1. 岡山トップ
  2. イベント
  3. 第7回「油を学び、油を搾る会」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校

第7回「油を学び、油を搾る会」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校

  • 2019/08/22 UP!

 

ok_minnano_OpenMUJI
Open MUJIのイベントスペース

 岡山リビング新聞社では、無印良品 岡山ロッツの協力のもと、「みんなの学校」を主催しています。第7回は、9月28日(土)、「油を学び、油を搾る会」を午前10時30分からと、午後1時30分からの2回開催。食生活に欠かせない重要な食品のことを学んでみませんか。


〝種を搾ってできるのが油〟を目の前で見て、搾りたてをなめてみる

profile

   蔦木由佳さん

毎日、何気なく使っている食用油。どのように作られているか、ご存じですか。聞かれても「あれ、どうなのかな」と、はっきり答えられない人が多いのでは。
今回の講師は、西粟倉村で食用油の製造を行っている工房「アブラボ」の、油姫こと蔦木由佳さん。種に圧力をかけて種の中の油分を搾り出す、昔ながらの圧搾(あっさく)法で油を製造している数少ない作り手です。
当日は、油の作り方の話の後、搾油を実演。油を搾る方法を間近に見ることができます。そして搾りたての油を、パンと合わせて試食。原料の植物本来の香りや風味が残る油を実際に味わいます。油の特徴や使い方のコツを教えてもらえる質疑応答の時間も。
アブラボのミニボトルのお土産付き。

※終了後には油の販売もあります。

蔦木(大林)由佳さん:自分が思うおいしい油を探す中で、昔ながらの方法で菜種油を作る神谷敬正さんと出会う。後継者がいない事実を知り、ならば自分が生産者になろうと決意し弟子入り。その後、西粟倉村で油工房「ablabo.」を起業。できる限りシンプルな工程で、余計なものを加えず、〝種のジュース〟に近い仕上がりを目指し、油作りをしている

開催概要

会場 無印良品 岡山ロッツ Open MUJIスペース
(岡山市北区中山下1-11-54岡山ロッツ4階)
主催 岡山リビング新聞社
協力 無印良品 岡山ロッツ
日時 9月28日(土)午前の部10:30~12:00午後の部13:30~15:00(定員に達したため、電話にて「キャンセル待ち」のみ受け付け)
講師 蔦木由佳さん
参加費 1500円
定員 各15人 ※先着順
締め切り 9月17日(火)※ただし、定員に達し次第、受け付けを終了します
申し込み 応募はこちらから
※参加者には追ってハガキをお送りします
お問い合わせ TEL 086(235)2200 岡山リビング新聞社
(平日9:30~18:15受け付け)
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. イベント
  3. 第7回「油を学び、油を搾る会」 無印良品岡山ロッツ Open MUJIで「みんなの学校」開校
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更