。今回のゲストは、昨年12月、「相談者」という本を出した精神科医2人です。


心の悩みに向き合ってきたベテラン医師の思い

2人

尾上太一さん(左)、塚本千秋さん

塚本千秋さんが文章を作成して、尾上太一さんに送り、尾上さんが写真を選んで塚本さんに送る、それを3年繰り返して出来上がった本「相談者」。10人の相談者が登場する不思議な物語と、モノクロ写真の魅力に引き込まれ、癒やされる本です。「今、言葉がたくさんありすぎるし、情報もあふれ返っています」と塚本さん。本からは、言葉の密度の少ない、少し温かみのある静けさと、言葉を介さない対話の大切さが伝わってきます。

対談のテーマは「無言の対話とは」。「相談者」の制作過程や伝えたかった思い、〝時間薬〟〝人薬〟とは…。心の悩みに向き合ってきたプロフェッショナルが、対談形式でざっくばらんに今の思いを話します。

※当日は個人の相談はありません

塚本千秋さん:岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。岡山県精神科医療センター副院長などを経て2018年4月から現職。著書に「明るい反精神医学」
尾上太一さん:岡山市内で精神科を開業する傍ら、写真家としても活動。「北前船 鰊(にしん)海道3000キロ」などの写真集も出版

開催概要

会場 無印良品 岡山ロッツ Open MUJIスペース
(岡山市北区中山下1-11-54岡山ロッツ4階)
主催 岡山リビング新聞社
協力 無印良品 岡山ロッツ
日時 6月15日(土)14:00~15:15
講師 塚本千秋さんと尾上太一さん
参加費 1000円
定員 16人 ※先着順
締め切り 5月31日(金)※ただし、定員に達し次第、受け付けを終了します

※定員に達したため、お電話でのキャンセル待ちのみ受け付け

申し込み 応募はこちらから
※参加者には追ってハガキをお送りします
お問い合わせ TEL 086(235)2200 岡山リビング新聞社
(平日9:30~18:15受け付け)
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. イベント
  3. 6月15日(土)「無言の対話とは~精神科医の対談」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更